内祝いにビールを贈ろう。ビールのよさとギフトを選ぶポイント

内祝いにビールを贈ろう。ビールのよさとギフトを選ぶポイント

贈るときのマナーなど

結婚祝いや出産祝い、新築祝いなどのお祝いをいただくと、内祝いをどのようなものにしようか迷うママやパパもいるのではないでしょうか。内祝いを贈る相手がお酒好きの方の場合、ビールを贈りたいと考える方もいるでしょう。今回は、内祝いにどのようなものを選ぶとよいのかやビールを選んでよいのかについてご紹介します。

内祝いにビールを選んでもよい?

結婚や出産など、人生の節目にお祝いをいただくこともあるでしょう。お祝いをいただくと、どのようなものを内祝いに選ぶとよいか迷うこともあるかもしれません。

内祝いにビールを贈ってもよいのか知りたいママやパパもいるかもしれませんが、相手がお酒好きの方の場合、ビールは喜ばれる贈り物になるかもしれません。お礼と感謝の気持ちを込めて、相手が喜ぶものを選びましょう。

内祝いのビール

ビールのギフトはお酒好きの方にはもちろん、あまりお酒を飲まない家庭にも、いろいろな使い方があり、相手を選ばずに贈ることができるようです。内祝いにビールを選ぶよさはあるのでしょうか。

お酒好きの方には嬉しい

ビール
iStock.com/coldsnowstorm

ビールの内祝いは、お酒やビールが好きな方には、何より嬉しい贈り物になるでしょう。

贈る相手のビールの好みを知っていると、好きな銘柄を選ぶこともできますよ。また、珍しいビールや期間限定のもの、普段自分では飲まないビールを選ぶと、喜ばれるかもしれません。

また、ビールの缶や瓶に名入れをすることもできるようです。名入れをしたオリジナルのビールはお酒好きな方には喜んでもらえそうですね。

来客用として使える

内祝いを贈る方の中には、お酒やビールをあまり飲まない方もいるでしょう。

ビールの賞味期限は、製造から約9カ月と決められているようです。お菓子などに比べると賞味期限も長いため、お酒やビールをあまり飲まない家庭にとっても、その間に来客用として出すことができてよいかもしれません。

ビールを内祝いで贈るときのマナー

内祝いにビールを選ぶときは、贈る相手が普段からお酒やビールを飲むかどうかを事前に確認しておくことが大切かもしれません。

また、内祝いを贈るときに、他にも気をつけたいマナーがあるようです。相手に失礼のないよう、事前にきちんと確認しておきましょう。

時期

内祝いを贈る時期については、結婚式や出産などから1カ月以内が理想とされているようです。忙しくして遅くなったとしても、2カ月以内を心がけましょう。

金額

内祝いを贈るときに悩むのが金額のことではないでしょうか。

一般的には、お祝いにいただいた額の半分程度を目安にするようですが、お祝いが高額な場合は3分の1から半分程度でもよいようです。

お祝いをいただいた方との関係や地域によっても異なるようなので、家族としっかり相談してから決めましょう。

手紙

内祝いといっしょに自分のオリジナルのメッセージを相手に伝えてみてはいかがでしょうか。

内祝いの品物だけが届くと失礼な場合もあるようなので、手紙やメッセージカードをいっしょに添えると、より気持ちが伝わるかもしれません。

内祝いを贈る際に、無料でメッセージを添えることができるサービスもあるようなので、積極的に利用したいですね。

郵送

ビールは量によっては大きく、重くなることもあります。内祝いにビールを選ぶときは郵送するとよいかもしれません。

お祝いをいただいた方やお祝いの内容によっても、お返しの仕方は変わるので、内祝いを直接渡す方がよい場合もあるようですが、相手のことを考えて、贈るものによって柔軟に対処したいですね。

ビール券

金額のわかるビール券などの商品券は、内祝いにはあまり好ましくないとされているようです。

ビール券を贈りたいときは熨斗(のし)を付け、手紙を書いたり、もう1アイテム追加するなどの工夫を取り入れることで喜ばれるケースもあるでしょう。

どのようなものが喜ばれる?

ビールのギフトの中にもさまざまな種類があり、どれを選べばよいか悩むこともあるかもしれません。内祝いにビールを選んだママたちに、どのようなギフトを選んだか聞いてみました。

おつまみセット

乾杯
iStock.com/Yagi-Studio
30代ママ
内祝いを贈る相手が毎日夫婦で晩酌をすることを事前に知っていたので、実家の特産物がおつまみとしてセットになっているビールセットを選びました。

お酒やビールが好きな方にはおつまみがセットになっていると喜ばれるでしょう。自分に由来があるものなどをおつまみに選ぶと、自分のことをより知ってもらう機会にもなってよいかもしれませんね。

定番の銘柄

30代ママ
どのようなビールがよいか迷いましたが、定番の銘柄を選びました。定番の銘柄のギフトセットの中には、グラスがセットになっているものやおしゃれな瓶に入っているものなど、いろいろな種類があったので、贈る相手によってどれがよいか選ぶのも楽しかったです。

贈る相手の方がどの銘柄を好むか分からない場合は、定番のものを選ぶと安心かもしれません。定番銘柄のビールにも、高級感のあるものをギフトセットのみで展開している場合があるので、店頭でじっくり吟味してみましょう。

限定品

30代ママ
贈る方が好んで飲んでいる銘柄に、ギフトとして限定品が選べたので、普段飲めないものを贈りたくて限定品のものを選びました。

内祝いとして贈るものは、普段馴染みがないような限定品を選んでもよいかもしれません。ビールの限定品の中には極上の苦味やコクを兼ね備えたビールもあるようなので、贈る方に喜ばれそうです。

飲み比べセット

30代ママ
いろいろな味のビールを贈ると楽しんで飲めるかなと思い、飲み比べセットを選びました。ラベルがおしゃれで見た目にもよかったです。

さまざまな銘柄がセットになっているものを選ぶと、飲む楽しさを味わえそうです。また、ビール好きの方もまだ試していないビールに出会えるかもしれません。贈る相手の喜ぶ顔を想像しながら、ぴったりなギフトを選びたいですね。

相手が喜ぶ内祝いを選ぼう

贈り物
iStock.com/serezniy

内祝いを選ぶときは、贈る相手の年齢や好み、家族構成に合わせて選ぶのがコツのようです。お酒好きな人には内祝いにビールを選んでみてはいかがでしょうか。普段自分で買わないようなものを選ぶと相手に喜ばれるかもしれません。

ギフトだけでなく感謝とお礼の気持ちを忘れず伝えることを心がけると、今後もよい関係性が築けそうです。

2020年01月14日

専門家のコメント
6
    せおみ先生 保育士
    送る方の好みに合わせた物を選ぶ事は、とても喜ばれると思います。好みの物をもらえた事以上に、
    いちぽ先生 保育士
    旦那さんの友人にビールをお祝いのお返しで送りました。
    旦那さんが好きなビールの銘柄を知って
    すー先生 保育士
    相手のビールの好みがわかればビールを贈るのもいいですね。私の周りは子持ちが多いので、お酒類
コメントをもっと見る

イベントの関連記事

カテゴリ一覧