ひな祭りに楽しむひな壇の飾り方。ひな人形の配置を確認しながら飾ろう

ひな祭りに楽しむひな壇の飾り方。ひな人形の配置を確認しながら飾ろう

ひな人形に込められた意味や由来について

ひな祭りを楽しめるように、ひな壇に飾るひな人形を用意したいというママやパパもいるでしょう。ひな壇に飾るとき、配置はどのようにすればよいのか迷うこともあるかもしれません。ひな人形の由来や意味、飾り方や折り紙などを使った手作りアイディアについてご紹介します。

ひな祭りに飾るひな人形とは

3月3日のひな祭りを楽しめるように、ひな人形をひな壇に飾ってお祝いしたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。

なぜひな祭りにひな人形を飾るようになったのか気になることもあるかもしれません。

ひな祭りに飾るひな人形の由来や意味についてご紹介します。

由来

ひな祭りのひな人形は、中国から伝わった厄除けの風習や、平安貴族の遊びが起源になっていると言われています。

平安時代の頃に、中国で行われていた厄除けの風習が日本に伝わったようです。日本では、草木や紙を使って人形を作り、その人形に災厄を移し、海や川に流していたそうです。

当時は平安貴族の子どもたちの間で、「ひいな」と呼ばれる人形を使った「ひいな遊び」という、おままごとのような遊びがはやっていたとされています。この「ひいな」と厄除けの風習が結びついて、現代のひな祭りのもとになったようです。

江戸時代の頃に人形を作る技術が進化して、草や木で作っていた人形が豪華なものになり、海や川に流さずに家のなかで飾るようになったそうです。

意味

雛人形
iStock.com/akiyoko
ひな人形には、厄災を人に変わって引き受ける役割があると考えられていたようです。

この考えから、子どもの健やかな成長と幸せを願い、ひな人形をひな祭りに飾るようになったと言われています。

ひな祭りは、ひな人形を飾って子どもが元気にすごせるように願う行事です。子どもが元気にすごせるように願いながら、ひな祭りをお祝いできるとよいですね。

ひな壇に飾るひな人形の配置

ひな人形をひな壇に飾るとき、どのような配置で飾るとよいのでしょうか。ひな人形の飾り方は、関東と関西で違いがあるようです。今回は、関東での飾り方の一例をご紹介します。

最上段

ひな壇の1番上の段には、お内裏(だいり)さまとお雛さまを飾ります。

向かって左にお内裏さま、右にお雛さまを置きましょう。人形の後ろに屏風を立てて、両脇にぼんぼりを飾ります。

瓶子(へいし)と呼ばれる入れ物に桃の花をさし、三方(さんぽう)という台に置いて、お内裏さまとお雛さまの間に置きましょう。

2段目

ひな壇の2段目には、三人官女を飾ります。座っている官女が1人いる場合は真ん中に置き、立っている官女が1人いる場合はその人形を真ん中に置くと、見栄えがよいようです。

三人官女の間に高坏(たかつき)という台を2つ置いて、桜餅などのお菓子をお供えします。

3段目

ひな壇の3段目には五人囃子を飾りましょう。向かって左から、床に置く形をした太鼓、手に持って叩く大皮鼓(おおかわつづみ)、肩に担いでいる小鼓(こつづみ)、笛、扇を持った謡い手(うたいて)の順に飾ります。

4段目

ひな壇の4段目は、向かって左に、若者の右大臣、右に老人の左大臣を飾りましょう。

人形の左手に弓、右手に槍を持たせます。右大臣と左大臣の間に、ひし餅や掛盤膳(かけばんぜん)という台を置きましょう。

5段目

雛人形の仕丁
iStock.com/ogustudio
ひな壇の5段目には、仕丁(しちょう)と呼ばれる人形を飾ります。向かって左に怒っている人形、真ん中に泣いている人形、一番右に笑っている人形を置きましょう。

6~7段目

食器やタンス、お化粧道具は6段目に飾るとよいようです。箱を1本の棒で吊るし、担いで運ぶ御駕籠(おかご)という乗り物や、重箱、牛車などは7段目に飾ります。

これらの道具は、きれいな柄が表側にくるように飾るとよいでしょう。

ひな壇に飾るひな人形の値段について

ひな壇に飾るタイプのひな人形を用意するとき、値段が気になるママやパパもいるかもしれません。

ひな人形の値段は、ひな壇の数や人形の素材、飾りの数や種類、誰が作ったかなどによって大きく変わってくるようです。

お内裏さまとお雛さま、三人官女と道具を飾ることができる3段飾りや、全ての人形を飾ることができる7段飾りなど、ひな人形にはさまざまな種類があるようです。

予算や飾る場所の広さと照らし合わせながら選ぶとよいのではないでしょうか。

身近なアイテムを使った手作りのひな壇とひな人形

大きいサイズのひな壇を飾ることが難しいという家庭もあるかもしれません。

身近なアイテムを使って、コンパクトなひな壇とひな人形を作りたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。

身近なものを使って作るひな壇とひな人形のアイディアをご紹介します。

箱ティッシュと折り紙で作る3段飾りのひな壇

  1. 箱ティッシュの空き箱を6個用意して、それぞれの全ての面に同じ色の折り紙を貼る
  2. 1のうち2個を正方形になるように並べ、接する面を両面テープで貼り合わせて、ひな壇の2段目を作る
  3. 2と同じものをもう1組作り、さらにもう1個を並べ貼り合わせて、ひな壇の3段目を作る
  4. 3の上に2を置き、残った1個をさらに上に置いて、ひな壇の形に整え両面テープで貼り合わせる
箱ティッシュの空き箱を使って、ひな壇を作ってみましょう。箱の数を多く用意すれば、好きな数の段のひな壇を作ることができるようです。

さまざまな柄の折り紙を用意して、それぞれの段を違う柄にするのもよいでしょう。

紙コップと折り紙で作るひな人形

  1. 折り紙を好きな形に切って、ひな人形の服、髪飾り、髪の毛、顔を作る
  2. 紙コップを逆さに置いて、1をのりで貼る
カラーペンを使って、ひな人形の服や顔などを紙コップに描きこむのもよいでしょう。

白いシンプルな紙コップの他に、カラフルなものや、チェックや水玉などの柄が描かれた紙コップを使ってもかわいいひな人形を作れるかもしれませんね。

ひな人形をひな壇に飾ってひな祭りを楽しもう

雛人形を飾る女の子
iStock.com/Hakase_
ひな祭りに飾るひな人形には、子どもの健やかな成長と幸せを願うという意味があると言われています。ひな壇に飾るひな人形の配置や飾り方は、関東と関西で違いがあるようです。

ひな壇の数やひな人形の作りによって値段は異なるため、予算や飾る場所の広さを考えながら選ぶとよいでしょう。

折り紙や紙コップなど身近なアイテムを使って、ひな人形やひな壇を手作りするのもよいかもしれません。子どもといっしょにひな祭りを楽しんで、素敵な思い出を作れるとよいですね。

2020年02月21日

専門家のコメント
12
    のの先生 保育士
    ひな人形の飾り方はネットなどをよく見てやるといいとおもいます。私は毎回出すのが面倒なのでケースのひな人形にしています。出し入れするだけでとても楽です。
    でぶいも先生 保育士
    自分が幼い時、ひな祭りに雛人形を出してもらうことがとても楽しみでした。女の子のいる家庭は一緒に飾る楽しみもあって良いなと思います。
    さと先生 保育士
    娘の初節句のときに義母に買ってもらいました。
    私が幼い頃にお雛様に対して少し怖いなという気持ちがあったので、娘には丸顔で可愛らしいお雛様を選びました。

    娘にはお雛様はあなたが事故や病気をしないで健康に大きくなれるようにうちに来てくれたのよ、お雛様があなたを守ってくれているよ、と教えています。
    おはぎ先生 保育士
    我が家も木目込人形の丸顔で娘に似た雛人形を買ってもらいました。最近はいろんな種類の雛人形があるから迷いますよね。物を減らしてシンプルにしている家庭も増えていますが、それぞれの生活スタイルにあった手のひらサイズのものから、キャラクターのものまで沢山あります。ぜひ、願いのこもった風習は続けていってほしいなと思います。
    みぃ先生 保育士
    雛人形の配置はネットで確認しました。7段飾りは大きくて邪魔になるので、お内裏様とお雛様と三人官女のタイプにしました。
    娘がもう少し大きくなったら、一つ一つ意味を説明出来たらなぁ…と思っています。
    わい先生 保育士
    毎年雛人形を飾っています。自分の雛人形しか知らなかったのですが、先日友達と昔の雛人形の展示を見に行きました。たくさんの種類がある雛人形…そこに天神さんと言う学問の神様も雛人形と一緒に飾っていたり、三人官女や仕丁の持っているものが違ったりと勉強になりました。自分の飾りだけでなく昔の飾りを見るのも楽しいと思います。
    とまと先生 保育士
    せっかく飾るなら正しい配置で飾ってあげたいですよね。我が家は本格的なものでなく組木の雛人形を購入しました。子どもがもう少し大きくなったら一緒に飾れたらいいなと思っています。
    こうじん先生 保育士
    いわれなど、改めて知れて面白いです。年代により顔も違いますし、地方によって置き方も違ったりしますが、女の子の健やかな成長を願うことは変わらず、預かっている子どもたちの健やかなことを願ってやみません。
    まな先生 保育士
    自分が小さい頃から結婚するまで、母親と一緒に毎年飾るのが楽しみでした(^-^)
    配置など書かれた説明書が入っていたので、母親とそれを見ながら
    「毎年飾ってるのに、年に1回だとすぐ忘れちゃうね〜」
    なんて言いながら飾るのが小さい時でも楽しかったです(^-^)
    子どもと一緒に飾る時は、年に1度の行事としてワクワク感を共感しながら楽しめると良いですね。
    はなばたけ先生 保育士
    年長児と一緒に、見本写真を見ながら飾りました。前日には人形の意味を予習しました。子ども達は新しい知識を身につけ、早くお雛様に会いたいと楽しみにしていました ( ^o^ )
    はなこ先生 保育士
    三人官女までいるタイプのを両親は買ってくれるといっていたのですが、出し入れがやはり大変なのでお内裏様とお雛様のタイプにしました。去年は子供が寝ている時に出しましたが、今年はいるところで説明しながら邪魔されながらなんとか出しました!意味を知った上で飾ると子供たちにもわかっていいですよね!七段飾りを飾ってくれていた実母には頭が下がります。
    ゆか先生 保育士
    東と西でお内裏様とお雛様の位置が逆なんですよね!
    知らなかったけれどこうじゃなきゃダメだと言うものでもなくどちらでもいいと言うことですね😃

    押し入れから出すのは大変ですけど子どもと一緒に飾るのはとても楽しいです🎵

イベントの関連記事

カテゴリ一覧