お祝いのお返しに4000円で内祝いを贈るとき。お菓子など選んだもの

お祝いのお返しに4000円で内祝いを贈るとき。お菓子など選んだもの

内祝いを贈るときのマナーとは

4000円で内祝いやお祝いのお返しをするとき、何を選んだらよいのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、お菓子など4000円で内祝いに贈ったものやお返しを選ぶポイント、内祝いを贈るときのマナーについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

お祝いのお返しに4000円で内祝いを贈りたい

結婚祝いや出産祝いなどの品物をいただいたときに、お返しとして内祝いを贈りたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。なかには、4000円の予算で、内祝いをしたいと考えているママやパパもいるかもしれません。そこで、ママたちに4000円で内祝いを考えるときに気になることを聞いてみました。

30代ママ
いただいた金額の1/3程度の4000円くらいで内祝いを考えています。どのようなものを選んだら相手に喜ばれるのか気になります。
20代ママ
結婚祝いに親戚や友人から品物をいただきました。内祝いを贈りたいと思っていますが、品物を選ぶときのポイントが知りたいです。
4000円で内祝いを贈るとき、どのようなものが喜ばれるのかや品物を選ぶときのポイントが気になるママもいるようです。

そこで今回は、4000円で内祝いに贈ったものや、お返しを選ぶときのポイントなどについてご紹介します。

4000円で内祝いに贈ったもの

いただいたお祝いのお返しなどで、4000円で内祝いを贈るとき、どのようなものを贈ったらよいのでしょうか。実際にママたちが選んだものを聞いてみました。

お菓子

クッキー
Evgeny Karandaev/Shutterstock.com
30代ママ
仲のよい友人に4000円でお菓子の詰めあわせを選びました。クッキーやブラウニーなど種類の異なるものが入っているので、もらった方も飽きずに食べることができるのかなと思いました。
4000円で内祝いの品として、お菓子を選んだママもいるようです。ママのなかからは、普段自分ではなかなか買わないような少し高級なお菓子を選んだという声も聞かれました。

タオル

20代ママ
姉夫婦に、普段使いができるバスタオルのセットを贈りました。綿100%で肌触りがよいので、気に入って使ってもらえるかなと思います。
タオルなど普段使いできるものを選ぶのもよいかもしれません。また、色や柄など種類が豊富にあったので、贈る相手のイメージにあうように選ぶのも楽しかったというママも声も聞かれました。

カタログギフト

30代ママ
遠方に住んでいる親戚の好みがわからなかったので、カタログギフトを贈りました。好きなものや必要なものを選んでもらえるので、私も悩むことがなくお互いによいのかなと思います。
相手の好みがわからない場合、カタログギフトを選ぶのもよいかもしれません。他にも、カタログギフトのなかには、相手の年代や趣味にあわせて選べるものものもありよかったという声もありました。

内祝いを選ぶときのポイント

お祝いのお返しに内祝いの品を選ぶときのポイントが気になるママもいるようです。ママたちに、どのようなことを意識しながら内祝いを選んだのか、聞きました。

贈るシーンや時期を踏まえて

20代ママ
出産の内祝いに、親戚や友人など親しい人に赤ちゃんの写真と名前が入ったものを贈りました。遠くに住んでいる親戚の方からは「赤ちゃんの顔や名前が入っていて、記念になるね」と喜んでもらえました。
30代ママ
娘の初節句のお祝いのお返しに、紅白のうどんを選びました。色あいがきれいでお祝いにふさわしい品物を贈れたように思います。
30代パパ
内祝いを贈るタイミングが、ちょうど初夏の頃でした。暑い時期にも食べやすいものが好まれるのではないかと思い、フルーツゼリーやジュースの詰めあわせを選びました。
内祝いを選ぶとき、贈るシーンや時期を踏まえて品物を選ぶこともあるようです。子どもの名前が入ったものなどそれぞれのシーンにあわせてお返しを考えるのもよいですね。

家族構成にあったものを

家族
Monkey Business Images/Shutterstock.com
30代ママ
お返しを贈るときは、相手の家族構成を考えて品物を選んでいます。子どもがいる場合、家族みんなに喜んでもらえるものをと思っています。
贈る相手の家族構成にあったものを選ぶママもいるようです。他にも、相手の年代を踏まえて、品物を選ぶようにしているという声もありました。

保存期間を確認する

30代ママ
内祝いのお返しに食べ物を選ぶときは、賞味期限を確認するようにしています。相手の手元に届いてからも、しばらくは賞味期限が切れることのないように品物を選んでいます。
食べ物をお返しに選ぶときに、保存期間を確認するのもよいかもしれません。他にも、保存がきくように小分けになっているものを選んでいるというママの声も聞かれました。

内祝いを贈るときのマナー

お返しに内祝いを贈るときは、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。ママたちに、内祝いを贈る時期やのしの選び方について聞いてみました。

贈る時期

30代ママ
内祝いを贈るときは、品物をいただいてから1カ月以内を目安にお返しするようにしています。送り忘れがないように、何を贈ったのかリストを作成しておきました。
贈る時期に配慮したママもいるようです。ママのなかからは、品物といっしょに感謝の気持ちを込めてメッセージカードを添えたという声も聞かれました。

のしの選び方

30代ママ
お祝い事にあわせてのしを選びました。結婚内祝いは結び切りのものを、出産や入園などの内祝いは蝶結びのものにしました。
のしはを選ぶときは、お祝い事にあわせて水引を選ぶとよいようです。慶事など何度繰り返してもよいことは、蝶結びを選ぶとよいかもしれません。

喜ばれる内祝いを選ぼう

ギフト
Khomulo Anna/Shutterstock.com

4000円で内祝いやお祝いのお返しを贈るときに、どのようなものを選んだらよいのか気になるママもいるようです。贈るシーンや家族構成などを踏まえてお菓子やタオル、カタログギフトを選んだというママやパパの声もありました。

内祝いを贈る時期などマナーに配慮して、相手に喜ばれる品物を届けられるとよいですね。

2020年01月14日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧