クリスマスの寝相アートを作るときのコツや便利な100均グッズ

クリスマスの寝相アートを作るときのコツや便利な100均グッズ

寝相アートでクリスマスを楽しもう

クリスマスの思い出を寝相アートで写真に残したいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、寝相アートを作るときのコツや便利な100均グッズと、クリスマスツリーなどの簡単な寝相アートアイデアについてご紹介します。

クリスマスの寝相アートを作りたいとき

赤ちゃんの寝ている姿を活かして、クリスマスらしい寝相アートを作りたいと考えるママもいるかもしれません。ママたちに話を聞くと、寝相アートを作るときはどのようなことを意識したらよいのかや、簡単に作れる寝相アートが知りたいという方もいるようです。

ママのなかからは、寝相アートに使える100均グッズが知りたいという声も聞かれました。

今回は、寝相アートを作るときのポイントや、クリスマスの寝相アートについて話を聞いてみました。

寝相アートを作るときのコツ

寝相アートはどのように作ったらよいのか気になるママもいるようです。ママたちに寝相アートを作るときのコツについて聞いてみました。

テーマや構図を決める

30代ママ
寝相アートを作るときは、事前にインターネットで作りたい寝相アート例を探して、イメージを膨らませるようにしています。寝相アートは、赤ちゃんの寝相にあわせて作りやすそうなものを選ぶようにしています。
作りたい寝相アートをイメージできると、スムーズに準備が進められるかもしれませんね。ママのなかからは、お昼寝中の子どもの姿を見ながら構図を考えるという声も聞かれました。

必要な小物を用意する

クリスマスの装飾品
iStock.com/Liliboas
20代ママ
寝相アートをする前に、寝相アートのテーマにあわせた小物を用意してまとめておくようにしています。クリスマス限定の小物は、低価格でバリエーションが豊富な100均を利用します。
赤ちゃんが寝ている間に素早く寝相アートの作成するために、必要な小物を揃えておくことも大切なようです。ママのなかには、家にある子どものおもちゃや、日用品などを工夫して使うという声もありました。

子どもの様子にあわせる

40代ママ
寝相アートは赤ちゃんのお昼寝中に行うのですが、飾りつけをしている最中に赤ちゃんが起きてしまうことがあります。その時は寝相アートの作成を中断し別の日にするようにしています。
寝相アートの作成中に赤ちゃんが起きてしまったときは、無理に進めず別の日に挑戦するママもいるようです。ママのなかからは、赤ちゃんの眠りを妨げないように、赤ちゃんから遠い場所から小物を配置していくという声も聞かれました。

クリスマスの寝相アートに使える100均グッズ

寝相アートを作るときに100均グッズを使うママもいるようです。クリスマスの寝相アートに便利な100均グッズを聞いてみました。

帽子やカチューシャ

カチューシャ
jannoon028/Shutterstock.com
30代ママ
赤い服を着た赤ちゃんに100均で購入したサンタクロースの帽子を被らせて寝相アートを作りました。サンタクロースの帽子を被ると一気にクリスマス感が増して、簡単でかわいいクリスマスの寝相アートができました。
サンタクロースの帽子は、寝ている赤ちゃんにそっと被せたり頭の上に置いたりできるので、手軽に使えてクリスマスの雰囲気を感じられる100均アイテムかもしれません。ママのなかには、トナカイのカチューシャを使ったという声もありました。

ガーランド

40代ママ
100均に売っている「MerryChristmas」と書かれたガーランドを使って簡単にクリスマスの寝相アートを作りました。赤、白、緑のフェルトを使いクリスマスを意識した背景にして、赤ちゃんの周りにおもちゃや星を置くとポップな写真ができました。
「MerryChristmas」などクリスマスに関係する文字のガーランドを使うと、クリスマスの寝相アートとわかりやすいかもしれませんね。ママのなかには、トナカイやサンタクロースの形のガーランドを使ったという声もありました。

オーナメント

20代ママ
寝ている赤ちゃんの周りに、クリスマスツリー用のオーナメントを置いて簡単な寝相アートにしました。カラフルなオーナメントは、無造作に置くだけで華やかになるように感じました。
クリスマスツリーに飾るオーナメントを寝相アートに使うママもいるようです。ママのなかからは、雪の結晶型やキャンディケイン型などさまざまな種類のオーナメントを、寝相アートに使っているという声も聞かれました。

クリスマスの寝相アートアイデア

クリスマスにどのような寝相アートを作ったらよいのか気になるママもいるようです。簡単に作れるクリスマスの寝相アートアイデアについてママたちに聞いてみました。

サンタクロース

サンタ服を着た赤ちゃん
zhu difeng/Shutterstock.com
30代ママ
サンタクロースの服と帽子姿の赤ちゃんがプレゼントの入った袋を背負うように、白のシーツで袋を作って完成です。シーツや大判のフェルトを使って夜空や雪景色の背景を作ると、よりサンタクロースらしく見えます。
サンタクロースの寝相アートはクリスマスの定番かもしれません。ママのなかには、フェルトを使ってスタイタイプのサンタクロース衣装を手作りしたという声もありました。

クリスマスツリー

20代ママ
緑色のバスタオルや毛布をツリーの形に整えて置きます。リボンやオーナメントを飾りつけてクリスマスツリーの完成です。赤ちゃんが横向きで寝ていたので、プレゼントを持つようなアングルで写真を撮りました。
バスタオルや毛布など家にあるものを使ってクリスマスツリーを作ることができるようです。ママのなかからは、赤ちゃんを中心に配置してクリスマスリースを作ったという声も聞かれました。

クリスマスブーツ

40代ママ
お菓子の入っているクリスマスブーツを使い、遠近法で寝相アートを作ってみました。寝ている赤ちゃんがブーツに入っているように見えるように配置して写真を撮るだけなので簡単にできました。
遠近法を使って寝相アートを作るのも楽しそうですね。ママのなかには、ブランケットを使ったり、100均に売っている大きなブーツ型の袋を使ったりして寝相アートを作ったという声もありました。

クリスマスの寝相アートを楽しもう

プレゼント
George Dolgikh/Shutterstock.com

寝相アートを作るときは、しっかりと事前準備をして、赤ちゃんの様子にあわせて行うことがポイントのようです。100均でさまざまな寝相アートで使えるグッズがあるそうなので利用してみるのもよいかもしれません。

クリスマスツリーなど簡単にできる寝相アートもあるようなので、楽しみながらクリスマスの思い出を寝相アートで残してみてはいかがでしょうか。

2019年08月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧