子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

ハロウィンの赤ちゃんの仮装。 100均グッズやベビーグッズで手作りする方法

ハロウィンの赤ちゃんの仮装。 100均グッズやベビーグッズで手作りする方法

赤ちゃんと過ごすハロウィンに、かぼちゃや魔女などベビー用の仮装を手作りしたいママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、100均グッズなどを使ったコスチュームの作り方のほかに、ママたちに聞いた衣装選びのポイント、赤ちゃんとのハロウィンを楽しむコツをご紹介します。

ハロウィンの赤ちゃんの仮装

ハロウィンに、赤ちゃんも仮装させていっしょに楽しみたいと考えるママもいるのではないでしょうか。ママのなかには、赤ちゃんの時期ならではのかわいい仮装姿を楽しみに衣装を用意することもあるかもしれません。

赤ちゃん用品売り場には、ベビーサイズのハロウィンの衣装や仮装風のベビー服なども販売されるようですが、ママのなかにはベビー用の仮装を手作りする方もいるようです。実際に、ママたちがどのように準備しているのか聞きました。

ハロウィン衣装を手作りする方法

赤ちゃん用の仮装を手作りしたママたちに聞いた、100均グッズやベビーグッズを使った簡単なコスチュームの作り方をご紹介します。

ジャック・オー・ランタン

1.大きめのオレンジ色のTシャツを用意します。

2.裾の折り返しになっている部分にゴムを通し、ゴムの長さを調節して裾をしぼります。

3.かぼちゃのようなシルエットにして、フェルトなどで作った目や口をつけて完成です。

用意するTシャツはベビー服よりも大きいサイズのTシャツや、大人用を使うとボリュームが出るので仮装のコスチュームらしくなるかもしれません。Tシャツの首元に緑のフェルトで襟をつけると、よりかぼちゃらしくなりそうですね。

魔女

iStock.com/GOLFX

1.100均などにある仮装用のマントを用意します。

2.裾をギザギザ模様にカットしたり、ファーをつけたりしてデコレーションしましょう。

3.ワッペンやリボンなど好みの飾りをつけて完成です。

マント以外にも、魔法の杖や帽子などハロウィン用の仮装グッズを販売している100均もあるようなので、お揃いのデコレーションをしたコーディネートにしてもよさそうです。男の子なら、蝶ネクタイをつけてドラキュラ風のアレンジにしても楽しめるかもしれません。

おばけ

1.ベビー用の白いチュチュを用意します。

2.黒いフェルトで、おばけの目や口などのパーツを作ります。

3.チュチュの好きな位置に、フェルトのパーツを縫いつけて完成です。

ボリュームのあるチュチュは、それだけでハロウィンの雰囲気が盛り上がりそうですね。ベビー用のチュチュは、カラーバリエーションが豊富なので、オレンジ色のチュチュを使って、かぼちゃ風の仮装を手作りしてもよいかもしれません。

赤ちゃんの仮装を用意するときのポイント

iStock.com/rue_wi

赤ちゃんの仮装を手作りするときや、購入する場合にママたちはどのようなポイントに気をつけていたのでしょうか。

素材

「赤ちゃんが手足を動かしやすいように、伸縮性のある素材の仮装を選びました。柔らかい素材は着心地もよさそうで、機嫌よく着ていてくれました」(11カ月の赤ちゃんのママ)

「ベビー用の仮装は、肌に直接ふれる部分の素材に注目して選ぶようにしています。チクチクする素材だと、赤ちゃんが嫌がるかもしれないので、襟元や袖口などの素材は特に気をつけて確認しています」(8カ月の赤ちゃんのママ)

赤ちゃんの仮装選びでは、伸縮性や肌ざわりのよい素材に注目してみるのもよいかもしれません。他には、赤ちゃんが体温調節しやすいように通気性のよい素材を選ぶといったママの声もありました。

着替えやすさ

「着替えがしやすいように、上からすっぽりかぶって着られる衣装を選びました。赤ちゃんのオムツ替えもしやすかったです」(9カ月の赤ちゃんのママ)

「ベビー用の仮装は、赤ちゃんが寝てしまったときにも脱がせやすいかを考えて選びます。サイズにゆとりがあるものや、ウェストにゴムが入っているものが便利です」(10カ月の赤ちゃんのママ)

赤ちゃんが仮装を脱ぎたがったときに、スムーズに脱がせることができず困ったというママの声もありました。小さな赤ちゃんとのハロウィンは、オムツ替えや寝たときのことも考えて、脱ぎ着がしやすい衣装を選ぶとよいかもしれません。

赤ちゃんとハロウィンを楽しむコツ

ママたちに、小さな赤ちゃんと楽しいハロウィンを過ごすためのコツについて聞いてみました。

寝相アートを撮影

「赤ちゃんが仮装の写真を撮る前に寝てしまったので、周りにハロウィンのガーランドを置いたり、仮装させたぬいぐるみを置いたりして寝相アートを作りました。とてもかわいく撮れて、よい思い出になりました」(8カ月の赤ちゃんのママ)

赤ちゃんとのハロウィンの楽しみ方のひとつとして、寝相アートを写真に残して楽しむのもよいのではないでしょうか。他には、仮装のコスチュームを着たがらないので、赤ちゃんが寝ているときに帽子や衣装をかぶせるように置いて写真を撮ったというママの声もありました。

離乳食にかぼちゃを使う

「赤ちゃんともハロウィンらしい食事を楽しみたかったので、かぼちゃを使った離乳食を作りました。ほんのり甘いかぼちゃのパンケーキを作ることで、家族みんなでハロウィン気分を味わうことができました」(9カ月の赤ちゃんのママ)

赤ちゃんにも、ハロウィンらしい食事を作ってあげたいと考えるママもいるかもしれません。かぼちゃを使った離乳食は、甘味もあるのでハロウィンのおやつにしてもよさそうですね。

赤ちゃんとのハロウィンを楽しもう

iStock.com/Kavuto

赤ちゃんのハロウィンのコスチュームは、100均の仮装グッズやベビーグッズなどを活用すると簡単に手作りできるようです。今回ご紹介したかぼちゃや魔女、おばけの仮装のほかにも好きな衣装にアレンジしてみるのもよいかもしれませんね。

赤ちゃんの成長はあっという間なので、今しか見られないかわいい仮装を用意して、家族でハロウィンを楽しめるとよいですね。

2018年06月28日

イベントの関連記事
カテゴリ一覧