ハーフバースデーに王冠を作ろう。画用紙などを使った作り方とは

ハーフバースデーのお祝いをするとき、100均などで買える材料を使って赤ちゃんにかわいい王冠を手作りしたいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回は、フェルトや紙コップ、画用紙を使った簡単な王冠の作り方やアレンジ方法について、手順に沿った写真や体験談を交えてご紹介します。

ハーフバースデーの王冠を手作りしよう

赤ちゃんが生後6カ月を迎えるとき、ハーフバースデーをお祝いしようと考えるママもいるのではないでしょうか。お祝いの仕方はさまざまあるようですが、なかには赤ちゃんの頭を飾りつける目的で王冠を準備したいと思うママもいるかもしれません。ママたちは、ハーフバースデーのどのようなシーンに赤ちゃんに王冠を用意したのでしょうか。

「ハーフバースデーのパーティーをするときに手作りの王冠を用意しました。かぶせると赤ちゃんはキョトンとしていましたが、私たちの『かわいい!』という声に喜んでいるようでした」(30代ママ)

「ハーフバースデーに寝相アートで記念撮影をしようと考えました。赤ちゃんに『1/2』と描いた画用紙の王冠を手作りしてかぶせるととてもかわいらしくなり、よい記念写真が残せました」(20代ママ)

ハーフバースデーのパーティーや記念撮影をしたいときに、特別なお祝いの雰囲気になるよう王冠を準備したママもいるようです。

王冠は、赤ちゃん用品の売り場でも購入することができるようですが、簡単に手作りすることもできるようです。実際に、ママたちにフェルトや画用紙を使った王冠の作り方を聞きました。

フェルト王冠の作り方

100均などでも手軽に購入できるフェルトを使ってハーフバースデーの王冠を作ることができるようです。

準備するもの

・フェルト 60cm×20cm 2枚
・ハサミ
・針
・糸
・マジックテープ

王冠にデコレーションをしたいときは、この他に小さなポンポンや数字のワッペンなどを準備してもよいかもしれません。

作り方

フェルトの王冠

フェルトをそれぞれ王冠の形にカットします。

フェルトの王冠

2枚のフェルトを重ね、返し口として1か所を10cm程度あけて1周縫います。

フェルトの王冠

返し口から少しずつ布を引き出して裏返し、角などの形を整えたら縫って閉じます。

フェルトの王冠

両端にマジックテープを縫いつけます。このとき、頭に巻きつけられるよう、マジックテープを縫いつける面に注意しましょう。

フェルトの王冠

好みの飾りつけをして完成です。

フェルトを使った、やわらかい王冠ができるようです。マジックテープの幅を広めにとれば、赤ちゃんの頭のサイズにあわせて調整しやすいかもしれません。デコレーションする数字の部分を別のパーツとして作り、マジックテープでつけ替えができるようにしておけば、1歳や2歳の誕生日にも使えそうですね。

フェルトクラウン/KIDSNA公式チャンネル

紙コップ王冠の作り方

カラフルな紙コップ
iStock.com/clu

紙コップを使って、小さな王冠を作ることもできるようです。ここでは、紙コップと水切りネットを使ったかわいらしい王冠の作り方をご紹介します。

準備するもの

・紙コップ(高さ8cmくらいのサイズ)
・ヘアゴム 1本
・水切りネット 白10枚程度、色違いを4枚程度
・ダンボール
・ハサミ
・キリ
・両面テープ(またはボンド、セロテープ)
・油性ペン

水切りネットは王冠の台座部分にフリルのような飾りつけをするために使うようです。白以外にもピンクや黄色などの色違いを2色ほど用意しておくと仕上がりの見た目がよりかわいくなるかもしれません。

作り方

紙コップ王冠の作り方

紙コップをハサミで王冠の形にカットします。底の部分には細かい切り込みを入れて平らに広げておきます。

紙コップ王冠の作り方

色のついた水切りネットの口と底の部分を切り取り、半分に切ります。

紙コップの底より一回り大きくダンボールを切り、フチに両面テープを貼ります。

紙コップ王冠の作り方

カットした水切りネットを、ひだを作りながら両面テープに貼りつけるとフリルのついた台座ができます。

次に、台座部分と紙コップの繋ぎ目につけるシュシュを作ります。白い水切りネットの口のみを切り取り、ヘアゴムに結びつけていきます。隙間なく1周結ぶとシュシュができます。

紙コップ王冠の作り方

シュシュを紙コップに通し、フリルの台座に両面テープで貼りつけます。

紙コップ王冠の作り方

紙コップの底にキリで2箇所穴を空け、ゴムを通して完成です。

ハーフバースデーを迎える赤ちゃんにぴったりの、小さな王冠ができ上がるようです。シュシュの部分は、お好みのボリュームにあわせて水切りネットの数を調整するとよさそうです。

水切りネットの底のほうに、100均などで買えるラメやビーズなどを入てから結びつけるとキラキラとしたかわいい飾りになるかもしれません。

紙コップ王冠/KIDSNA公式チャンネル

画用紙王冠の作り方

カラフルなが画用紙
© Daniel - Fotolia

画用紙を使って王冠を手作りしたママもいるようです。ここでは、カラフルでかわいい王冠の簡単な作り方をご紹介します。

準備するもの

・色画用紙 (B4サイズ)
・輪ゴム
・ハサミ
・ホッチキス

色画用紙は、使いたい色をお好みで選んで用意するとよいようです。紙の色は、バラバラにしたり、2色を交互に並べたりしてもかわいいかもしれません。

作り方

1.色画用紙を4等分にします。

2.1枚を半分に折り、三角形になるようハサミで切ったものを7枚作ります。

3.三角形を等間隔にずらしながら重ねて並べ、のりづけします。

4.端の三角形の下の角を折返し、輪ゴムを通してホッチキスで留めます。

5.もう一方の端の三角形も同じように折り返し、先程通した輪ゴムを通してから留めると完成です。

画用紙を使って簡単にカラフルな王冠が作れるようです。画用紙を使うことで、赤ちゃんの頭のサイズにあわせて、三角形の大きさや山の数などを調整しやすいかもしれません。

王冠のアレンジ方法

ハーフバースデーの王冠をアレンジするアイデアにはどのようなものがあるのでしょう。実際に、ママたちがしたアレンジ方法について聞いてみました。

名前を入れる

「100均で買ったスパンコールテープを使って王冠に子どもの名前を入れました。とてもかわいらしくなり、キラキラとした飾りに赤ちゃんも興味をもったようでした」(20代ママ)

王冠に名前を入れることで、その子だけのものという特別感が出るかもしれません。他にも、アルファベットのワッペンや、ビーズなどを使って名前を入れたというママの声もありました。

王冠の形を工夫する

「画用紙で作る王冠の形を、ティアラ風にアレンジしました。赤ちゃんに用意した、チュールドレスともぴったりでとてもかわいくなりました」(30代ママ)

ハーフバースデーに、赤ちゃんに用意した衣装にあわせて王冠の形をアレンジしたママもいるようでした。他にも、フェルトや布で作る際、なかに綿を入れることでふっくらとしたフォルムの王冠にしたというママの声もありました。

赤ちゃんにかわいい王冠を準備しよう

王冠を持つママと赤ちゃん
© filirovska - Fotolia

ハーフバースデーを迎える赤ちゃんに、フェルトや紙コップ、画用紙などを使って王冠を手作りしたママもいるようでした。今回ご紹介した王冠の作り方や100均でも買える材料でのアレンジ方法も取り入れながら、赤ちゃんにかわいい王冠を準備してみてはいかがでしょうか。

2018年12月03日

イベントの関連記事

カテゴリ一覧