子どもや赤ちゃんに向けた安全グッズ。必要な場所や活用例とは

子どもや赤ちゃんに向けた安全グッズ。必要な場所や活用例とは

ベビー用安全グッズを使うときに意識したいこと

子どもや赤ちゃんと家のなかで安心してすごせるように、安全グッズに関して知りたいママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、安全グッズが必要だと感じた場所や100均のベビー用安全グッズの活用例、安全グッズを使うときに意識したことについて、ママたちの声を交えてご紹介します。

子どもや赤ちゃんに向けた安全グッズ

子どもが部屋のなかを走り回ったり、赤ちゃんの動きがだんだん活発になったりすると、家のなかでもひやっとした体験があるママやパパもいるのではないでしょうか。ママのなかには、安全グッズを使って対策をしたいという声もありました。

そこで、ママたちに子どもや赤ちゃんに向けた安全グッズに関して、気になることを聞いてみました。

30代ママ
生後6カ月のベビーがいますが、今後、家のなかで安全にすごせるように、早めから安全対策を考えています。どのような場所に安全グッズが必要なのか気になります。
20代ママ
安全グッズはいろいろなものがありますが、手頃に購入できたらよいなと思っています。100均にもさまざまなグッズが売られているようですが、他の家庭ではどのようなものを使っているのか気になります。
子どもや赤ちゃんに向けた安全グッズに関して、どのような場所に安全グッズが必要なのかや、100均の安全グッズの活用方法が知りたいというママもいるようです。

今回は、安全グッズが必要だと感じた場所やベビー用安全グッズの活用例などについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

安全グッズが必要だと感じた場所

生活しているなかで、ママたちは家のなかのどこが危ないと感じるのでしょうか。安全グッズが必要だと感じた場所をママたちに聞いてみました。

30代ママ
赤ちゃんがキッチンにある扉を勢いよく開けたり閉めたりして、遊ぶ姿がみられるようになりました。いつか赤ちゃんの手がドアにはさまるのではないかと思い、ひやひやしてしまいます。
扉の開閉によって、手がはさまるのではないかと思い、危ないと感じるママもいるようです。ママのなかからは、日中窓を開けてすごしていると、赤ちゃんが網戸を開けて外に出ようとしていたことがあり、不安に感じたという声も聞かれました。

テーブルの角

机
donatas1205/Shutterstock.com
40代ママ
息子が部屋のなかを走り回ることが多くなり、机の角にぶつかってしまいました。机の高さと子どもの頭の高さがちょうど同じくらいなので、子どものためにも何か対策を考えたいです。
テーブルの角に子どもの頭がぶつかってしまい、安全グッズが必要だと感じるママもいるようです。他にも、赤ちゃんがつかまり立ちをするようになり、テレビ台や本棚などの角や縁が危ないと感じたというママも声もありました。

コンセント

20代ママ
赤ちゃんがコンセントの穴に指を入れようとしたり、さしてあるプラグを引っ張ったりするようになり、危ないなと感じました。
赤ちゃんが同じ目線にあるコンセントを触り、危険な場所だと感じるママもいるようです。また、子どもがコンセントの穴のなかにおもちゃを入れようとしており、ぞっとしましたというママの声もありました。

ベビー用安全グッズの活用例

100均にも売られている、安全グッズを使ってどのように安全対策をしたらよいのでしようか。実際にママたちが行ったベビー用安全グッズの活用例をご紹介します。

開き戸ロックやストッパー

30代ママ
赤ちゃんがキッチンの扉や引き出しを開け閉めして、指をはさむことがないように開き戸ロックを100均で購入して取りつけました。キッチンの収納にはガラスや陶器製の製品も置いてあるため、赤ちゃんが触れられないようになり安心です。
20代ママ
窓を開けて換気をしていたところ、赤ちゃんが網戸を開けてしまいました。100均に売られている網戸ストッパーを取りつけ、赤ちゃんが開けられないようにしました。
開き戸ロックやストッパーを取りつけたママもいるようです。ママのなかからは、開き戸ロックのなかにも、左右両方の留め具が開閉できるタイプと片側のみ開閉するタイプのものがあったので、使いたい家具にあわせて選んだという声も聞かれました。

コーナーガード

コーナーガード
sasimoto/Shutterstock.com
30代ママ
テレビ台の角が尖っていたので、子どもが転んだときに危ないなと思い、コーナーガードを購入しました。サイズや形状の違うものが売られていたので、家の家具にあったものを選びました。
コーナーガードを取りつけることで、子どもや赤ちゃんが転んだときも安心かもしれません。他にも、子どもと同じ目線にある家具の縁にぶつかることを考え、縁に沿ってクッションを取りつけたというママの声もありました。

コンセントカバー

30代ママ
赤ちゃんがコンセントに触らないように、100均のコンセントカバーを活用しました。下にコード用の穴が開いているので、プラグを差したまま使えて便利に感じました。
赤ちゃんがコンセントに指など入れないように、コンセントカバーをつけたママもいるようです。また、コンセントカバーの形状があわなかったので、コンセントキャップを使って対応したというママの声も聞かれました。

安全グッズを選ぶときに意識したこと

安全グッズを選ぶときにどのようなことを意識したのかママたちに聞いてみました。

シンプルなもの

20代ママ
かわいいかと思い、安全グッズをキャラクターのものにしたら、色がカラフルで目立つのか赤ちゃんが興味をもち、触っている様子が見られました。安全グッズは生活のなかに溶け込みやすいシンプルなもののほうがよいなと感じました。
安全グッズはシンプルなものを選ぶととよいかもしれません。また、落ち着いた色やデザインを選ぶと目立ちにくいというママの声も聞かれました。

使い勝手のよいもの

30代ママ
包丁が入っている扉や書類が入っている引き出しなど普段よく使う場所は、安全グッズを取りつけても、開け閉めがしやすいものを選ぶようにしました。
安全グッズを購入する際には、いざ使いたいと思ったときの使い勝手がよいものを選ぶように意識しているママもいるようです。さまざまな形式のものが売られているので、自分が扱いやすい安全グッズを試してみるのもよいですね。

子どもや赤ちゃんのために安全グッズを活用しよう

家族
Syda Productions/Shutterstock.com

子どもや赤ちゃん向けの安全グッズを用意するとき、家のなかの扉や窓、テーブルの角などに安全グッズが必要だと感じるママもいるようです。安全グッズを使う際は、シンプルなものや使い勝手のよいものなどを意識して選ぶとよいかもしれません。

100均のベビー用の安全グッズを活用するなどして、子どもや赤ちゃんが安全にすごせる環境を整えられるとよいですね。

2020年01月26日

専門家のコメント
36
    すみっこ先生 保育士
    角がある机にコーナーガードをつけました。つかまり立ちを始めた頃は角で怪我をしないかヒヤヒヤしたのでコーナーガードは助かりました。
    100均で扉のストッパーを購入しましたが、すぐに剥がれてしまったのと攻略されてしまって意味があまりなかったかも…と思いました😂💦💦
    ゆか先生 保育士
    立ち始め、歩き始めのときはよく転倒するのでテレビボードや角のある場所には必ずスポンジでガードしていました。

    キッチンでは扉を開けてしまうのでロックのかかるものを着けました。

    コンセントもカバーを着けました。

    今は100均にもたくさんの安全グッズが売られているのでそれで防げる事故なら利用するといいと思います。
    せおみ先生 保育士
    角は怖いですね。コーナーガードをつけていたのでよかったのですが、転んだら時に丁度、角に顔をぶつけてしまった事がありました。ガードをしていなかったらきっと、すごい傷になっていたと思います。コーナーガードなどの安全グッズを使って少しでも安心できると生活が楽になるなりますよね。
    すあま先生 保育士
    私は2歳のとき、祖母のヘアピンを見つけて興味本位でコンセントに差し込み、感電して病院に運ばれたことがありまして…(指にはまだうっすらと感電の痕が残ってます)

    ヘアピンに限らず、また、通電する素材かどうかに限らず、細いものを突っ込んでしまう可能性があるので、コンセントガードはぜひ利用していただきたいなぁと思います。

    保育士としての意見というより個人の体験からのコメントなのですが、ご参考になれば幸いです…!
    さと先生 保育士
    テーブルの角が尖っている場合はコーナーガードを必ず付けた方がいいと思います。

    100均の扉ストッパーは他の方も書かれているように、うちもすぐに力ずくで開けられてしまいました。
    付けたその日のうちに粘着シートごとバリッと剥がされあっけに取られました…
    すー先生 保育士
    角がある怖いので、コーナーガードはテーブル、テレビ台につけています。その他には、食器棚に開きドアロックをしましたが、力づくで引っ張り危なかった為外しました。子どもが手が届くところにはプラスチックの子ども用の食器のみおき、子どもの遊び場になっています…。
    りお先生 保育士
    コンセントカバーはおすすめです!コンセント穴、興味を持っておもちゃ等を入れようとすることがあります。
    でも、実際にされたら感電のリスクがあり、怖いですもんね💦
    我が家も取り付けていました。

    あと、テレビボードの角は、クッション取り付けています。
    これも、つかまり立ちして転んで怪我をしたりが怖いからです。
    みき先生 保育士
    角や丸くなっていない棚にはガードがあると安心です。前に膝でスーッと滑ってカラーボックスのような棚に激突、眉間が切れて縫った子がいました。思いもよらない、まさか、が起きるものです。危険を予測して気になるところはガードしておくと安心ですよね。
    おはぎ先生 保育士
    コンセントガードは少し大きくなってからつけると、逆に気になって抜こうとしてしまうらしく‥赤ちゃんのうちからつけておくと気にならないそうですよ。我が家もコンセントガードとコーナーガードはつけました。
    友達の家は冷蔵庫の一番下もアイスの味を、知った頃勝手によく開けられて困ったよーと言っていました
    わい先生 保育士
    コンセントカバーや棚が開かないロックベルト扉が開かないストッパーや突っ張り棒など100均はとても便利です!!いつもお世話になってます。また、滑りやすいところやコロビヤスイ所には、クッションマットが便利です。
    いちご先生 保育士
    子どもの為の安全対策として1番初めにしたのはコンセントカバーです。コンセントは子どもの手の届く位置にあるし、すぐ手を口に入れてよだれまみれになることが多いので、感電防止に100円ショップですぐに買いました。

    柱やテレビボード(テーブルは角が丸いものを使っていました)などに、コーナーガードを付けましたが、あっけなく剥がされてしまったので、それ以来は付けていません(笑)
    あゆさ先生 保育士
    机やテレビ台の角でケガをしたなど、話をよく聞きます。
    角にぶつけると傷がパックリということもあり、本当に気をつけたいですよね。
    我が家も、念には念をということであらゆる角やコンセントに市販の安全グッズの口コミを調べて購入しました。
    お陰さまで大きなケガはなく成長しています。
    特に小さいうちは思いもしない動きをするので、安全に配慮していきたいですよね。

    長年使用したグッズですが、今になって困ることが、、、
    張り付けタイプのものですと、家具に張り付いてしまうことがあるので、マスキングテープの上にはるなど先を考えた対策も必要だったと思います。
    めい先生 保育士
    コンセントカバーやコーナーガードは安全性を高めてくれますね。
    戸棚の下の引き出しは安全な物のみ入れておく、つかまり立ちして倒れそうな物は処分を検討したり倒れない工夫を凝らすとより安全な環境作りができそうです。
    みぃ先生 保育士
    机の角など頭に当たりそうなものにはスポンジのカバーをして柔らかくしました。安全に過ごせました。

    包丁やお皿の入っている扉にはストッパーをしたり、コンセントのプラグ刺し込み口にカバーをしたりしました。
    友達から可愛いのにしたら逆に興味を持って遊んでしまったと聞いていたので、目立たないシンプルなものにして子どもが興味を持たないようにしました。
    ろろ先生 保育士
    コンセントガードはかわいいものやシックなものなど様々なデザインのものがあるのでお家の雰囲気を壊すことなく設置できていいと思います✨
    こと先生 保育士
    テレビ台にはコーナーガードと扉ストッパーをつけました!
    コンセントカバーはキャラクターものにしてしまい、何回もとられました。

    冬場にファンヒーターを使うときにはファンヒーター用の柵を購入しました😊
    める先生 保育士
    100均に売っているコンセントカバーを保育園でも使用しています!可愛いキャラクターのものもあり、選ぶのも楽しいですよ^^ 机の角は丸いものを置くようにしたり、スポンジなどを使ってカバーをしています!
    また、蛇口を延長するためのものも売っているので、手洗いがしやすかなるのではと思います!
    ふぅ先生 保育士
    角がある至る所にコーナーガードをつけました☺︎もうつかまり立ちの時は怖くて怖くて部屋の見た目があまりよろしくなかったですが、そんなこと言ってられない💦けど気付いたらコーナーガードをムシャムシャ食べててびっくり!💩からそのまま出てきました(T . T)ガードしてようが目を離したらあかんですね💦
    とまと先生 保育士
    子どもの成長は早く、昨日まで開けられなかった引き出しを今日は開けられるかも知れないし、届かないから大丈夫と思って棚の上に置いた物に今日は届くかもしれません。早めの安全対策が大切です!
    のんの先生 保育士
    コンセントは注意すべきところですね。
    コンセントカバーが小さいと誤飲する恐れがあるので、大きめのものを、お勧めします!!
    また、我が家は
    三段ボックスの角などとても鋭利なのでクッション性のあるものでガードしています。
    まな先生 保育士
    つかまり立ちや伝い歩きをし始めると、赤ちゃんのケガが増えてしまう危険性も高まります。
    テーブルやテレビ台の角にガードをつけたり、引き出しのストッパーもあると良いですね。
    コンセントも100均にあるカバーがオススメです。
    冬場はストーブも火傷の原因になるので、ガードを置きましょう。
    どうしても家事で手が離せないときには、ベビーサークルを用意しても良いですね。
    めーめー先生 保育士
    机や棚の角は全てコーナーガードを貼りました。不意に転んでぶつけた時のダメージが大きいので。
    また、扉の壁とくっついている方の隙間に指を挟むと危険なので、隙間のカバーをつけています。そもそも、扉を自由に開けられないように、取っ手につけるロックをしていた時期もあります。(知らない間にトイレに入っていて水遊びをされた経験から…笑)
    あとは2階以上であれば(場合によっては1階でも?)窓や網戸に子どもの手の届かない所にロックを付けておいた方が安心です。子どもは外を見たがるので、事故を防ぐ意味でも大切です。
    はなこ先生 保育士
    コンセットガードは使ってないところに蓋をしました!
    机の角は動き始めるとよく転倒をしたりして、ぶつかると危ないのでカバーを買いました。また、机以外も角で危ない場所にはガードを念には念を。
    棚を開けないようにするストッパーはキッチンや開けて欲しくない場所にはやっています。

    百円ショップにも多くそういったグッズが最近はおいてあるのでチェックするといいですね!
    ゆり先生 保育士
    念には念をで、きちんと備えて安全な毎日を過ごしたいですね。どんなに気をつけても、見落としはありますので、パパやじぃじばぁばにも意見や見回ってもらうと新たな気づきもあるかもですね(^ー^)
    こいまま先生 保育士
    まずは床や、子供の手の届くところに触って欲しくない物を置かないことを徹底しました。
    それからコンセントに感電防止グッズをつけました。
    お風呂場などは外側から鍵をかけて勝手に入れないようにしました。
    あれだめ、これだめにならないように、子どもや赤ちゃんが家の中を自由に動き回れるには…を1番に考えて家作りをしました。
    ちぃ先生 保育士
    テーブルや頭などが当たりそうなところにはコーナーガードを100円ショップで購入してつけましたが、すぐに攻略されてあまり使えませんでした。引き戸の部分には突っ張り棒とマジックテープを用いてあけられないようにしていました。

    あとテーブルを購入するときは角がないものをうちの家は選んで置いてました。
    なごみ先生 保育士
    働いていた園では色んなところの角にコーナーガードをつけていましたが、あえてお家ではつけずに過ごしました。今は最初から危険がないように保護しすぎて子どもから考える力を取り上げてあるしまっているような気がします。危険から自分で身を守るという力をつけさせるのも大切だと思います^ ^
    うう先生 保育士
    今は100円ショップにもかなりの種類のセーフティグッズが売っていますが、粘着力が弱かったり、こどもがすぐに開けられるようになってしまったりと使ってみなければ分からないものも多くあります。強力な粘着テープを別で購入して使ったり工夫するといいかもしれません。
    りり先生 保育士
    コンセントカバーと角カバーをつけましたが、角カバーについてはベタベタ貼るのは家具を傷つけたり、剥がすときに跡になるのが嫌だったのであまりつけませんでした。
    親が危険な時に手を差し伸べてあげられるような余裕を持った育児をしていきたかったので、自分への戒めも込めて(笑)といっても二番目の時は、そんな余裕なかったですけど(笑)
    いちぽ先生 保育士
    自分の子どもがどんなものに興味を示すかで、対策を考えました。
    コンセントには興味を示さなかったですが、引き出しはあけるのでストッパーをつけ、角にはガードをつけました。
    cocoまま先生 保育士
    100円shopさん様々です^ ^コンセントカバーと角クッションは必須アイテムでした。あとは床がフローリングなのでクッションマット無印のがコルク素材で可愛くて重宝しています^ ^
    とーち先生 保育士
    角があるテーブル、棚にはコーナーガードをつけました。

    掴まり立ちの時など、転倒したら恐いので。。。 


    あと、キッチンにも入れないようにベビーゲートをつけました。

    我が家のキッチンは子どもが開けれる所に包丁があったりして、危険なので、ゲートをつけました。 
    料理中泣いたりもしましたが、テレビをつけたり、玩具を用意したり、声をかけたりして、我慢してもらいました(*^^*)
     
    だいふく先生 保育士
    お部屋の中で赤ちゃんが生まれてから、危ない!となる場所ありますよね。危なそうなものは高い場所、しまうなどママだけでなく家族に協力してもらったり、安全グッツを活用したりが対策としてあると思います。うちの場合は例えばテレビ台の引き出しは子どもがいるときは開けないなど、面白そう、気になるにならないように気をつけたりコードなど、いたずらしそうなものの前に椅子などを置いてガードしたりみえないよ雨にしています。
    なつまる先生 保育士
    保育園のコンセントは基本的に子供の手の届かない上の方に付けられていることが多いですよね!
    我が家はアパートなのですが、一軒家を注文で建てる時とかには上の方にも出来たりするのですかね?検討してみてもいいかと思います!
    ひよこ先生 保育士
    コンセントカバーは、可愛いものだと子どもの興味を引いてしまうため、シンプルなものをお勧めします。

    引き出しや開き戸のストッパーやゲートは、結構攻略される話を聞くので、つけても安心しないで目を光らせておいた方がいいですね。

    お子さんの身長と家具の高さのバランスにも寄りますが、立ち上がりが机の高さだとよく頭をぶつけるので、クッションがあるといいと思います。職場で使っているコーナーガードは剥がれやすいのでこまめに両面テープを貼り変えています。


    アイテムに助けてもらいながら、お子さんがケガのないよう見守れるといいですね☺︎
    あーちん先生 保育士
    100均でコーナーガードとコンセントカバーを買いました!動きが活発になってくるので、部屋を安全に快適に過ごせるようにしたいと思います。床はジョイントマットを敷き詰めています!
おすすめユーザーのコメント
2
    YSK
    コンセントのガードと低い棚のストッパーはつけました。

    テーブルのコーナーガードは付けたかったのですがインテリアを考えてつけず、近くに行ったら手で角をブロックすることをひたすらしていました。
    YK
    寒い地方なので、コンセントガードなどの細かいグッズの他に、ストーブガードも買いました。サイズや材質など結構悩みました。
    SB
    @YKさん
    コンセントガードと扉のストッパー、あとは気になる角にコーナーガードをつけました。粘着が強いタイプは剥がすときにあとがつくので、購入時にチェックしておくとよさそうです!

イベントの関連記事

カテゴリ一覧