40代のママのために母の日のすごし方やプレゼントを考えよう

40代のママのために母の日のすごし方やプレゼントを考えよう

パパと子どもが贈ったプレゼントは?

40代のママのために母の日の計画を立てようと考えているパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、母の日当日のすごし方や母の日に贈るプレゼントの選び方、ママに喜ばれた母の日のプレゼントについて、パパたちの体験談を交えてご紹介します。

母の日についてのパパたちの悩み

母の日が近づくと、ママが喜ぶような計画を立てたいと考えるパパもいるかもしれません。40代のママがいる家庭の母の日についての悩みを、パパたちに聞いてみました。

40代パパ
母の日にはどのようなプレゼントを贈るとよいか毎年悩んでいます。妻は40代になって好みも少しずつ変わってきているようなので、本当に喜んでもらえるものを知りたいです。
50代パパ
母の日当日はどのようにすごすとよいのでしょうか。妻の思い出に残るような一日を子どもと計画できればと思っています。
40代のママのために母の日のプレゼントは何がよいかや、どのようにすごすとよいかなどで悩むパパもいるようです。ママが心から喜んでくれる一日にできたら嬉しいですよね。

そこで今回は、40代のママとの母の日のすごし方やプレゼントについてお伝えします。

40代のママとの母の日のすごし方

40代のママのいる家庭では、母の日をどのようにすごしているのでしょう。実際に行なったことをパパたちに聞いてみました。

家族でお出かけ

40代パパ
普段ゆっくり出かけることの少ない妻のために、母の日には家族で美しい風景を楽しめるスポットに出かけました。私と子どもで細かい計画を立て、当日は子どもが妻の荷物をはりきって持つなどしたので「楽しい一日をありがとう」と喜んでもらえました。
40代のママに5月の美しい景色を楽しんでもらおうと、母の日のお出かけを子どもと計画をしたパパがいました。持ち物や日程などを全てパパが計画し、子どもと協力して実行することで、普段とは違うお出かけをママに楽しんでもらえそうです。

自宅でゆったりくつろぐ

50代パパ
母の日には妻にゆっくりすごしてもらいたいと思い、自宅でのすごし方を子どもと考えました。部屋を母の日仕様に飾り、ボードゲームを家族みんなで楽しんだり妻が使ってみたいと話していたデリバリーを利用したりしたところ「ゆったりすごせて疲れが取れた」と喜ばれました。
母の日にはママがゆったりとくつろげるように自宅ですごすのもよいかもしれません。パパのなかからは、普段の休日の家事を全て子どもと協力して行い、ママが自由にすごせる一日にしたという声も聞かれました。

ママの好きなことを家族で楽しむ

イングリッシュガーデン
Shebeko/Shutterstock.com
40代パパ
妻はガーデニングが好きなので、母の日には家族全員で新しい花壇を作ったり花を植えたりしてすごしました。妻の設計図を見ながら重いブロックを運んで花壇作りをしたところ「想像通りの花壇になって嬉しい」と言われ、私も子どもたちも大満足でした。
母の日にママの好きなことを家族みんなで行うのも楽しそうです。家族でいっしょに造った庭を見るたびに母の日のことを思い出して、ママが幸せを感じてくれるかもしれません。

母の日のプレゼントの選び方

母の日にはママにプレゼントを贈りたいと考えるパパもいるのではないでしょうか。40代のママへのプレゼントの選び方を、パパたちに聞いてみました。

ママが喜ぶアイテムをリサーチする

50代パパ
母の日のプレゼントは事前に妻の好みやほしいと思っているものをリサーチしてから選びました。40代になると30代の頃と好みが変わることもあるようなので、気になっているアイテムを確かめてから選ぶとよいと思います。
40代になってママの好みが変わったかもしれないと考え、事前にしっかりリサーチして選んだパパがいました。普段ママとの会話が多い子どもの意見を取り入れて、プレゼントを選ぶのもよいかもしれません。

予算を考えて選ぶ

40代パパ
私も妻も40代になってから家計についてしっかり考えるようになったので、母の日のプレゼントは予算を考えて選ぼうと思いました。決められた予算のなかで妻にとって使いやすいプレゼントを探すことも、選び方のポイントではないかと感じています。
家族のなかでプレゼントを贈る場合、予算を考えて選ぶことも大切かもしれません。パパのなかには、予算を決めることで候補が絞られ、プレゼントを選びやすくなったという声もありました。

40代のママに贈ったプレゼント

40代のママに贈った母の日のプレゼントには、どのようなものがあるのでしょう。ママに喜ばれたプレゼントを、パパたちに聞いてみました。

レストランでの食事

日本人 レストラン
Evgeny Karandaev/Shutterstock.com
40代パパ
母の日のプレゼントはレストランでの食事にしました。妻が以前から行ってみたいと話していたレストランに予約をしたところ、母の日の特別なデザートプレートを用意してもらえたので、喜んでもらえるプレゼントになったと思います。
40代のママにレストランでの特別な食事をプレゼントしたパパがいました。花束を添えて料理を出してくれるレストランもあるようなので、早めに調べてみるとよさそうです。

子どもが小さい場合は個室を予約すると、ママにゆっくり食事を楽しんでもらえるかもしれません。

美容家電

50代パパ
40代になって手の疲れが気になるという妻のために、ハンドマッサージャーをプレゼントしました。マッサージ機に子どもがかわいいフェイスシールを貼ってプレゼントしたので「見るたびに癒やされる」と言いながら使ってくれています。
母の日のプレゼントに美容家電なども喜ばれそうです。パパのなかからは、フェイススチーマーを贈ったところ、ママが毎晩欠かさずに使ってくれて嬉しく感じたという声も聞かれました。

フラワーボックス

40代パパ
花が好きな妻への母の日のプレゼントは、華やかなフラワーボックスにしました。子どもといっしょに妻の好きなピンクのバラが入っているものを選び、2人で書いたメッセージカードも添えたところ、リビングのよく目に入る棚に嬉しそうに飾ってくれました。
母の日のプレゼントに、花がぎっしり詰まったフラワーボックスを選んでもよいかもしれません。贈った花を長く楽しんでもらえるように、ガラスの靴に飾られたブリザーブドフラワーをプレゼントしたというパパの声もありました。

ママの心に残る母の日にしよう

日本人 ママ
wizdata1/Shutterstock.com

40代のママへの母の日のプレゼントに、レストランでの特別な食事を選んだパパがいました。ママの好みにあうものを子どもと協力してリサーチするのもよいかもしれません。

ママがゆったりとすごせるような計画を立てたり、家族でママの好きな場所にお出かけしたりして、心に残る母の日にできるとよいですね。

2020年01月21日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧