子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

お宮参りの産着はレンタルと購入どちらがよい?産着の着方や男の子女の子別の選び方

お宮参りの産着はレンタルと購入どちらがよい?産着の着方や男の子女の子別の選び方

お宮参りで赤ちゃんに産着を着せたいと考える場合、レンタルと購入どちらがよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、産着を用意する手段と、男の子女の子別の産着の選び方や着方、産着の中の服装についてご紹介します。

お宮参りの産着はどう用意する?

赤ちゃんのお宮参りでは、産着を着せたいと考えるパパやママもいるのではないでしょうか。産着を着せる場合、レンタルするべきか購入するべきか、悩むこともあるかもしれません。ママたちに産着をどう用意したのか聞いてみました。

購入

「インターネットで産着を調べたところ、予算内で購入できたので購入しました。仕立て直して七五三で着ることもできるので、今から楽しみです」(30代ママ)

「両親が買ってくれると言ったので購入しました。近くの呉服店で、素材や柄など好みのものを選ぶことができました」(20代ママ)

仕立て直して七五三のときに着ることや、兄弟姉妹や代々受け継いだりすることを考え、産着を購入したママもいるようです。安くない買い物なので、実際にお店に足を運び素材や色柄などを確認して購入したというママの声もありました。

レンタル

「記念撮影を行ったフォトスタジオでレンタルしました。撮影後、お宮参りに行くときもそのまま産着を着て行けたので、産着のレンタルと記念撮影が一気にできて助かりました」(20代ママ)

「インターネットでレンタルしました。たくさんある中から好みのものを選べて、着た後はそのまま返送すればよいので、お店に行く手間もなく楽でした」(40代ママ)

近くの呉服店やインターネットなど、さまざまな方法でレンタルができるようです。比較的手頃な価格で着ることができ、着用後の洗濯や保管が必要なく手軽という点がレンタルの魅力のようです。

お宮参りの産着の選び方

お宮参りの産着はどのようなものを選ぶとよいのでしょうか。男の子女の子別に選び方のポイントを聞いてみました。

男の子

「強くて元気なイメージがよいと思い、黒地に鷹が描かれた産着を選びました。男の子は家紋を入れたほうがよいということで、父方の家紋を入れるようにしました」(30代ママ)

男の子の場合、強さや気高さなどのイメージから兜や鷹がよく選ばれているようです。色は黒や紺が一般的ですが、他に緑や青、グレーなどもあるそうです。家紋を入れる場合は、両胸、背中、裏側の両袖の計5カ所に家紋を入れるとよいとされています。

女の子

「産着の色は赤とピンクで迷ったのですが、優しい雰囲気にしたかったのでピンクの花の柄の産着を選びました」(40代ママ)

女の子の場合、美しさやかわいらしさというイメージから、花柄や手毬、御所車の柄が選ばれているようです。色は赤やピンクなどが多く見られますが、黄色や水色などの華やかな色もあるそうです。

産着の着方

産着を始めて着せる場合、どのように着たらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。産着を着るときに用意するものと着せ方についてご紹介します。

用意するもの

・産着
・襦袢
・帽子
・よだれかけ

裾や袖口などしかけ糸がある場合は事前に外しておきましょう。産着と襦袢は、予めあわせて準備しておくとスムーズに着ることができるようです。

産着の着方

「家で、襦袢と着物の紐を重ねて、それぞれの袖に紐を通しておいたものを神社に持っていき、神社についてから産着を着ました。赤ちゃんを抱っこして上から産着と襦袢をあわせたものを被せてから、紐は赤ちゃんとは反対側にかけて肩の後ろの辺りで結びました」(30代ママ)

「産着を着せる前に、先によだれかけと帽子をかぶるようにしました。母に産着を着せてもらった後、よだれかけを着物の外に出し、お守り袋も着物の紐に結んでもらいました」(40代ママ)

産着の着方を確認するために、事前に1度着てみるのもよいかもしれません。帽子とよだれかけは、必ずつけなければならないものではないようなので、気候や赤ちゃんの様子にあわせてあげるとよいようです。

産着の中の服装

産着の中はどのような服装をしたらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。産着の中はどのような服装をしたのか聞いてみました。

普段着のロンパース

ロンパース
iStock.com/dragana991

「暑い時期だったので、普段着ているロンパースを着せました。産着を被せてしまえば赤ちゃんの服装はわからないのでなるべく暑くない服装を考えました」(30代ママ)

「寒い日だったので産着の中は、足先まで温かいフリースのカバーオールを着て寒さ対策を万全にして行きました」(20代ママ)

普段着ている服装だと赤ちゃんもリラックスできるかもしれませんね。季節や天気にあわせて、暑い日は熱がこもらないように気をつけたり、寒い日は防寒したり、赤ちゃんのすごしやすい服装を選んであげるとよさそうです。

ベビードレス

「お宮参りのときは、産着の中もかわいく着せたいと思いベビードレスを着ました。お宮参り後の食事会などで写真を撮ったときも写真映えしました」(40代ママ)

「退院用に購入したベビードレスをお宮参りのときに着せました。新生児のときとはまた違う可愛さで、着せてよかったなと思いました」(20代ママ)

レースやフリルのついた豪華なものや、男の子ようにタキシード風のベビードレスもあるようです。ベビードレスを着ることで、赤ちゃんの大切なお祝いをより特別な感じにしてあげられそうです。

袴風のロンパース

「お店で袴風のロンパースを見つけたときは、お宮参りにぴったりだと感じついつい購入してしまいました。お正月や初節句も着ようと思います」(30代ママ)

産着の雰囲気にあう服装ということで、袴風のロンパースも売られているようです。袴風のロンパースは産着を着ない場合でもお宮参りの雰囲気にあうかもしれません。

産着を着て思い出になるお宮参りをしよう

産着を着た赤ちゃん
titidsn/Shutterstock.com

お宮参りのときの産着は購入するママとレンタルするママとがいるようですが、男の子女の子それぞれの色柄の選び方は、家族と相談しながら選ぶとよいかもしれませんね。産着の着方は事前に練習などして確認し、産着の中の服装は、季節や天気にあわせて赤ちゃんのすごしやすい服装を選ぶとよさそうです。産着を着て思い出に残るようなお宮参りができるとよいですね。

2018年09月20日

イベントの関連記事
カテゴリ一覧