女の子もこどもの日をお祝いしよう。喜ばれるプレゼントなど

女の子もこどもの日をお祝いしよう。喜ばれるプレゼントなど

女の子だけでも鯉のぼりを飾る?

男の子のお祝いイメージが大きいこどもの日。女の子がいる家庭ではみんなどうしているのか気になるママやパパもいるかもしれませんね。今回の記事では、女の子とのこどもの日のすごし方や楽しみ方、女の子のプレゼントの選び方についてママやパパの体験談を交えてご紹介します。

女の子もこどもの日のお祝いをする?

女の子のいる家庭では、女の子だけでもこどもの日のお祝いをするのか気になっているママやパパもいるのではないでしょうか。

こどもの日は「全ての子どもの幸せを願ってお祝いをする国民の祝日」とされています。今回は、女の子のいる家庭でのこどもの日のすごし方などについて、実際にママやパパが行っていることをご紹介します。

女の子のいる家庭のこどもの日のすごし方

女の子のいる家庭では、こどもの日をどのようにすごしているのでしょう。ママやパパにすごし方を聞いてみました。

こどもの日の食事を楽しむ

ちらし寿司
© gontabunta - Fotolia

「我が家ではこどもの日にはごちそうを用意し、おじいちゃんやおばあちゃんも招待して食事をしています。毎年おばあちゃんがこどもの日のプレゼントを持って訪ねてきてくれるので、娘も楽しみにしているようです」(40代ママ)

こどもの日には家族や親せきが揃って食事を楽しむことが習慣になっていると、男の子も女の子も楽しみにしているかもしれません。他には、家族で外食をしてゆっくりすごしているというパパの声もありました。

鯉のぼりなどの工作を楽しむ

「上の男の子の鯉のぼりを娘がうらやましがったので、こどもの日には折り紙で鯉のぼりを作って遊びました。作った鯉のぼりを刺繍糸で割りばしに取りつけたところ『本物の鯉のぼりみたい』と喜んでくれました」(40代パパ)

親子で工作をするのも女の子とこどもの日を楽しむすごし方の1つのようです。ママのなかには、女の子といっしょにシールになったフェルトを使って、かわいい鯉のぼりや兜飾りなどの工作を楽しんだという声もありました。

家族揃ってお出かけをする

「毎年こどもの日には家族みんなで遊園地に出かけ、一日ゆっくりすごしています。子ども用のアトラクションが充実している遊園地が日帰りできる場所にあり、朝早く出かけると夕方までたっぷり遊ぶことができるので、子どもも楽しみにしているようです」(30代パパ)

こどもの日には家族揃って遊園地にお出かけをしているというパパがいました。お弁当を持って公園やピクニックに行くのも楽しそうです。

女の子とこどもの日をより楽しむための工夫

女の子とこどもの日をより楽しくすごすときには、どのような工夫をするとよいのでしょう。ママやパパが実践したことを聞いてみました。

端午の節句にちなんで鯉のぼりを飾る

「我が家は女の子だけですが、近所の家に飾られている鯉のぼりを見て『私たちも飾りたい』と言うので、室内用の鯉のぼりのつるし飾りを購入しました。リビングの棚に飾ったところ『かわいい鯉のぼりだね』と嬉しそうに見ています」(30代パパ)

鯉のぼりには立身出世を願うという意味があるそうで、女の子のために飾るのもよいかもしれませんね。市販されている鯉のぼりには、コンパクトタイプやちりめんのつるし飾りタイプなどがあるので、部屋のインテリアとしても楽しめそうです。

イベントに参加する

「こどもの日には毎年地域のイベントに親子で参加しています。公園で子ども向けの体験教室やゲーム、相撲大会などが行われおり、娘とビーズのアクセサリー作りや大きなシャボン玉作りなどに参加して楽しんでいます」(30代ママ)

こどもの日には子ども祭りなどのイベントが行われる地域もあり、女の子だけでも楽しめそうな企画が用意されているようです。親子写生大会やふれあい広場などが開催される動物園などもあるようなので、あらかじめ情報を集めて出かけるとよいかもしれません。

こどもの日に女の子に渡すプレゼントの選び方

スケッチブックと色鉛筆
iStock.com/gyro

こどもの日には子どもにプレゼントを渡すこともあるかもしれません。そこで、女の子が喜ぶプレゼントの選び方をママやパパに聞いてみました。

子どもが使えるもの

「娘はお絵描きが好きなので、こどもの日には色鉛筆やスケッチブックなどのお絵かきセットをプレゼントしました。『いっぱいお絵描きができる』と喜んで、さっそく鯉のぼりの絵を描いていました」(40代ママ)

こどもの日のプレゼントに子どもの好きなお絵描きセットを選んだママがいました。シールの好きな女の子のために、シール絵本を選んだという声もありました。

身につけるもの

「おしゃれに興味をもち始めた娘のために、アクセサリーのセットをこどもの日のプレゼントに選びました。指輪やネックレスなどが気に入ったらしく、鏡の前で身につけて嬉しそうにしていました」(30代ママ)

女の子へのプレゼントとして、アクセサリーも喜ばれそうです。ものづくりの好きな女の子の場合はアクセサリーを手作りできるキットもよいかもしれません。髪型が気になり始めた子どもに、かわいいカチューシャを贈ったというママの声もありました。

お菓子とおもちゃのセット

「近くのケーキ屋さんでクッキーとぬいぐるみのセットを見つけたので、こどもの日のプレゼントに購入しました。『こどもの日のお祝いだよ』と言って渡したところ、ぬいぐるみもお菓子も喜んでくれました」(40代パパ)

お菓子とぬいぐるみなどのおもちゃのセットは、女の子に喜ばれるプレゼントかもしれません。ママのなかには、おままごとの好きな子どもにお店のおもちゃとお菓子をセットにしてプレゼントしたら「お菓子屋さんだよ」と言いながら嬉しそうに並べていたという声もありました。

女の子とこどもの日を楽しもう

子どもの日記念撮影
© tatsushi - Fotolia

女の子だけの家庭でも、こどもの日には鯉のぼりを飾ったり、プレゼントを渡したりすることがあるようです。子どもの幸福を願うための国民の祝日でもあるこどもの日には、女の子も男の子も参加できるような計画を立て、家族で楽しめるとよいですね。

2019年04月27日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧