運動会のパパの服装はどうする?選ぶポイントやコーディネート例

運動会のパパの服装はどうする?選ぶポイントやコーディネート例

パパの運動会の服装やアイテム

春や秋になると運動会が行われることもあり、パパはどのような服装をしたらよいのかや、ジャージを着て行くのはどうなのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、幼稚園や保育園の運動会のパパの服装を選ぶポイントやコーディネート例と、便利なファッショングッズについてご紹介します。

運動会のパパの服装を選ぶとき

春や秋に運動会が行われる幼稚園や保育園もあるのではないでしょうか。運動会にパパは、どのような服装をしたらよいのか気になるかもしれません。運動会のパパの服装について気になることを聞いてみました。

40代パパ
秋に保育園の運動会があるのですが運動するような服を持っていません。保育園の運動会に着て行く服装は、どのようなことをポイントに選んだらよいのか聞きたいです。
20代パパ
初めて保育園の運動会に行くのですが、運動会の服のコーディネートに悩みます。運動会にぴったりなコーディネート例を知りたいです。
30代パパ
保育園の運動会は、服以外にどのようなファッショングッズをあわせたらよいのでしょうか。あると便利なファッショングッズが気になります。

パパたちは、運動会に着る服装の選び方やコーディネートの他に、服以外のファッショングッズについても気になるようです。他にも、ジャージを着て行くのはよいのか気になるという声もありました。

実際に、運動会のパパの服装の選び方やあわせ方について、パパやママに聞いてみました。

運動会のパパの服装を選ぶポイント

運動会
iStock.com/ziggy_mars

運動会のパパの服装を選ぶときのポイントを聞いてみました。

動きやすさを考える

30代パパ
幼稚園の運動会は、親子競技が多いので動きやすい服装を意識しました。ストレッチのきいたパンツを選んだところ、子どもをおんぶしたまましゃがんだり立ったりするときもスムーズに動くことができました。

親子競技やビデオなどの撮影時のことを考えて、動きやすい服装にするとよいかもしれません。パパやママのなかには、足が疲れないように足元は履き慣れたスニーカーにしたという声もありました。

TPOを意識する

30代パパ
運動会の服装は、幼稚園の運動会の雰囲気を意識して選びました。おしゃれすぎたり、張り切りすぎたりしないようにシンプルでカジュアルな服装にしました。

幼稚園の運動会の雰囲気にあわせて服装を選んだパパもいるようです。他にも、子どもが主役なので派手になりすぎないように気をつけたという声もありました。

気候や天気にあわせる

40代パパ
秋は天気や時間帯によって暑くなったり涼しくなったりするので、体温調節がしやすい服装を選びました。半袖Tシャツの上に薄手の長袖シャツをあわせて気温にあわせて脱ぎ着するようにしました。

天気や気候にあわせて脱ぎ着ができるような服装を選んだパパもいるようです。パパのなかには、天気のよい日の運動会は汗をかいても目立たない色や素材の服装を選んだという声もありました。

パパの運動会の服装例

運動会に行くとき、パパはどのようなコーディネートをしたらよいのか気になるかもしれません。実際に、どのようなコーディネートで運動会に参加したのか聞いてみました。

きちんとコーディネート

チノパンツ
iStock.com/robertsrob
40代パパ
うちの幼稚園は、通園や参観日などのとき、比較的きちんとした服装のパパやママが多いので運動会もきれいめな服装を心がけました。夫は、シンプルなポロシャツにチノパンとスニーカーをあわせて、動きやすくきちんとした雰囲気になるような服装にまとめました。

きちんとした雰囲気の服装にしたい場合は、シンプルなデザインや襟つきのポロシャツを選ぶとよいかもしれません。パパやママのなかからは、体型にあったサイズの服装を意識すると、カジュアルなアイテムでもきちんとした印象になったという声が聞かれました。

爽やかコーディネート

30代パパ
秋の運動会は爽やかなパパを意識して、Tシャツとハーフパンツを着て靴はスニーカーを選びました。だらしない印象にならないために、Tシャツは首周りが伸びていないかや、ハーフパンツは自分にあった丈かを確認しました。

運動会に爽やかさを意識して、Tシャツやハーフパンツを取り入れたコーディネートを選んだパパもいるようです。パパやママのなかからは、爽やかさを意識して服の色を選んだという声もありました。

スポーティーコーディネート

20代パパ
うちの子の幼稚園では、親が行う競技があるのでTシャツにジャージのズボン、ランニングシューズというコーディネートで運動会に参加しました。上下ジャージを着ると張り切りすぎに感じたので、寒いときはパーカーを羽織るようにしました。

親の参加競技に応じて、ジャージなどを取り入れてスポーティーなコーディネートにまとめたパパもいるようです。パパやママのなかには、スポーツブランドのTシャツをコーディネートに取り入れたという声もありました。

運動会に便利なファッションアイテム

運動会に、服装とあわせてどのようなファッションアイテムを用意したのか聞いてみました。

帽子

20代パパ
春の運動会だったのですが、想像以上に日差しが強くて帽子は必須アイテムでした。私は、首の後ろまで日差しをガードするようなサファリハットをかぶりました。

春や秋でも、その日の天候によって日差しが強く感じることもあるようで、帽子があると便利かもしれません。パパのなかからは、服装とあわせて帽子のデザインを選んだり、機能性を重視して選んだりと帽子の選び方についてもさまざまな声が聞かれました。

バッグ

40代パパ
ビデオ撮影のために歩き回るので、貴重品を入れるためのリュックを用意しました。リュックは両手が使えて物がたくさん入るので飲み物やカメラの道具など入れることもできて便利でした。

運動会は、子どもの写真やビデオ撮影などで動き回ることもあり、荷物や貴重品の管理のためにバッグも便利なアイテムのひとつのようです。パパやママからは、邪魔にならないコンパクトなウエストポーチやサコッシュなどを利用しているという声も聞かれました。

運動会にあわせてパパの服装を選ぼう

運動会で跳び箱を飛ぶ男の子
iStock.com/T-kin

春や秋に行われる運動会のパパの服装は、動きやすさや気候などをポイントに選ぶとよいようです。ポロシャツやジャージなどを取り入れて、幼稚園や保育園の雰囲気にあわせてコーディネートしてみるとよいかもしれません。

運動会に便利なファッショングッズも取り入れて、運動会にあった服装を選べるとよいですね。

2019年07月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧