ベビーシャワーの飾り付けをしよう。簡単に手作りできるアイテム

ベビーシャワーの飾り付けをしよう。簡単に手作りできるアイテム

男の子や女の子の赤ちゃん向けの飾りなど

最近日本でもよく耳にするようになったベビーシャワー。パーティーを盛り上げるために、部屋をかわいく飾り付けをしたいママもいるのではないでしょうか。今回は、ベビーシャワーの飾りの準備や男の子や女の子の赤ちゃんの誕生を願ってママたちが用意した飾り付け、簡単に手作りできる飾り付けを体験談を交えてご紹介します。

ベビーシャワーの飾り付けを考える

ベビーシャワーとは、赤ちゃんの誕生を願って出産前に行うパーティーのようです。親しい友だちの出産前にベビーシャワーをするとき、華やかな飾り付けの仕方が知りたいママもいるかもしれません。

実際に、ベビーシャワーの会場をどのように飾り付けていたのか聞きました。

ベビーシャワーの飾りの準備のポイント

ベビーシャワーの飾りを準備するとき、どのようなポイントがあるのかをママたちに聞いてみました。

飾り付ける場所を決める

「私の自宅のリビングを会場にする予定だったので、照明の位置を考えて飾り付ける場所を決めました。照明の当たり方を意識して飾り付けすると、飾りが明るく照らされて見栄えのする装飾になりました」(30代ママ)

飾り付ける場所を決めておくことで、その場所にあわせてどのような飾りを用意するかイメージが沸きやすくなるかもしれませんね。飾り付けした場所を背景にして記念撮影をする場合、参加者が並んだときに飾りが見えるよう高さも調整したというママの声もありました。

テーマを考える

カップケーキ
iStock.com/RuthBlack

「テーマを決めてから飾り付けに使うアイテムの用意を考えました。友だちから『赤ちゃんの性別は男の子みたい』と聞いていたので、テーマやメインカラーを決めて飾り付けをしました」(40代ママ)

「季節の行事を取り入れた飾り付けをしたいと思いました。私の場合、4月だったのでイースターをテーマにして、卵やうさぎのモチーフや花の飾りで演出しました。」(20代ママ)

赤ちゃんの性別が男の子か女の子かや季節にあわせた飾り付けのテーマを考えたママがいるようです。ママのなかには、ベビーシャワーの主役となる友だちの好きなキャラクターや色をテーマにしてパーティー会場を飾り付けると喜んでもらえたという声も聞かれました。

市販品や手作りアイテムを用意する

「ベビーシャワーでは、お祝いの気持ちを込めて手作りの飾りを用意したいと思いました。全てを手作りすると大変だと思ったので、市販品と組みあわせるなど工夫する子育ての隙間時間を使って簡単に用意ができました」(30代ママ)

飾り付けのアイテムは、市販品と手作りのものを組みあわせて用意すると簡単に準備できたというママの声がありました。市販品を用意する前に、飾り付けをする場所サイズを確認しておくと全体のバランスがとりやすいかもしれませんね。

ママたちが用意した飾り付け

ベビーシャワーの飾り付けにはどのようなものがあるのでしょうか。実際に、ママたちが用意した飾り付けをご紹介します。

ガーランド

「三角に切った色画用紙に1文字ずつ『BABY SHOWER』と書かれているガーランドを壁面に飾りました。文字の色が金色だったので高級感があり、ベビーシャワーのメインとなる飾り付けになったと思います」(20代ママ)

ガーランドは定番の飾り付けのひとつかもしれませんね。他にも、実際に赤ちゃんが使うスタイやロンパース、ミトンや帽子を使ったガーランドを手作りしたというママの声もありました。

おむつケーキ

おむつケーキ
iStock.com/Auseklis

「ベビーシャワーの飾り付けのメインとして三段重ねのおむつケーキを用意しました。赤ちゃんの性別が女の子だと聞いていたので、ピンク色のリボンや花飾りをあしらったうさぎのマスコットが付いたおむつケーキを用意して誕生を願う気持ちを表現しました」(40代ママ)

大きめのおむつケーキを用意すると、ベビーシャワーの雰囲気を盛り上げる飾り付けのメインになったというママの声がありました。インターネットショッピングでは、さまざまなイメージのおむつケーキが売られていることから他の飾り付けの雰囲気とあわせたものを用意しやすいかもしれませんね。

バルーン

「赤ちゃんにちなんで、ゆりかごやメリーの形をしたバルーンで会場を飾り付けました。赤ちゃんの性別がまだわからないとのことだったので、男の子と女の子どちらでも似合う白や黄色のバルーンを用意しました」(30代ママ)

ベビーグッズの形のバルーンで飾り、ベビーシャワーらしい雰囲気を演出したママがいるようです。ハートや星などさまざまな形のバルーンとの組みあわせたり、バルーンアート用の細長いタイプを使って虹などを表現したりといろいろな飾り付けの仕方を楽しめそうですね。

ペーパーファン

「赤ちゃんが男の子だと聞いていたので、薄い水色や濃い水色の大きさを変えたペーパーファンを使って会場を飾りました。ワントーンを意識して、色の濃さで変化をつけるといった工夫をすることで、統一感がありながらも華やかな会場になりました」(30代ママ)

会場の飾り付けにあわせて、ワントーンのペーパーファンを用意するといったアイデアもありました。レース柄やハート型などさまざまなデザインのペーパーファンもあるようなので、テーマや雰囲気にあわせたものを選ぶと、飾り付けしやすいかもしれませんね。

簡単に手作りしやすい飾り付け

子どものお世話をしながら簡単に手作りできる飾り付けアイテムには、どのようなものがあるのでしょうか。ママたちに、簡単に手作りしやすい飾り付けを聞いてみました。

紙コップタワー

「柄入りの紙コップにマスキングテープを使って1文字ずつ『Oh Babay!』と書きました。紙コップを重ねてピラミッド型のタワーを作ると、簡単にベビーシャワーらしい雰囲気の飾り付けが完成しました」(20代ママ)

デコレーションした紙コップでベビーシャワー用のタワーを手作りしたママがいるようです。紙コップに文字入れをするとき、アルファベットシールを使うときれいな仕上がりになったというママの声もありました。

フォトプロップス

「ベビーシャワーでは、集まった友だちと記念写真をたくさん撮ると考えて、撮影小物を用意しました。『BOY』と『GIRL』と書いた吹き出しのフォトプロップスを手作りし、主役となる友だちを囲んで赤ちゃんの性別を予想した写真を撮影して盛り上がりました」(40代ママ)

赤ちゃんの性別が男の子か女の子かを予想するフォトプロップスを手作りし、記念撮影をしたママがいるようです。赤ちゃんが誕生した後も、ベビーシャワー当日のことを思い出すことのできる記念アイテムのひとつになるかもしれませんね。

お祝いの気持ちを込めて飾り付けをしよう

抱擁
iStock.com/jacoblund

ベビーシャワーの準備をするとき、飾り付けをする場所やテーマを決めるとどのようなアイテムを用意するかイメージがしやすいようです。男の子や女の子など赤ちゃんの性別がわかっている場合、ガーランドやおむつケーキなどの飾りを用意するときに色を意識したというママもいました。

簡単に手作りできるアイテムもあるようなので作り方や飾り方に工夫し、妊娠中の友だちにとって記念に残るような飾り付けができるとよいですね。

2019年04月11日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧