入学式の髪型。髪の毛の長さを活かしたロングヘア向けのアレンジ

入学式の髪型。髪の毛の長さを活かしたロングヘア向けのアレンジ

入学式にあう髪型や意識したいこととは

ロングヘアの女の子をもつママたちが入学式の髪型を決めるとき、どのようなアレンジをするとよいのだろうと感じている方もいるかもしれません。今回の記事では、髪の長さを活かしたアップスタイルやダウンスタイルの他、髪型を決めるときに意識したいことなどについて、体験談を交えてご紹介します。

入学式の日にする女の子の髪型

入学式の日、女の子の娘をもつママたちは、普段と髪型を変えてアレンジをしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。ママたちが入学式の髪型について、気になることを聞いてみました。

30代ママ
ロングヘアの娘がいるのですが、普段はシンプルな髪型が多いので、髪型をどうアレンジしたらよいかわかりません。入学式という晴れの舞台なので、女の子らしく華やかにできたらと思っていますが、ロング向けのアレンジにはどのようなものがあるのか気になります。
20代ママ
入学式の朝は準備で慌ただしくなりそうなので、娘のヘアアレンジは自宅で簡単にできそうなものをと考えています。せっかくの入学式なのでかわいらしい髪型にしてあげたいのですが、簡単にできるものはあるでしょうか。
ママのなかからは、ロングヘアの女の子向けの入学式にあうようなアレンジや簡単にできるアレンジを知りたいという声が聞かれました。

そこで今回は、ロングヘアの女の子向けの入学式にあうような髪型をご紹介します。

【ロング向け】アップスタイルの髪型

ロングヘアの女の子には、すっきりとアップスタイルにしたいと感じているママもいるかもしれません。入学式にふさわしいと感じるアップスタイルの髪型を、ママたちに聞いてみました。

アレンジポニーテール

ヘアアイロン
szefei/Shutterstock.com
  1. 髪の毛全体を巻いて、ワックスをつける。
  2. 高めの位置で一つに結び、バランスよく毛先を崩して整える。
  3. バレッタなどの髪飾りをつける。
ロングヘアでは定番のポニーテールも、先に髪の毛全体を巻いておくことで、普段とは違った雰囲気や特別感を出せそうです。花やリボンがモチーフの髪飾りは、入学式らしい華やかな印象になりそうですね。

ツインお団子

  1. くしを使ってジグザグの分け目を作り、高い位置で二つ結びをする。
  2. 毛先を残して結び目に輪を作る。
  3. 輪から少量の髪を引っ張り出し、ボリュームを出して整える。
  4. 残した毛先をゴムに巻きつけピンで止める。
  5. 結び目に好みのゴムやシュシュをつける。
高い位置で髪の毛をアレンジできるツインお団子は、ロングヘアだからこそできるアレンジかもしれませんね。カラフルなゴムやシュシュで飾ると、顔まわりがすっきりとして女の子らしい印象になったというママの声もありました。

サイドお団子

  1. 髪の毛を片方に集め、耳の後ろあたりで一つ結びをする。
  2. 髪の毛をねじりながら結び目に巻きつけて、お団子を作っていく。
  3. 毛先が見えないようにピンで留める。
  4. バレッタなどの髪飾りをつける。
髪の毛を顔のサイドにまとめると、落ち着いた雰囲気になりそうですね。ママのなかからは、入学式に着る服の柄がハッキリとしていたので、髪の毛は少し大人っぽくサイドお団子にしたという声も聞かれました。

【ロング向け】ダウンスタイルの髪型

ヘアアレンジ
Africa Studio/Shutterstock.com

ロングヘアをダウンスタイルにすることで、華やかさを出したいと感じているママもいるようです。ダウンスタイルにはどのような髪型があるのでしょう。

ハーフアップ

  1. 髪の毛全体をランダムに巻いて、ワックスを揉みこんで癖をつける。
  2. 耳の上あたりから髪の毛を取り、頭の上側半分の髪を一つに結ぶ。
  3. 結んだ毛束を結び目に上から通してくるりんぱをする。
  4. 結び目を整えたらヘアカフスをつける。
ハーフアップは工程が少ないため、アレンジが苦手なママや結んでいる時間が苦手な女の子でも挑戦しやすいかもしれません。ハーフアップは、髪の毛の結ぶ位置を高めにするとかわいらしくなり、低めにすると大人っぽくなるため、高さによって印象が変えられたというママの声もありました。

三つ編みのお花

  1. 片側のサイドの髪を三つ編みに結ぶ。
  2. 三つ編みにした毛束を円を描くように内側に向かって巻いていく。
  3. お花に見えるように整えたら、ピンで毛先を固定する。
  4. 残りの髪の毛先を巻く。
  5. 崩れないようヘアスプレーをかける。
ロングヘアを活かして、髪飾りを使わずに三つ編みでお花を作ったママもいるようです。手の凝ったように感じる髪型ですが、三つ編みのみで作れるので簡単にアレンジができるかもしれませんね。

編みおろし

編みおろし
terekhov igor/Shutterstock.com
  1. 頭の高い位置から毛先に向かって編みこみをしていく。
  2. 髪の毛全体が編みこめたらヘアゴムでとめる。
  3. 毛先にシュシュや小さめの髪飾りをつける。
ダウンスタイルでもスッキリとした印象がある、編みおろしスタイルにしたというママもいました。毛束を真っすぐおろす他にも、サイドに流すアレンジや、緩めに編み込んで子どもらしい柔らかい髪質を活かしたアレンジなど、さまざまな楽しみ方があるようです。

入学式の髪型を決めるときに意識したいこと

入学式の髪型を考えるとき、派手すぎないだろうかと気になるママもいるのではないでしょうか。女の子の髪型を決めるときに、ママたちが意識したことを聞いてみました。

入学式にあった髪型にする

20代ママ
入学式の雰囲気や服装にあわせて、清潔感や華やかさのある髪型にしようと思いました。顔まわりをスッキリさせることで、清楚なイメージも感じられると思います。
入学式にふさわしい髪型を考えたとき、清潔感や華やかさを大切にしたいと感じるママがいるようです。他にも、スッキリとした印象や清楚な印象になるよう、意識したというママの声もありました。

崩れにくい髪型にする

40代ママ
髪の毛を縛ってから入学式が終わるまで、歩き回ったり走り回ったりするかもしれないと感じたので、なるべく崩れにくい髪型を意識しました。崩れてしまうことを考えて、ヘアスプレーやヘアピンの用意もしました。
髪型が崩れないように、三つ編みなど崩れにくいアレンジにしたり、ヘアスプレーなど固定できるものを活用したりしたママもいるようです。髪型が崩れてこないか気になるママは、一度練習を兼ねて、実際に子どもの髪の毛を結んでみるとよいかもしれませんね。

入学式には髪型を活かしたアレンジをしよう

親子
szefei/Shutterstock.com

ロングヘアの女の子をもつママたちのなかには、入学式に髪の長さを活かした髪型にしたいと考えている方もいるかもしれません。ポニーテールや一つにまとめたお団子などのアップスタイルにしたり、ハーフアップや編みおろしなどのダウンスタイルにしたりと、入学式にあうようなアレンジにはさまざまありそうですね。

華やかな子どもの姿を想像して、素敵な入学式の髪型が見つかるとよいですね。

2020年01月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧