妻への結婚記念日のプレゼント選びのポイントや意識したこと

妻への結婚記念日のプレゼント選びのポイントや意識したこと

30代、40代、50代まで愛用できるもの

妻へ贈る結婚記念日のプレゼント。せっかく贈るのであれば喜んでもらいたいですよね。今回は、プレゼント選びのポイントや、時計やネックレスなど妻へ贈った具体的プレゼント、30代から40代や50代など年代を重ねても使いやすいなど、選ぶときに意識したことを体験談を交えてご紹介します。

結婚記念日に妻に素敵なプレゼントを贈りたい

結婚記念日に、妻に喜んでもらえるプレゼントを用意したいと考えるパパもいるようです。また、2年目以降になると、どのようなプレゼントを贈るとよいのか悩む場合もあるかもしれません。

実際に、パパたちはどのような結婚記念日のプレゼントを用意したのでしょう。

妻へのプレゼント選びのポイント

結婚記念日のプレゼントには、どのような選び方のポイントがあるのでしょうか。パパたちに、妻に宛てたプレゼント選びのポイントを聞いてみました。

特別感のあるものを贈る

「子どもが生まれてからは、子ども中心の生活スタイルが基本なので妻が1人の時間を作りにくいのではないかと感じていました。そこで結婚記念日には特別感のあるプレゼントを贈りたいと思いました」(30代パパ)

特別感を感じるプレゼントはうれしいですよね。他には、妻が普段は自分ではあまり選ばないようなアイテムをプレゼントとして選んだというパパの声もありました。

普段使いしやすいものを選ぶ

ラッピングされたプレゼント
iStock.com/MicroStockHub

「結婚記念日のプレゼントは普段使いしやすいものがよいと思いました。日々の暮らしのなかで気軽に使ってもらいたいと思ったので、身につけるものを選びました」(40代ママ)

普段使いしやすいものを選んだパパもいるようです。日常生活に自然に溶け込むデザインは、普段から使いやすいことからママにも喜んでもらえるかもしれませんね。

記念日にちなんだものを贈る

「結婚記念日の記念として、形に残るものをプレゼントしたいと思いました。記念日を刻印した食器を贈ると、使わないときもインテリアとして飾って楽しむことができました」(50代パパ)

結婚記念日には、記念として残るものを贈りたいと考えるパパもいるようです。結婚2年目の記念日にはペアのアイテムなど、結婚した年数にちなんだ記念品を選んだというパパの声もありました。

結婚記念日に用意した妻へプレゼント

パパたちが、実際に結婚記念日に用意した妻へのプレゼントをご紹介します。

時計

「結婚2年目のとき、妻の育休期間が終わって仕事に復帰することになりました。そこで、応援の気持ちを込めて結婚記念日にシンプルな腕時計をプレゼントしたところ、仕事と休日どちらでもつけやすいと好評でした」(30代パパ)

「スワロフスキーや天然石を組みあわせたブレスウォッチをプレゼントしました。伸縮性のあるゴムにパーツを通してあるタイプを選ぶとつけ外ししやすく、子育て中にも使いやすいところが気に入ってもらえたようです」(20代パパ)

さまざまな服装にコーディネートしやすいシンプルな腕時計や、ブレスレットと腕時計を組みあわせたブレスウォッチをプレゼントしたパパもいました。他にも、子育て中は子どもといっしょに手洗いする機会が多いことから、防水加工がされているタイプの腕時計をプレゼントすると普段使いしやすそうだったパパの声もありました。

ネックレス

ネックレス
iStock.com/Missing35mm

「普段使いしやすいようにコットンパールのネックレスをプレゼントしました。妻がお気に入りのお店で用意すると『私の好きなお店まで知っいてくれて嬉しい』と喜んでくれました」(40代パパ)

「結婚10周年の記念にネックレスを贈りました。一粒ダイヤのネックレスは妻の友人とのお出かけや子どもの学校行事のときなど、シーンを選ばないようで『さりげないおしゃれとして取り入れやすい』と言ってくれています」(50代パパ)

ママに似合うと思うネックレスを結婚記念日にプレゼントしたパパもいるようです。ママの好みのデザインがわからないときは、いっしょにお店に行って好きなデザインを選んでもらうのも喜ばれるかもしれませんね。

「結婚した年数のバラを用意しました。妻に渡すと『いっしょにいる年数が花でわかるのは素敵』と言って嬉しそうでした」(50代パパ)

「結婚式のブーケに使った種類の花をプレゼントしたいと思いました。記念として残せるように透明ケースに入ったプリザーブドフワラーを選んだところ、インテリアとして飾って楽しんでくれているようです」(20代パパ)

結婚記念日に花をプレゼントしたパパもいました。妻に伝えたいメッセージを花言葉にのせてプレゼントするのも素敵ですね。

外食

「結婚式を挙げたホテルでのディナーをプレゼントしました。妻も私もお互い結婚した当時の気持ちを思い出し、子どももいっしょに『改めて今日からまたよろしく』と乾杯してお祝いしました」(30代パパ)

「結婚記念日には、つきあっていた頃によく行ったレストランで食事をしました。妻に内緒で予約していたメモリアルケーキといっしょに記念撮影する際に、少し涙を浮かべた妻の顔を見て、計画してよかったと思いました」(40代パパ)

結婚記念日に思い出のお店で外食を楽しむのもよいかもしれません。なかには、毎年同じお店を予約し、1年を振り返りながら夫婦で食事を楽しむというパパの声もありました。

妻へのプレゼントを選ぶときに意識したこと

結婚記念日にプレゼントを選ぶとき、どのようなことを意識するとよいのでしょうか。妻へのプレゼント選びで意識したことをパパたちに聞いてみました。

妻の好みにあわせる

「妻の普段の服装から、どのようなものが好きなのか意識しました。妻の好みにあわせたアイテムを贈ることで、長く愛用してもらえると思いました」(30代パパ)

ママの好みを意識してプレゼントを選んだパパがいるようです。ママが愛読している雑誌や持っている雑貨の雰囲気から、好みをリサーチしてプレゼントしたというパパの声もありました。

長く使えるものを贈る

「ネックレスなどのアクセサリーを贈るときは、長く使えるデザインがよいと思いました。今は30代の妻が40代や50代になったときにも使いやすいような定番のデザインを選びました」(30代パパ)

年代が変わっても使いやすいことを意識してプレゼントを選んだパパがいるようです。身につけるものを選ぶときは、服装のテイストが変わっても使いやすいかどうかを意識してプレゼントを選べるとよいかもしれませんね。

結婚記念日にプレゼントを用意しよう

夫婦
iStock.com/tantake

結婚記念日に妻へプレゼント選びでは、結婚2年目以降になると今年はどのようなものを選ぶとよいのか迷うパパもいるようでした。プレゼント選びのポイントには、特別感のあるものや普段使いしやすいものなどがあるようです。

時計やネックレスを贈るときは、30代や40代から50代になっても使いやすいものを選ぶなど工夫して記念になるプレゼントを用意できるとよいですね。

2019年03月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧