家族写真入りの年賀状を作ろう。おしゃれに作るポイントやマナー

家族写真入りの年賀状を作ろう。おしゃれに作るポイントやマナー

会社の上司などに送る場合の

赤ちゃんが生まれた年などに家族写真入り年賀状を作りたいとき、基本の作り方や干支を使ったおしゃれなデザイン方法が知りたいママもいるかもしれません。作った年賀状を会社の上司に送ってもよいのか気になる場合もあるでしょう。今回は、家族写真入り年賀状について作るポイントやマナーを体験談を交えてご紹介します。

家族写真入り年賀状とは?

普段あまり会えない親戚や友人へ、自分や子どもの近況報告をしたいとき、家族写真入り年賀状は役に立つかもしれません。

年賀状で幸せそうな家族の姿や子どもの成長を見ることができると、お正月からあたたかい気持ちになれそうですよね。

赤ちゃんが生まれた年には、出産報告を兼ねて送ることもあるでしょう。

家族写真入り年賀状を送るときは、具体的にどのようにしたらよいのでしょうか。

家族写真入り年賀状を作るときのポイント

家族写真入り年賀状を作るときのポイントについてママたちに聞いてみました。

映りのよいものや目的に合った写真を選ぶ

年賀ハガキ
© Pom - Fotolia
30代ママ
写真が暗くなってしまうことがあるので、写真の明るさに気をつけています。
20代ママ
とにかく子どもの映りがよい写真を選びました。
30代ママ
写真館で撮った家族写真を使いました。
30代ママ
親戚中心に年賀状を出すことが多く、顔写真入りの方が好まれます。子どもの成長を伝えることが目的なので、子どもの写真は大きく、夫婦の写真は小さくするようにしています。
年賀状に使う写真選びにこだわったという声が複数ありました。

写真館やフォトスタジオで撮影した家族写真のデータが手元にあれば年賀状作りに役立ちそうですね。

自分で撮影する場合、慣れるまではピントを合わせたり、背景選びなどが大変に感じることもあるかもしれません。

日頃から、お出かけやイベントのときに家族撮影をすることを習慣にしておくと、年賀状に使えるようなよい写真が撮れることもあるので試してみるとよいでしょう。

使いたい写真が暗かったり、映り込んだものを消したいとき、画像編集ソフトを使って自分で修正したというママの声もありました。

年賀状作成ソフトやサービスを使う

30代ママ
毎年、年賀状ソフトの干支のデザインを使って、年賀状を作っています。
30代ママ
郵便局の年賀状制作サービスを使って自作しています。
30代ママ
家族写真のデータをパソコンに取り込み、フリーの画像編集ソフトで年賀状を作りました。主張しすぎないデザインを選びました。親戚や友人に写真で近況報告ができてよかったです。
年賀状作成ソフトやサービスを使ったという声が複数ありました。

市販の年賀状作成ソフトを買わなくても、インターネット上で無料でダウンロードできるものもあるようなので、活用できるとよいですね。

お正月用のフリーイラスト素材やデザイン素材を探して、おしゃれなデザインの年賀状になるようにこだわって作ったというママの声もありました。

きれいに印刷する

プリンタ
iStock.com/RafaPress
30代ママ
自宅で年賀状を印刷するとき、きれいな印刷設定になるように気をつけました。
30代ママ
写真印刷用のはがき用紙を選びました。
パソコンで年賀状印刷をする場合は、印刷設定を少し変えるだけできれいに印刷できる場合もあるようです。

パソコンや使っているプリンター、年賀状作成ソフトによって印刷設定の方法が変わる可能性があるので、印刷の失敗ではがきを消費してしまわないためにも、各メーカーのホームページなどで確認するとよいかもしれません。

自分での年賀状作りがむずかしい場合は、料金はかかりますが、撮影から年賀状が仕上がるまで、すべて写真スタジオや印刷業者へお任せするのもよいでしょう。

家族写真入り年賀状の気をつけたいマナー

家族写真入り年賀状を作るときや送るときに気をつけたいマナーについて、ママたちの体験談をまじえてご紹介します。

メッセージを添える

30代ママ
メッセージが一言もない家族写真や定型文だけの年賀状を送られたとき、少しさみしく感じました。
家族写真や定型文だけの年賀状は、受け取る人によってはさみしく感じられる場合もあるようです。

「子どもが〇歳になりました」「お元気ですか?」など、短くてもその相手だけに通じるようなメッセージがあるだけで、よろこんでくれる人は多いかもしれませんね。

使う写真に気をつける

30代ママ
子どもだけの写真が入った年賀状が来ることもありますが、写真入りにするなら家族みんなの顔が見たいと思いました。
家族写真入りの年賀状を作りたいと思っていても、よい写真がなく子どもだけの写真になることもあるでしょう。

しかし相手によっては、ママやパパ本人の顔が見たかったと思う人もいるようです。

映りにこだわらず、家族全員の写真にした方がよろこばれそうですね。

送る相手に気をつける

30代ママ
仕事関係の人や友人宛てにも年賀状は書きますが、子どもの成長は特別伝える必要がないと思うので家族写真は使っていません。
20代ママ
曽祖母、祖父母、親戚、年賀状をくれた友人、前の職場の上司に家族写真入り年賀状を送りました。親戚は会ったときに『よい写真だね』と言ってくれました。
家族写真入り年賀状を、どのくらいの付き合いの人まで送るとよいか迷うこともあるでしょう。

親戚の他にも友人や会社の上司の方へ送るママもいるようです。

家族ぐるみでお付き合いをしているようなママ友や上司の方は、家族写真入り年賀状を送ることでプライベートな部分を見せてくれてうれしいと思ってくれる場合もあるかもしれません。

しかし場合によっては、家族写真入りの年賀状を仕事とは関係のない私的なものと感じ、マナー違反にとられることもあるでしょう。

特に、会社の上司や取引先など仕事上の相手に年賀状を送るときは、写真無しの年賀状を用意しておいた方が無難かもしれません。

家族写真入り年賀状で人付き合いを円滑にしよう

書き物をする女性
iStock.com/Satoshi-K
今回は、ママたちの体験談をまじえて、家族写真入り年賀状を作るときのポイントやマナーをご紹介しました。

年賀状作成ソフトを使うと、干支を使ったおしゃれなデザインの年賀状を比較的簡単に作ることができそうですね。

赤ちゃんが生まれたときの年賀状作成の参考にしてみてはいかがでしょうか。

家族写真入り年賀状を、親戚以外の友人や会社の上司の方へ送るときは、受け取る相手の気持ちや立場を配慮して送ることがマナーとして大切かもしれません。

家族写真入り年賀状を送ることで、人付き合いがより円滑になるとよいですね。

2019年10月02日

専門家のコメント
2
    のんの先生 保育士
    毎年写真館で撮っているので、前年に写真館で撮った家族写真を年賀状にしています。写真のしたな
コメントをもっと見る

イベントの関連記事

カテゴリ一覧