年賀状で使う家族写真のおしゃれなアイディア。ママたちに聞いた演出や工夫など

年賀状で使う家族写真のおしゃれなアイディア。ママたちに聞いた演出や工夫など

家族写真を使った年賀状を作るときに、おしゃれなアイディアや演出方法が知りたいママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、年賀状に使う家族写真のおしゃれなアイディアや演出の他に、写真を撮るときに気をつけていたことを体験談を交えてご紹介します。

年賀状で使う家族写真はどうしてる?

年賀状で使う家族写真を、ママたちはどのように選んでいるのか聞きました。

「毎年の年賀状で使う家族写真は、旅行に行ったときの写真や子どもの行事の写真を使っています。今年はどうしようかなと悩んでいます」(20代ママ)

「年賀状の家族写真は、見た人が笑顔になるような写真にしたいと思うのですが、どのようにしたらおしゃれな構図になるのかわからないので撮り方のアイディアを知りたいと毎年のように思います」(30代ママ)

年賀状で使う写真は、家族で行った旅行や行事などのイベントといった写真を使う場合もあるようですが、あえて自然体の家族の姿の写真を使おうと考えることもあるようです。ママのなかには、年賀状の家族写真がマンネリ化してきたので、撮り方のバリエーションを増やしたいという声もありました。

実際に、年賀状に使うおしゃれな家族写真にはどのようなアイディアがあるのかママたちに聞いてみました。

おしゃれな家族写真のアイディア

年賀状用の家族写真を撮るとき、おしゃれなアイディアが知りたいママもいるのではないでしょうか。実際にママたちに聞いたおしゃれな家族写真のアイディアをご紹介します。

リンクコーデをする

「家族それぞれが持っているボーダーのロンTにデニムパンツを着て、家族でリンクコーデをしました。ボーダーの太さや色が違っても服装を揃えるだけでおしゃれに見えます。年明けに会ったお友だちにも好評でした」(30代ママ)

リンクコーデは、家にあるもので色や柄を揃えるだけでもおしゃれな雰囲気を演出できることから取り入れやすいアイディアかもしれませんね。ママのなかには、帽子やメガネなどの小物も揃えてリンクコーデをしたという声もありました。

小物を使う

フォトプロップス
iStock.com/yukihipo

「子どものお誕生日で使ったアルファベットのガーランドの文字をお正月用に『HAPPY NEW YEAR』にアレンジして家族写真を撮りました。ガーランドを持つだけでおしゃれな雰囲気の写真になりました」(20代ママ)

「年賀状用の家族写真として、手作りのフォトプロップスを使いました。持ち方を工夫しながら家族で楽しく盛り上がり、素敵な写真が撮れました」(30代ママ)

小物使いを工夫することで、おしゃれな家族写真を撮ることもできそうです。ガーランドの文字や、小物の使い方について家族でアイディアを出しながら、写真を撮るのも楽しいかもしれません。

ポージングにこだわる

「今年の年賀状の家族写真は家族が並び、それぞれの手を使って来年の数字とハートなどを作りました。いつもはピースサインが多いのですが、ポージングを変えるだけでも、おしゃれな写真に仕上がったと思います」(40代ママ)

おしゃれな家族写真を撮るために、ポージングを工夫したママもいるようです。寝転んだり、円陣を組むなどしても、仲のよさが伝わる家族写真が撮れそうですね。他には、家族でいっしょにジャンプした瞬間の写真を撮ったというママのアイディアもありました。

家族写真をおしゃれに演出するコツ

年賀状に使う家族写真を、一味違った演出方法や工夫でおしゃれに撮りたいと考えるママもいるかもしれません。実際に、ママたちがしたおしゃれな演出方法やコツについて聞きました。

自然な姿を撮る

「普段の何気ない子どもを抱き上げる仕草ひとつでも、アングルに工夫したり子どもが嬉しそうな姿を中心とした写真にすると、一味違ったおしゃれな雰囲気が演出できます。今年は、子どもと手を繋いで歩く家族写真を撮ろうかなと思っています」(30代ママ)

家族の自然な笑顔や姿を撮ることで、おしゃれな雰囲気が演出できたというママがいました。家族で出かけるときや旅行に行く際はカメラを持ち歩き、自然な姿を意識して写真に収めてみるのもよいかもしれません。

ロケーションにこだわる

公園で遊ぶ家族
iStock.com/Yagi-Studio

「おしゃれな家族写真を撮ろうと、我が家はロケーションにこだわってみました。家族でよく行く景色のよい場所で撮ったところ、年賀状を見たお友だちから『行ってみたい』と好評でした」(40代ママ)

家の近くや住んでいる街のお気に入りの場所で家族写真を撮るなど、ロケーションにこだわるのもよいのではないでしょうか。カフェや海、山や公園などの撮る場所によっても素敵な雰囲気の家族写真が撮れそうですね。

画像加工をする

「家族写真をモノクロに加工したり、アプリのフィルタ機能を使って明るさを調節するなどするだけでもおしゃれな雰囲気が演出できます」(30代ママ)

家族写真を、アプリを使っておしゃれな色や雰囲気に加工したママもいるようです。スタンプやフレームなどで画像のデコレーションをしてもおしゃれな家族写真に仕上がりそうですね。

家族写真を撮るときに意識したこと

家族写真を撮るときには、どのようなポイントを意識するとよいのでしょう。ママたちが意識したポイントについて聞きました。

カメラと目線の高さをあわせる

「家族写真を撮るときには、カメラと目線の高さをあわせるように意識しています。子どもの目線にあわせることで、親しみを持ちやすい家族写真に仕上がると思います」(30代ママ)

家族写真を撮るときに、カメラと目線の高さを子どもにあわせていたママもいるようです。大人ではなく子どもの目線にあわせて撮ることで、普段とは違う落ち着いた雰囲気が演出できるかもしれませんね。

光のバランスを考える

「家族写真を撮ったときに、逆光で顔が暗くなったり、暗い場所でフラッシュをたいたときに目が赤くなることがありました。光の当たり具合を工夫したりその場で撮った写真を確認するように心がけています」(40代ママ)

おしゃれな写真になるよう構図やバランスに工夫しても、逆光や光の当たり具合によっては、失敗してしまうこともあるようです。撮影のときは角度を変えて何枚か撮っておき、そのなかからベストショットを選べるとよさそうですね。

家族写真を使ったおしゃれな年賀状を作ろう

家族の風家
iStock.com/Rawpixel

年賀状に使うおしゃれな家族写真の撮り方には、さまざまなアイディアがあるようでした。服装や小物、ロケーションなどにこだわるといった工夫をしながら、新年の挨拶にぴったりの素敵な家族写真が撮れるとよいですね。

2018年08月19日

イベントの関連記事

カテゴリ一覧