子どもや赤ちゃんに向けた安全グッズ。必要な場所や活用例とは

子どもや赤ちゃんに向けた安全グッズ。必要な場所や活用例とは

ベビー用安全グッズを使うときに意識したいこと

子どもや赤ちゃんと家のなかで安心してすごせるように、安全グッズに関して知りたいママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、安全グッズが必要だと感じた場所や100均のベビー用安全グッズの活用例、安全グッズを使うときに意識したことについて、ママたちの声を交えてご紹介します。

子どもや赤ちゃんに向けた安全グッズ

子どもが部屋のなかを走り回ったり、赤ちゃんの動きがだんだん活発になったりすると、家のなかでもひやっとした体験があるママやパパもいるのではないでしょうか。ママのなかには、安全グッズを使って対策をしたいという声もありました。

そこで、ママたちに子どもや赤ちゃんに向けた安全グッズに関して、気になることを聞いてみました。

30代ママ
生後6カ月のベビーがいますが、今後、家のなかで安全にすごせるように、早めから安全対策を考えています。どのような場所に安全グッズが必要なのか気になります。
20代ママ
安全グッズはいろいろなものがありますが、手頃に購入できたらよいなと思っています。100均にもさまざまなグッズが売られているようですが、他の家庭ではどのようなものを使っているのか気になります。
子どもや赤ちゃんに向けた安全グッズに関して、どのような場所に安全グッズが必要なのかや、100均の安全グッズの活用方法が知りたいというママもいるようです。

今回は、安全グッズが必要だと感じた場所やベビー用安全グッズの活用例などについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

安全グッズが必要だと感じた場所

生活しているなかで、ママたちは家のなかのどこが危ないと感じるのでしょうか。安全グッズが必要だと感じた場所をママたちに聞いてみました。

30代ママ
赤ちゃんがキッチンにある扉を勢いよく開けたり閉めたりして、遊ぶ姿がみられるようになりました。いつか赤ちゃんの手がドアにはさまるのではないかと思い、ひやひやしてしまいます。
扉の開閉によって、手がはさまるのではないかと思い、危ないと感じるママもいるようです。ママのなかからは、日中窓を開けてすごしていると、赤ちゃんが網戸を開けて外に出ようとしていたことがあり、不安に感じたという声も聞かれました。

テーブルの角

机
donatas1205/Shutterstock.com
40代ママ
息子が部屋のなかを走り回ることが多くなり、机の角にぶつかってしまいました。机の高さと子どもの頭の高さがちょうど同じくらいなので、子どものためにも何か対策を考えたいです。
テーブルの角に子どもの頭がぶつかってしまい、安全グッズが必要だと感じるママもいるようです。他にも、赤ちゃんがつかまり立ちをするようになり、テレビ台や本棚などの角や縁が危ないと感じたというママも声もありました。

コンセント

20代ママ
赤ちゃんがコンセントの穴に指を入れようとしたり、さしてあるプラグを引っ張ったりするようになり、危ないなと感じました。
赤ちゃんが同じ目線にあるコンセントを触り、危険な場所だと感じるママもいるようです。また、子どもがコンセントの穴のなかにおもちゃを入れようとしており、ぞっとしましたというママの声もありました。

ベビー用安全グッズの活用例

100均にも売られている、安全グッズを使ってどのように安全対策をしたらよいのでしようか。実際にママたちが行ったベビー用安全グッズの活用例をご紹介します。

開き戸ロックやストッパー

30代ママ
赤ちゃんがキッチンの扉や引き出しを開け閉めして、指をはさむことがないように開き戸ロックを100均で購入して取りつけました。キッチンの収納にはガラスや陶器製の製品も置いてあるため、赤ちゃんが触れられないようになり安心です。
20代ママ
窓を開けて換気をしていたところ、赤ちゃんが網戸を開けてしまいました。100均に売られている網戸ストッパーを取りつけ、赤ちゃんが開けられないようにしました。
開き戸ロックやストッパーを取りつけたママもいるようです。ママのなかからは、開き戸ロックのなかにも、左右両方の留め具が開閉できるタイプと片側のみ開閉するタイプのものがあったので、使いたい家具にあわせて選んだという声も聞かれました。

コーナーガード

コーナーガード
sasimoto/Shutterstock.com
30代ママ
テレビ台の角が尖っていたので、子どもが転んだときに危ないなと思い、コーナーガードを購入しました。サイズや形状の違うものが売られていたので、家の家具にあったものを選びました。
コーナーガードを取りつけることで、子どもや赤ちゃんが転んだときも安心かもしれません。他にも、子どもと同じ目線にある家具の縁にぶつかることを考え、縁に沿ってクッションを取りつけたというママの声もありました。

コンセントカバー

30代ママ
赤ちゃんがコンセントに触らないように、100均のコンセントカバーを活用しました。下にコード用の穴が開いているので、プラグを差したまま使えて便利に感じました。
赤ちゃんがコンセントに指など入れないように、コンセントカバーをつけたママもいるようです。また、コンセントカバーの形状があわなかったので、コンセントキャップを使って対応したというママの声も聞かれました。

安全グッズを選ぶときに意識したこと

安全グッズを選ぶときにどのようなことを意識したのかママたちに聞いてみました。

シンプルなもの

20代ママ
かわいいかと思い、安全グッズをキャラクターのものにしたら、色がカラフルで目立つのか赤ちゃんが興味をもち、触っている様子が見られました。安全グッズは生活のなかに溶け込みやすいシンプルなもののほうがよいなと感じました。
安全グッズはシンプルなものを選ぶととよいかもしれません。また、落ち着いた色やデザインを選ぶと目立ちにくいというママの声も聞かれました。

使い勝手のよいもの

30代ママ
包丁が入っている扉や書類が入っている引き出しなど普段よく使う場所は、安全グッズを取りつけても、開け閉めがしやすいものを選ぶようにしました。
安全グッズを購入する際には、いざ使いたいと思ったときの使い勝手がよいものを選ぶように意識しているママもいるようです。さまざまな形式のものが売られているので、自分が扱いやすい安全グッズを試してみるのもよいですね。

子どもや赤ちゃんのために安全グッズを活用しよう

家族
Syda Productions/Shutterstock.com

子どもや赤ちゃん向けの安全グッズを用意するとき、家のなかの扉や窓、テーブルの角などに安全グッズが必要だと感じるママもいるようです。安全グッズを使う際は、シンプルなものや使い勝手のよいものなどを意識して選ぶとよいかもしれません。

100均のベビー用の安全グッズを活用するなどして、子どもや赤ちゃんが安全にすごせる環境を整えられるとよいですね。

2020年01月26日

専門家のコメント
72
    すみっこ先生 保育士
    角がある机にコーナーガードをつけました。つかまり立ちを始めた頃は角で怪我をしないかヒヤヒヤ
    ゆか先生 保育士
    立ち始め、歩き始めのときはよく転倒するのでテレビボードや角のある場所には必ずスポンジでガー
    せおみ先生 保育士
    角は怖いですね。コーナーガードをつけていたのでよかったのですが、転んだら時に丁度、角に顔を
    さと先生 保育士
    テーブルの角が尖っている場合はコーナーガードを必ず付けた方がいいと思います。

    100均の
    すー先生 保育士
    角がある怖いので、コーナーガードはテーブル、テレビ台につけています。その他には、食器棚に開
    りお先生 保育士
    コンセントカバーはおすすめです!コンセント穴、興味を持っておもちゃ等を入れようとすることが
    みき先生 保育士
    角や丸くなっていない棚にはガードがあると安心です。前に膝でスーッと滑ってカラーボックスのよ
    おはぎ先生 保育士
    コンセントガードは少し大きくなってからつけると、逆に気になって抜こうとしてしまうらしく‥赤
    わい先生 保育士
    コンセントカバーや棚が開かないロックベルト扉が開かないストッパーや突っ張り棒など100均は
    いちご先生 保育士
    子どもの為の安全対策として1番初めにしたのはコンセントカバーです。コンセントは子どもの手の
    あゆさ先生 保育士
    机やテレビ台の角でケガをしたなど、話をよく聞きます。
    角にぶつけると傷がパックリということ
    めい先生 保育士
    コンセントカバーやコーナーガードは安全性を高めてくれますね。
    戸棚の下の引き出しは安全な物
    みぃ先生 保育士
    机の角など頭に当たりそうなものにはスポンジのカバーをして柔らかくしました。安全に過ごせまし
    ろろ先生 保育士
    コンセントガードはかわいいものやシックなものなど様々なデザインのものがあるのでお家の雰囲気
    こと先生 保育士
    テレビ台にはコーナーガードと扉ストッパーをつけました!
    コンセントカバーはキャラクターもの
    める先生 保育士
    100均に売っているコンセントカバーを保育園でも使用しています!可愛いキャラクターのものも
    せんせい 保育士
    角がある至る所にコーナーガードをつけました☺︎もうつかまり立ちの時は怖くて怖くて部屋の見た
    とまと先生 保育士
    子どもの成長は早く、昨日まで開けられなかった引き出しを今日は開けられるかも知れないし、届か
    のんの先生 保育士
    コンセントは注意すべきところですね。
    コンセントカバーが小さいと誤飲する恐れがあるので、大
    まな先生 保育士
    つかまり立ちや伝い歩きをし始めると、赤ちゃんのケガが増えてしまう危険性も高まります。
    テー
    めーめー先生 保育士
    机や棚の角は全てコーナーガードを貼りました。不意に転んでぶつけた時のダメージが大きいので。
    はなこ先生 保育士
    コンセットガードは使ってないところに蓋をしました!
    机の角は動き始めるとよく転倒をしたりし
    ゆり先生 保育士
    念には念をで、きちんと備えて安全な毎日を過ごしたいですね。どんなに気をつけても、見落としは
    こいまま先生 保育士
    まずは床や、子供の手の届くところに触って欲しくない物を置かないことを徹底しました。
    それか
    ちぃ先生 保育士
    テーブルや頭などが当たりそうなところにはコーナーガードを100円ショップで購入してつけまし
    なごみ先生 保育士
    働いていた園では色んなところの角にコーナーガードをつけていましたが、あえてお家ではつけずに
    うう先生 保育士
    今は100円ショップにもかなりの種類のセーフティグッズが売っていますが、粘着力が弱かったり
    りり先生 保育士
    コンセントカバーと角カバーをつけましたが、角カバーについてはベタベタ貼るのは家具を傷つけた
    いちぽ先生 保育士
    自分の子どもがどんなものに興味を示すかで、対策を考えました。
    コンセントには興味を示さなか
    cocoまま先生 保育士
    100円shopさん様々です^ ^コンセントカバーと角クッションは必須アイテムでした。あと
    とーち先生 保育士
    角があるテーブル、棚にはコーナーガードをつけました。

    掴まり立ちの時など、転倒したら恐い
    だいふく先生 保育士
    お部屋の中で赤ちゃんが生まれてから、危ない!となる場所ありますよね。危なそうなものは高い場
    なつまる先生 保育士
    保育園のコンセントは基本的に子供の手の届かない上の方に付けられていることが多いですよね!
    ひよこ先生 保育士
    コンセントカバーは、可愛いものだと子どもの興味を引いてしまうため、シンプルなものをお勧めし
    あーちん先生 保育士
    100均でコーナーガードとコンセントカバーを買いました!動きが活発になってくるので、部屋を
    あー先生 保育士
    テーブルの角は息子もよくぶつけてましたね。我が家は長男が小さなころは角というかどにコーナー
コメントをもっと見る

イベントの関連記事

カテゴリ一覧