子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2018年02月01日

母の日のメッセージカード。手作りアイデアと義母などに伝える一言文例

母の日のプレゼントにはどんなメッセージを添えますか?実母や義母へ贈るプレゼントに手作りメッセージカードをつけるママもいるようです。子どもと簡単に作れる、写真つきカードのアイデアや添える一言、遠方に住む義理母などへ感謝の気持ちが伝わる文例をご紹介します。

母の日の定番、メッセージカード

母の日に贈るプレゼントが決まったら、メッセージカードを添えてみてはいかがでしょうか。子どもといっしょにメッセージカードを手作りして楽しんでいるママも多いようです。

プレゼントだけでもよいのですが、写真や一言メッセージがあればもっと感謝の気持ちが伝わりやすそうですよね。実母だけではなく義母にも書きやすい文例とあわせ、メッセージカードのアイデアをご紹介します。

簡単にできる手作りメッセージカード

飛び出すメッセージカード

カードを開いたらお花が広がるメッセージカードは、折り紙を使えば簡単に手作りできるようです。いろいろな色の折り紙を組み合わせたり、母の日の定番ともいえる赤いカーネーションを表現してみたり、アレンジ方法はさまざまあるかと思います。

花の周りは子どもにイラストを描いてもらってもよいかもしれません。インパクトのあるメッセージカードなら、義母も喜んでくれるのではないでしょうか。

飛び出すメッセージカード/KIDSNA公式チャンネル

手形アートがついたメッセージカード

母の日 メッセージカード
Africa Studio/shutterstock.com

家族の手形を利用した手形アートも、母の日の手作りメッセージカードに取り入れやすいのではないでしょうか。赤い手形をカーネーションに見立てる方法、足形もとって動物に見立てる方法など、いろいろなアレンジができるようです。

赤ちゃんでも参加できるので、家族みんなで感謝の気持ちを伝えることができるかもしれませんね。

写真つきのメッセージカード

実母や義母が遠方に住んでいるなら、ママやパパ、子どもの写真がついたメッセージカードはいかがでしょう。近況も知らせやすいですし、子どもの成長も伝わるので喜んでもらえそうですよね。

画用紙や牛乳パックを使ってフォトフレームを手作りする方法もあるようなので、子どもといっしょに製作してみても楽しめるのではないでしょうか。

メッセージを書くときに気にしたいこと

母の日に感謝のメッセージを伝えるときは、どんなことに気にかけたらよいのでしょう。書きだす前に気にしたい点についてご紹介します。

おかあさんの表記は?

「お母さん」「お義母さん」など、実母や義理母を表す言葉はいろいろとありますよね。特に「義母」の言葉を混ぜるかどうか、悩む場合もあるかもしれません。漢字表記をさけ、あえて「おかあさん」としているママもいるようです。

かしこまったメッセージなら漢字表記、子どもといっしょにメッセージを書くなら平仮名表記など、メッセージの内容にあわせての表記もよいかもしれませんね。

連名にするかどうか

ママが母の日のプレゼントを用意した場合でも、パパと二人連名で贈っている場合もあるようです。プレゼントやメッセージカードを贈る前に、一度夫婦で相談し合ってもよいかと思います。気持ちよくプレゼントを贈れるよう、気にかけたいですね。

手書きにするかどうか

母の日のメッセージを手書きにするか印字にするかも悩みますよね。手書きに苦手意識があるママもいるでしょう。大切なのは感謝の気持ちを伝えることなので、ママが気持ちよく贈れる方法を選んでみてはいかがでしょうか。

メッセージにはなんて書く?

母の日 カード
© tomertu - Fotolia

母の日のメッセージカードに書く内容は「いつもありがとう」の一言だけでは少し寂しいかもしれません。せっかく贈るのですから、日頃の感謝が伝わりやすいメッセージにしたいですよね。

義理母へのメッセージになんて書けばよいか悩んでしまうママもいるかもしれません。実母にも義母にも使えるメッセージの文例について考えるポイントとともにご紹介します。

具体的なエピソードをいれる

「いつも〇〇してくれて、とてもありがたいです」

「あのとき〇〇してもらえてすごく嬉しかったです」

「自分が母になって、お母さんの大変さがわかりました」

嬉しかったことや感謝していることなどは、具体的に書くとより気持ちが伝わりやすいのではないでしょうか。「こんな風に思ってくれたんだ」とお母さんが思い出しやすい方が、これからもよい関係を築いていけるかもしれません。

プレゼントについて説明する

「〇〇が好きと聞いたので、心ばかりの品ですが贈ります」

「感謝の気持ちを込めて、子どもといっしょに〇〇を作りました」

「評判がよく〇〇しやすいそうです。私も使ってみたらよかったので贈ります」

もらったプレゼントにどんな思いがこめられているのかわかったら嬉しいですよね。どうしてそのプレゼントを選んだのか、お母さんに伝えてみるのもよいかと思います。

今後の予定や希望を添える

「これからも仲良くしてください」

「夏休みになったら子どもと遊びに行きますね」

「今度いっしょに〇〇しましょうね」

メッセージの最後には、今後の予定やこれからどうしていきたいかなどの希望を添えるとよいかもしれません。

遠方に住んでいる場合でも、楽しい予定やこれからどういう関係になりたいかを共有しあえるのは幸せなことですよね。前向きな文章でまとめると、母の日らしい素敵なメッセージカードになるのでしょうか。

他にも、おばあちゃんに向け子どもに一言書いてもらっているママもいるようです。孫を大切に思ってくれているお母さんに、子どものメッセージを添えるのもよさそうですね。

手作りカードとメッセージで感謝を届けよう

母の日 メッセージ
iStock.com/kokouu

実母や義母に感謝はしているけれど、日常生活の中で伝えるのは難しかったりしますよね。母の日に感謝の気持ちを一言でも伝えられたら、これからもよりよい関係を築いていけるかもしれません。

写真とあわせ、気持ちのこもった文例を探してみてもよいかと思います。遠方でなかなか会えない義理母へ、いつも支えてくれる実母へ、手作りメッセージカードを贈ってみてはいかがでしょうか。

イベントの関連記事
カテゴリ一覧