バレンタインのポップケーキ作り。簡単でかわいいレシピやラッピング

バレンタインのポップケーキ作り。簡単でかわいいレシピやラッピング

市販のお菓子をアレンジするだけレシピ

バレンタイン用のポップケーキのレシピやラッピングのアイデアを知りたいママもいるかもしれません。今回の記事では、クッキーやスティック菓子など市販の材料やたこ焼き器などを利用した簡単なレシピや、かわいいラッピング方法などについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

バレンタインに子どもとポップケーキを作ろう

バレンタインのお菓子作りに、子どもとポップケーキを作ろうと考えるママもいるようです。実際にポップケーキを手作りしたママに、選んだ理由を聞いてみました。

「市販の材料を使えば子どもでも簡単にできそうと思いポップケーキを選びました。デコレーションすると見映えがよいので、たくさん作って友だちみんなに配るのによいと思いました」(30代ママ)

「ポップケーキは、スティックを使った見た目が少し変わっていてかわいいなと思っていました。作り方を調べたら意外と簡単にできそうだったのでポップケーキを選びました」(20代ママ)

子どもとでも簡単に作れそうなことや、見た目のかわいさなどからポップケーキを選んだママもいるようです。ママのなかには、トッピングの工程は子どもたちに任せて楽しんで飾りつけてもらったという声もありました。

ポップケーキを簡単に作る材料

ポップケーキを簡単に作りたいとき、どのような材料を使うと簡単なのか知りたいママもいるかもしれません。実際に、ママたちが使った材料を聞いてみました。

カステラ

切ってあるカステラ
iStock.com/ahirao_photo

「カステラを崩して使いました。カステラは生地がしっとりしているので、生クリームやバターの量が少なくてもボロボロになりにくくまとまりやすいように感じました」(30代ママ)

「駄菓子として売っている一口サイズのカステラを利用しました。生地を崩したりまとめたりする手間もなく、スティックを刺して周りにコーティングをするだけなので簡単にかわいいポップケーキができました」(30代ママ)

市販されているカステラを使ったレシピでポップケーキを作ったママもいるようです。生地に甘みがあるので、コーティングするチョコは甘さを抑えたものを利用するとちょうどよかったというママの声もありました。

ホットケーキミックス

「ホットケーキミックスとたこ焼き器を使って生地を作りました。ホットケーキの材料を作り、たこ焼き器に流し入れてたこ焼きを作るように全体に火を通せばでき上がりです」(40代ママ)

「自宅にあるもので簡単に作りたいと思い、ホットケーキミックスを使いました。シリコン製の一口ドーナツの型を使って作るとかわいいポップケーキができました」(30代ママ)

ポップケーキの生地にホットケーキミックスを使ったママもいるようです。ホットケーキミックスを使うことで、粉類を軽量したり混ぜたりする手間がなく、子どもと簡単に手作りしやすいかもしれませんね。

クッキー

「クリームがサンドされたクッキーを使いました。クリームの部分にスティックをさして、全体にチョコをコーティングするだけなので手軽に作ることができました」(30代ママ)

「クッキーを土台にしたポップスティックを作りました。表面が平らなクッキーを使うことで、デコレーションするときにも安定しやすいと感じました」(40代ママ)

クッキーを利用してポップケーキを作ったママもいるようです。スポンジ生地ではなくクッキーを使うことで、違った食感を楽しめるかもしれませんね。

ポップケーキのアレンジアイデア

バレンタイン向けや子どもに喜ばれるようにポップケーキをアレンジしたいと考えるママもいるかもしれません。ママたちが作ったアレンジレシピを聞いてみました。

ハートのチョコポップケーキ

ハートのチョコポップケーキ
Irina Shomova/Shutterstock.com

「湯煎で溶かしたチョコにパフやドライフルーツを混ぜ、ハートの型に入れて冷やし固めたものを2つ作ります。溶かしたマシュマロを接着剤として、2つのチョコでスティックをサンドしたら完成です。チョコにトッピングを混ぜるだけなので簡単にできました」(30代ママ)

チョコをメインとしたポップケーキのアイデアのようです。ママのなかには、チョコをストロベリー味にするとピンク色で子どもに喜ばれたという声もありました。

キャラクターのポップケーキ

「子どもが好きなクマのキャラクターのポップケーキを作りました。丸いケーキを顔に見立てて、耳になる部分にスライスアーモンドを、顔の下部分にスティックをさしてから全体にホワイトチョコをコーティングします。チョコが固まったら、デコペンなどを使って顔を描けば完成です」(30代ママ)

キャラクターのポップケーキを作ったママもいるようです。ママのなかには、子どもの友だちに配ったら、とても喜んでくれたという声もありました。

スティックも食べられるポップケーキ

「スティックも食べられたらおもしろいかなと思い、市販のスティック菓子を使って作りました。土台の生地を作ったら、市販のスティック菓子をさしてチョコをコーティングします。チョコが冷えたらアザランなどをトッピングすれば完成です。『最後まで食べられる』と子どもも喜んでいました」(30代ママ)

スティックも食べられるようなアレンジをしたママもいるようです。ママのなかには、スティック部分に塩気のあるお菓子を使うとケーキ部分の甘みにマッチして大人もおいしく食べられるという声もありました。

ポップケーキのラッピングアイデア

バレンタイン用にポップケーキを作ったら、ラッピングをして配りたいと思うママもいるかもしれません。ママたちにかわいいラッピングの仕方を聞いてみました。

ポップケーキを束ねる

「ケーキ部分を1本ずつラッピングしたら、何本かをまとめて束ねて縛ると花束のようになりました。上からラッピングペーパーを巻くと華やかなラッピングができました」(30代ママ)

ポップケーキを束ねて花束風のラッピングをしたママもいるようです。バレンタインのパーティではコップに挿して飾っておき、デザートにみんなで食べたら盛り上がったというママの声もありました。

透明フィルムとリボンを使う

「ポップケーキはケーキ部分がかわいいので、それを活かせるようにラッピングしようと思いました。透明フィルムをケーキに被せてリボンなどで縛るだけで、かわいいラッピングになりました」(30代ママ)

透明フィルムやリボンを使い、ポップケーキのデコレーションを活かしたラッピングをすることもあるようです。ママのなかには、たくさん作って皆に配りたいときはリボンではなく、モールやマステを使うと便利だったという声もありました。

バレンタインに子どもとポップケーキ作りを楽しもう

お菓子作りをする親子
iStock.com/Milatas

バレンタインにポップケーキ作りを楽しみたいと考えるママもいるようです。市販のクッキーやたこ焼き器を使ったレシピは簡単で子どももいっしょに楽しめるかもしれません。

スティックまで食べられるケーキにしたり、かわいいラッピングにするなど工夫してバレンタインに素敵なポップケーキを贈れるとよいですね。

2018年10月20日

イベントの関連記事

カテゴリ一覧