お正月の子どもとの過ごし方。元日のスケジュールなど

お正月の子どもとの過ごし方。元日のスケジュールなど

お正月を過ごすときに意識したこと

お正月に子どもとどのように過ごすとよいのかや、みんなはどのようにお正月を過ごしているのか、気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、子どもとのお正月の過ごし方や大晦日から三が日にかけてのスケジュールと、子どもとお正月を過ごすときに意識したことについて、体験談を交えてご紹介します。

お正月の過ごし方について気になること

年末が近づいてくると、お正月をどのように過ごそうか悩むママもいるのではないでしょうか。お正月の過ごし方について気になることを、ママたちに聞いてみました。

30代ママ
お正月は家族でゆっくり過ごそうと考えています。遠出をしないので子どもたちが退屈しないよう、どのように過ごすとよいのか気になります。
30代ママ
お正月は実家に帰省することになっています。混んでいることもあると思うので、どのような準備をしておくとよいのか知りたいと考えています。
子どもとのお正月の過ごし方や、事前の準備について知りたいと考えているママもいるようです。さまざまな家庭のお正月の過ごし方を知ることができると、自身のお正月の参考にできるかもしれません。

そこで今回は、ママたちのお正月の過ごし方や、大晦日から三が日にかけてのスケジュールなどを聞いてみました。


【体験談】お正月の過ごし方

お正月をどのような場所でどのように過ごすのか、気になるママもいるかもしれません。ママたちに、お正月の過ごし方について聞いてみました。

自宅で過ごす

30代ママ
今年は夫のお正月休みが少ないことから、自宅でのんびりと過ごすことにしています。子どもたちと、お正月らしい伝統的な遊びを楽しみながら過ごせるとよいなと考えています。
お正月は自宅でゆっくり過ごしたいと考えるママもいるかもしれません。他にも、子どもの冬休みの宿題があるため、遠出を控えて自宅周辺で遊ぶことを考えているというママの声もありました。

実家に帰省する

30代ママ
毎年お正月は、夫の実家と私の実家に帰省することになっています。それぞれ2泊ずつ過ごす予定でいるので、帰省先周辺でレジャーを楽しもうと思っています。
お正月は実家に帰省するという方も多いのではないでしょうか。子どもにとってもおじいちゃんおばあちゃんと過ごせる時間は楽しみの一つかもしれませんね。帰省先が遠い場合などは、旅行のような気分になるので、早めに計画を立てるようにしているというママの声もありました。

旅行する

スキー
Lukas Gojda/Shutterstock.com
30代ママ
夫も私もスキーが趣味なので、お正月休みは泊まりでスキーに行くことにしています。子どもたちも冬山を楽しめるようになってきたので、家族で楽しみたいと考えています。
お正月は家族で旅行するというママもいるようです。他にも、のんびり過ごしたいので温泉に行くというママや、テーマパークで過ごすというママの声もありました。

お正月の過ごし方は家族によってさまざまなようです。お正月をどのように過ごすかによって、一日のスケジュールも変わってくるかもしれませんね。


大晦日から元日にかけてのスケジュール

お正月をどのように過ごすかによって、一日のスケジュールも違ってくるかもしれません。ママたちに、大晦日から元旦にかけてのスケジュールについて聞いてみました。

自宅や帰省先で過ごすとき

(大晦日)
19:00 夕食
20:00 テレビをみながら過ごす
23:00 年越しそばを食べる
(元日)
7:00 起床
8:00 朝食(おせち料理やお雑煮を食べる)
10:00 初詣に出かける
14:00 家族で室内ゲームをして遊んだり映画を見たりする

自宅や帰省先でのんびりと過ごす場合は、初詣に出かけたりゲームをしたりして過ごすことがあるようです。他にも、大晦日の夜に家族で除夜の鐘をつきに行くというママの声もありました。

旅行先で過ごすとき

(大晦日)
19:00 夕食およびカウントダウンイベントに参加
(元日)
6:00 初日の出を見に行く
8:00 朝食
9:30 初詣および観光

旅行先で過ごす場合は、宿泊先で初日の出を見たり初詣に行ったりすることもあるようです。他にも、宿泊先のホテルのイベントに参加したというママの声もありました。

1月2日や1月3日のスケジュール

買い物
Dean Drobot/Shutterstock.com

元旦を自宅などでのんびり過ごした後、1月2日や1月3日にどのように過ごすのか気になるママもいるかもしれません。1月2日や3日のスケジュールについて聞いてみました。

7:00 朝食(おせち料理やお雑煮を食べる)
9:30 初売りに出かけ、買い物をして過ごす
16:00 自宅に戻り、ゆっくりと過ごす

30代ママ
大晦日から実家に帰省していますが、毎年1月2日は地元の友人たちと集まっています。友人の子どもたちも集まるので、大人も子どもも賑やかに楽しく過ごしています。
30代ママ
自宅近くに3日から開いているスケートリンクがあります。元旦と2日は家でのんびり過ごし、3日はスケートで思い切り体を動かしています。
1月2日や3日は外出して過ごすというママもいるようです。他にも、子どもといっしょに凧あげをするというママや、雪が降ったときはそり遊びをしているというママの声もありました。

お正月を過ごすときに意識したこと

家族とお正月を過ごすときに意識したことについて、ママたちに聞いてみました。

混雑を予想した準備をする

30代ママ
お正月は実家に帰省しますが、遠いのでゆとりをもった日程を組むようにしています。混雑で帰りが遅くなってもよいように、自宅へ戻る日を早めに設定しています。
実家に帰省する場合や旅行するときなどは、混雑を予想してゆとりのある日程を組むようにしているママもいるようです。他にも、車中で子どもが退屈しないようDVDを多めに借りておいたり、ゲームを用意したりしているというママの声もありました。

お正月らしさを取り入れる

30代ママ
普段は忙しくて子どもとゆっくり遊べないので、お正月は子どもと遊ぶ時間を多くとるようにしています。コマまわしやかるた、福笑いなどお正月ならではの遊びを取り入れると私も子どもも夢中になって遊んでしまいます。
お正月ならではの伝統的な遊びなどをして、子どもと過ごすママもいるようです。他にも、百人一首やすごろくなど家族みんなで楽しめる遊びを取り入れるようにしているというママの声もありました。

お正月の過ごし方は家族それぞれ

お正月
bonchan/Shutterstock.com

お正月の過ごし方は自宅でのんびり過ごしたり、帰省先や旅行先で過ごしたりするなど、家族の状況によってさまざまなようです。自宅で過ごす場合は、大晦日から元日はのんびり過ごし、2日や3日からは出かけるというママの声もありました。

お正月に遠出する際は、混雑を予想してゆとりのある日程を組むなど工夫するとよいかもしれません。お正月ならではの遊びを取り入れながら、子どもと楽しいお正月を過ごせるとよいですね。

2019年11月30日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧