子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2016年12月01日

子どものクリスマスプレゼントの予算はいくら?年齢別まとめ

子どものクリスマスプレゼントの予算はいくら?年齢別まとめ

子どもたちが楽しみしているクリスマスプレゼント。親からすれば何でも買ってあげたくなりますが、気になるのは予算ですよね。「いくらくらいのものを買うのが良いのか」「あまりにも高額なものを買い与えるのはどうなのか」と悩むパパやママも多いはず。そんな疑問を解消すべく、今回は子どものクリスマスプレゼントの予算についてまとめてみました。

子どものクリスマスプレゼント、年齢別の予算相場

いくらかわいい子どもでも、小さいうちから高額なプレゼントをあげるのは……と考えてしまいますよね。子どもの年齢別にクリスマスプレゼントの予算をまとめてみました。

まずはアンケートの結果から見てみよう

バンダイが0~12歳の子どもを持つ親800人を対象に実施した「今年のクリスマスに関する意識調査」(2015年)によると、親から子へのクリスマスプレゼントの予算は以下の通りです。

■一番多い予算 5,000円以上6,000円未満

■平均予算 6,512円

2014年の最大予算金額は25万円でしたが、2015年は10万円と大幅ダウンした一方で、1万円以上1万5,000円未満の高価格帯層が増加しました。

参考:http://www.bandai.co.jp/

0~2歳くらいまで

子どもがクリスマスを理解できるようになるまでは、プレゼントを与える必要はありません。その代わり、家族や友達とクリスマスパーティをしたり、ケーキを食べたりして。クリスマスの雰囲気を体験させてあげるといいでしょう。楽しかったクリスマスの思い出を写真に撮って、あとで見返してもいいですね。

3歳~就学前まで

3歳頃からは自我がしっかりと芽生えてくるため、「あれがほしい」と子どもが言うこともあります。相場は3,000円~5,000円くらい。親があげたプレゼントと他の人があげたプレゼントに差が出ないよう、プレゼントをくれる親戚などにも金額を合わせてもらいましょう。あまりにも高額なプレゼントをもらってしまったなら、「今年は特別」と子どもに理解させてください。

子どものクリスマスプレゼント、どう選べばいい?

予算や相場がわかりましたが、実際に何をあげたらいいか迷っている方もいることでしょう。そこで、子どものクリスマスプレゼントの選び方についてもご紹介します。

サンタさんに手紙を書かせる

サプライズであげたい場合は、サンタさんに手紙を書かせてみましょう。親には教えてくれない子どもも、サンタさんには意外とはっきり書いてくれます。もし「サンタさんにも秘密」と言うようなら、「ちゃんと書かないとプレゼントもらえないよ」と言って書かせてもいいですね。

文字が書けない子なら、絵を描いてもらいましょう。子どもの絵は独創的でわかりにくいこともあるので、クリスマスがくる前から何回か絵を描いてもらっておくとわかりやすいです。どうしてもわからなかったら、本人に聞くか周りの人にも聞いてみてください。

どうしても与えたくないものを欲しいと言われたら……

テレビゲームなどを買い与えるのはできるだけ避けたいという親もいることでしょう。あげられない理由をきちんと説明したり、与えたとしても時間を約束したり、子どもが納得できるように説明することを心がけましょう。

頭から否定するのではなく、子どもに寄り添って話し合うことが大切です。サンタさんからのプレゼントなら、伝言という形でもいいので、「ゲームは1日〇時間まで」などと約束をさせましょう。決めたことを守らせるいい機会にもなります。

「欲しいものが特にない」と言われたら……

無理に何かを与える必要はありませんが、どうしても親があげたいのなら知育玩具はいかがでしょうか。アンケートの結果を見てもわかるように、クリスマスプレゼントの1位は知育玩具で、「脳に良いものがいい」「子どもが喜ぶものを贈りたい」と贈る方が多いようです。

ほしがっていないものをあげることに抵抗がある方は、思い出をプレゼントするのもおすすめ。テーマパークに出かけたり、食事に行ったり、子どもの好きな場所へ行ったり、家族との時間を作りましょう。それも立派なプレゼントです。

プレゼントを渡すときに子どもに伝えたいこと

毎年くるクリスマス。子どもが、サンタさんからプレゼントを「もらえて当然」と思わせないために、プレゼントを渡すときに子どもに伝えておきたいことをご紹介します。

サンタさんに感謝する気持ちをもたせること

子どものなかで、サンタさんは魔法使いだと思っている子も多いです。お願いすればもらえるものだと覚えさせてしまうと、子どもはどんどん高価なものをサンタさんに頼むようになり、感謝の気持ちを忘れてしまいます。

そうならないために、サンタさんへありがとうの手紙を書かせるようにするといいでしょう。親がお手本になって感謝する姿を見せれば、自然と子どもも習ってくれますよ。

もらったプレゼントは大切にすること

クリスマスプレゼントをあげるとき、「せっかくもらったプレゼントだから、大切にしようね」などと伝え、ものを大切にする気持ちを子どもに教えてください。すぐに粗雑に扱ったり、片づけずに放置したりする場合は、隠してしまってもいいでしょう。

ものを大切にする心をもてるように、親がどこかで手助けしてあげることが重要です。言ってすぐに理解できるとは限りませんので、繰り返し教えてあげてくださいね。

まとめ

クリスマスが近づくと、子どもはプレゼントの候補を決めていたり、何にしようか悩んでいたりすることが多いですよね。何がほしいかわかっていれば、予算もおのずと決まってくるもの。子どもに予算を伝えてプレゼントを選ばせるのもおすすめですよ。

サンタさんからもらう場合は、「今年は〇円までのプレゼントにしてねってサンタさんが言っていたよ」などと言い聞かせてください。家族ですてきなクリスマスを過ごしてくださいね。

イベントの関連記事
  • 京都の夏の風物詩「地蔵盆」。時期や由来、お供えはどんなのものがよいのか

    京都の夏の風物詩「地蔵盆」。時期や由来、お供えはどんなのものがよいのか

    地蔵盆という行事は、お地蔵様の多い京都発祥といわれ、近畿地方を中心に古くから伝わり、中部以東になるとあまりなじみのない行事です。地域を見守るお地蔵様をお祀りし、子どもが主役のお盆とされる地蔵盆は、いったいどんなことをするのでしょうか?また、時期やお供えのことなども掘り下げたいと思います。

  • 七五三のママ(母親)のヘアスタイル。着物に似合う簡単な髪型

    七五三のママ(母親)のヘアスタイル。着物に似合う簡単な髪型

    七五三当日、「母親である自分のヘアスタイルはどうしよう?」と悩むママもいるのではないでしょうか。七五三で自分も着物を着るから、髪型もちゃんとしたい、でもお金はあまりかけたくない。そんなママに向けて、今回は自分ひとりでも簡単にできる、着物に似合うヘアアレンジ方法を紹介していきます。

  • 親子で楽しむ夏のイベント「盆踊り」や「夏祭り」の意味や由来

    親子で楽しむ夏のイベント「盆踊り」や「夏祭り」の意味や由来

    夏は、地域によってさまざまなお祭りが開催され、大人も子どもも楽しみなイベントがたくさんありますよね。夏祭りや盆踊りが行われている本来の由来を知り、子どもにも伝えて家族でいっしょに夏をもっと楽しみませんか。

  • 暑中見舞いと残暑見舞い。「いつ送るの?」由来や時期、気をつけるべきマナー

    暑中見舞いと残暑見舞い。「いつ送るの?」由来や時期、気をつけるべきマナー

    夏の風物詩の一つに挙げられるのが、暑中見舞い・残暑見舞い。「いつ送るの?」「書き方は?」など疑問を抱いている方も多いと思われます。今回、改めて送り方や時期、品物やマナーについて再確認をして、気持ちのこもった暑中見舞い・残暑見舞いを送ってみてはいかがでしょうか?

  • 2017年「土用の丑の日」はいつ?うなぎを食べる意味や由来

    2017年「土用の丑の日」はいつ?うなぎを食べる意味や由来

    日本には、暑い夏を乗り切ろうと「土用の丑の日にはうなぎを食べる」という習慣がありますね。夏の風物詩として、美味しくうなぎを食べる人も多いのではないでしょうか?しかし、「土用」や「丑の日」とは、そもそもどんな意味や由来があるのか?また、どうしてうなぎを食べるという習わしが定着したのか、掘り下げてみたいと思います。

  • 【うちの子大きいんです】~特別篇 思い出をかたちに~ 第6話

    【うちの子大きいんです】~特別篇 思い出をかたちに~ 第6話

    スマホで簡単に写真を撮れる時代になりましたが、記念日やお祝いごとの節目では、プロの手できちんとした写真を残したいですよね。でも写真スタジオで撮影するのって大変...そんなイメージありませんか?今回は著者のそめたさんがカメラのキタムラが運営する「スタジオマリオ」で撮影を体験された模様を6連載でお届けします!第6話は、思い出を長く楽しむ方法をご紹介します。

    株式会社キタムラ

    PR

カテゴリ一覧