3歳の子どもと過ごすクリスマス。準備するものやプレゼントを渡す工夫

3歳の子どもと過ごすクリスマス。準備するものやプレゼントを渡す工夫

いっしょに飾りつけや料理をしよう

3歳の子どもとのクリスマスは、どのようにすごしたら楽しめるのだろうと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、クリスマスのために準備したことや子どもと作れるレシピ、プレゼントを渡すときの工夫を体験談を交えてご紹介します。

3歳の子どもと楽しむクリスマスのすごし方

外に出たときに寒くなり始めたなと感じると、お店や街並みはクリスマスの飾りつけが始まってくる頃かもしれません。クリスマスが近づくにつれていろいろな場所でイベントやイルミネーションが施され、街を歩くだけでもクリスマス気分が味わえそうですね。

年に一度のクリスマス、3歳の子どもといっしょに楽しめるクリスマスはどのようなすごし方があるのでしょう。

30代パパ
家族でテーマパークへ行きました。身長制限や混雑で乗り物には乗れなくても、クリスマス限定のパレードを見たり、クリスマス限定メニューを食べたりするだけで十分楽しめました。
20代ママ
家族でお昼頃から食事をしたり、ちょっとした仮装をしたりしてゆったりと楽しみました。息子がサンタのコスプレを、両親はトナカイのカチューシャをして、家族写真を撮りました。
クリスマスの雰囲気を楽しみながら、家族で出かけたり家でゆったりすごしたりする家族もいるようです。友だち家族を自宅に招き、クリスマスパーティを楽しんだという声もありました。街や部屋のクリスマスらしい装飾を見るだけでもワクワクした気持ちになりそうですね。

クリスマスのために準備したこと

クリスマスを迎えるにあたり、何を準備したらよいのだろうと考えているママやパパもいるのではないでしょうか。クリスマスのためにどのような準備をしたのかを聞いてみました。

部屋の飾りつけ

ツリー飾りつけ
Africa Studio/Shutterstock.com
20代パパ
ツリーの飾りつけを3歳の娘といっしょにしました。てっぺんに飾る星を乗せたいとのことで、抱き上げるとてっぺんの飾りつけもしてくれました。
いっしょにクリスマスの準備をすることで、よりクリスマスを迎えることが楽しみになりそうですね。いっしょにクッキーを焼いて、オーナメントとして子どもと飾りつけたというママもいました。

クリスマスプレゼント

30代ママ
保育園でサンタが登場する本を読んだようで、3歳の息子はサンタを楽しみにしていました。クリスマスプレゼントを用意し、今年はサンタからの贈り物にしようとパパと話しあいました。
3歳くらいになるとサンタを楽しみにしている子どももいるかもしれませんね。子どもが喜ぶ姿を想像しながらするクリスマスプレゼント選びは、ママやパパの楽しみかもしれません。

食事の準備

20代ママ
夕食後クリスマスケーキを家族で食べようと思っていたので、事前にケーキの予約をしました。当日ケーキを見た息子が拍手をして喜んでくれて、買ってよかったなと思いました。
普段と違ったクリスマスらしい料理は、子どもにも喜んでもらえそうですね。ケーキの予約をすると売り切れ間近だったという声もありました。ケーキや食事を準備する場合は、予約や食材の準備を早めに済ますとよいかもしれません。

3歳の子どもと楽しむクリスマスメニュ-

クリスマスのメニューを子どもと作りたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。3歳の子どもといっしょに作れるレシピを聞いてみました。

星型ピザ

20代ママ
子どもといっしょにピザ生地を星型にくり抜いて、ピザソースを塗り、コーン、チーズ、ツナなどを乗せてオーブンで焼きました。ほぼ一人でできる工程なので、夢中になって楽しんでいました。
ピザ
Alena Kazlouskaya/Shutterstock.com
星型ピザの形は、子どもが食べるのに持ちやすく食卓も華やかになるので、ママにとっても嬉しいレシピかもしれません。好みで具材を変えてもよいかもしれませんね。トッピングに赤や緑色のものを使うとよりクリスマスらしさが出たという声もありました。

サラダ

30代ママ
サラダをリースのように盛りつけて、トッピングを子どもといっしょにしました。チーズやハム、茹でたにんじんを星型やハート型に抜いて、普段とは違ったサラダにしました。
クリスマスらしさを出すために、リースの形にしたりトッピングの食材の型を抜いたりしたそうです。子どもが型を抜くときにチーズやハムは1枚ずつだと難しいようだったので、何枚か重ねて型を取ったら抜きやすかったという声もありました。

ツリーケーキ

30代ママ
厚めに焼いたホットケーキといちごやバナナなどの果物を食べやすいサイズに切り、ホットケーキ、果物、生クリームを交互に重ねてツリーのように積み上げたら完成です。3歳の娘といっしょにつまみ食いを楽しみながら作りました。
いっしょに料理をしながらするつまみ食いも、楽しい時間かもしれませんね。3歳の子どもと両親でワンホールのケーキでは大きいので手作りしているという声もありました。

クリスマスプレゼントの渡し方のアイデア

3歳くらいになるとサンタを楽しみにする子どももいるかもしれませんね。3歳の子どもにクリスマスプレゼントを渡すときに工夫したことを聞いてみました。

クリスマスらしいラッピングをする

30代ママ
プレゼントの箱をクリスマスらしく赤と緑の包装紙でラッピングし、大きめのリボンをつけて豪華な見た目にしました。プレゼントを見つけるなり「わ~!」と大きな声を出して喜んでもらえました。
夜の、部屋がやや暗い中でプレゼントを渡す予定だったので、プレゼントが映えるように工夫したとのことでした。素敵なラッピングに、早く開けたいという気持ちになりそうですね。

置く場所を工夫する

20代ママ
サンタが来るのを楽しみにしていたので、娘が起きる前に枕元にプレゼントを置きました。サンタが来たととても喜んでくれたので、私たち親も嬉しく思いました。
クリスマスの醍醐味のひとつでもあるクリスマスプレゼントは、サンタを心待ちにしている子どもたちの楽しみでもあるかもしれませんね。子どもが見つけやすいように、ツリーの下に置いたというママもいました。

3歳の子どもといっしょにクリスマスの準備をしよう

クリスマス
Yuganov Konstantin/Shutterstock.com
3歳の子どもと迎えるクリスマスのすごし方は、テーマパークへ出かけてみたり、自宅でゆったり食事をしたりとさまざまなようです。子どもといっしょに飾りつけや、食事の準備をしてみるのもよいかもしれませんね。

クリスマスプレゼントを渡すとき、渡し方のアイデアを参考に子どもに喜んでもらえるような演出を考えてみてもよいかもしれません。

クリスマスらしい街並みや自宅の装飾を眺めながら、3歳の子どもと素敵なクリスマスがすごせるとよいですね。

2019年09月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧