子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年01月17日

2歳の誕生日を楽しくお祝い!当日の過ごし方やプレゼントを紹介

2歳の誕生日を楽しくお祝い!当日の過ごし方やプレゼントを紹介

言葉を話し始めたり、食べ物の好みも出始めたりする2歳頃の子ども誕生日をどうお祝いしようか迷っているパパやママも多いのではないでしょうか。誕生日の過ごし方、プレゼントやお料理、ケーキなど、2歳の誕生日をどうお祝いしたか、子どもたちの様子を含めてママたちに聞いてみました。

2歳の誕生日の過ごし方

2歳になると誕生日=特別な日というのが分かり始める時期のようです。みんなで集まったり、ご馳走を用意したりするなど、普段の様子と違うのが子どもにも伝わるでしょう。

ママたちも1歳の誕生日とは違った思いで準備をすすめることが多いようです。

おうちで楽しく

「2歳の誕生日当日は自宅で家族3人で過ごし、別の日に実家に帰って祖父母、妹家族と賑やかにお祝いをしました」(30代6歳児のママ)

「アルバムを作ってバースデーバナーやぬいぐるみ、ミニカーなどといっしょに飾りました。アルバムは息子もよく見てくれたので頑張って作った甲斐がありました」(30代2歳児のママ)

「家族3人でスタジオに行って記念撮影をし、夕食は自宅でお祝いの食事をしました。『ハッピーバースデートゥーユー』と楽しそうに歌って『〇〇くん2歳!』と嬉しそうに何度も言っていました」(30代2歳児のママ)

2歳の誕生日はパパやママ、祖父母とおうちでお祝いした人が多いようでした。写真を撮ったりお祝いの歌を歌ったり、子どももパパやママも楽しく過ごしているようです。

友だちといっしょに外でお祝い

「友だちとファミリーレストランへ行きました。お店の人が写真を撮ってくれたり、プレゼントやデザートをいただいたり、誕生日気分が盛り上がりました」(40代2歳児のママ)

「ランチに行ったとき、友だちがサプライズで子どもの2歳の誕生日を祝ってくれました」(30代3歳児のママ)

2歳の誕生日を友だちとお祝いした人もいるようです。家族以外の人からも祝福してもらって子どもも喜びそうですね。

2歳の誕生日プレゼント

遊園地やテーマパークにお出かけ

メリーゴーランド
T.TATSU/Shutterstock.com

「踏み切りが大好きなので、2歳の誕生日に鉄道のテーマパークに連れて行きました。踏み切りの前から離れず、どれだけ見ても飽きないようでした」(30代2歳児のママ)

「1泊2日でおもちゃのテーマパークに行きました。ステージを見たり、コーヒーカップやメリーゴーランドに乗ったりして親子ともに楽しめました」(30代3歳児のママ)

水族館や動物園にお出かけしたという方や、「子どもが近所の公園と消防署に行きたがったので連れていくととても満足そうだった」というママもいました。遠くへお出かけしなくても子どもが行きたがる場所へ連れていってあげるのもよいかもしれません。

物をプレゼントするだけではなく、楽しい時間をプレゼントするのも素敵ですね。

男の子へのプレゼント

「お絵かきボードをプレゼントしました。描いたり消したりできるのが面白いようで喜んでいました。2歳9カ月になった今もよく絵を描いて遊んでいます」(30代2歳児のママ)

「2歳の誕生日プレゼントは祖父母に三輪車を買ってもらいました。今は親が押してお出かけしていますが、いずれ自分で乗れる日を祖父母も楽しみにしています」(30代2歳児のママ)

「2歳児の体の大きさに合うリュックサックをプレゼントしました。毎日自分で嬉しそうに背負って出かけるので、実用品もよいなと感じました」(40代3歳児のママ)

子どもの好みに合いそうなもの、長く遊べるものを選ぶママやパパが多いようです。

女の子へのプレゼント

「2歳の誕生日にぬいぐるみをプレゼントしました。いっしょに寝るなど、いつもそばに置いて大切にしています」(30代4歳児のママ)

「ダンボール箱を使って夫婦でおもちゃのキッチンを手作りしました。楽しそうによく遊んでいます」(40代2歳児のママ)

「体を動かすのが好きな子どもなので、室内用ジャングルジムを選びました。毎日遊んで上まで登れるようになりました」(40代3歳児のママ)

プレゼントを子どもといっしょに選んだママもいましたが、パパやママが子どもの喜びそうなものを考えて用意した人が多いようでした。 

子どもが喜ぶ誕生日の料理

おかずのデコレーション

「子どもが好きなキャラクターの顔を、コロッケの上に海苔や魚肉ウインナーを乗せて作りました。うずらの卵やきゅうりをキャラクターのピックで刺し、チーズやゼリーもキャラクターで揃えてあげると大喜びでした!」(30代9歳児、5歳児、2歳児のママ)

「キャラクターの顔をチキンライス、マントをハンバーグで作りました。チーズやにんじん、海苔を使って他のキャラクターも作りました」(30代2歳児のママ)

普段の食事は簡単にできるものばかりだけど、年に1度の特別な日なので時間をかけて用意したと話すママもいました。

大好きなメニューを食卓に

「ピザ生地の上にきのこやピーマン、チーズなどいろいろな具材を乗せてオーブンで焼きました。手間がかからず子どもが喜ぶものを用意しました」(30代2歳児のママ)

「息子が好きな昼食メニューをかわいく盛り付けしました。たまご焼きに海苔をつけて電車と線路にし、にんじんとハムを抜き型で音符などの形にしました。全部きれいに食べてくれました」(30代2歳児のママ)

2歳の子どもを喜ばせようというママたちの気持ちが伝わってきます。たこ焼きを大盛りにして驚かせたというママもいました。好きなメニューが食卓に並ぶと嬉しいですね。

ケーキ

「子どものリクエストでケーキに見立てたプリンを作りました。2歳児の顔の2倍くらいある大きなプリンを切らずにそのまま食べさせると満面の笑顔が見られました」(40代2歳児のママ)

「子どもの似顔絵を描いてくれるケーキ屋さんに注文しました。祖父母も驚くほど似ていて食べるのがもったいないぐらいでした」(40代3歳児のママ)

誕生日ケーキも楽しみの一つですね。イチゴをたくさん使ったケーキを手作りしたというママもいました。

年齢の数のろうそくを吹き消すのもよい思い出になりそうです。

記憶に残る2歳の誕生日を

お誕生日ケーキと子ども
iStock.com/key05

子どもはもちろんママやパパにとっても嬉しい誕生日にしたいですね。2歳になったばかりだとまだ希望を伝えられないこともあるので、子どもが喜ぶことをママやパパがいっしょに考えてあげるとよさそうです。

子どもの気持ちに寄り添い、どのように誕生日の日を過ごしたいのか家族で話し合ってみてはいかがでしょうか。

イベントの関連記事
カテゴリ一覧