子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年08月07日

七五三のママ(母親)のヘアスタイル。着物に似合う簡単な髪型

七五三のママ(母親)のヘアスタイル。着物に似合う簡単な髪型

七五三当日、「母親である自分のヘアスタイルはどうしよう?」と悩むママもいるのではないでしょうか。七五三で自分も着物を着るから、髪型もちゃんとしたい、でもお金はあまりかけたくない。そんなママに向けて、今回は自分ひとりでも簡単にできる、着物に似合うヘアアレンジ方法を紹介していきます。

母親も事前準備が大事

七五三に向け、子どものための準備に追われているママもいることでしょう。でも、七五三当日は母親であるママ自身の事前準備も大切です。七五三でママが着るきれいな着物も、ママのヘアスタイルがいまいちだとなんとなく残念な雰囲気に。

そうならないためにも、あらかじめ着物に似合う髪型を調べておき、余裕があれば前もってヘアアレンジの練習をしておくと安心ですね。着物も髪型もばっちり整えて七五三当日を迎えるために、ヘアアレンジに自信のないママやショートヘアのママでも実践できそうな、簡単ヘアアレンジ方法を調べてみました。

華やかな雰囲気

三つ編みヘアアレンジ

イラスト

「編み込みは難しくてできない」というママも、これなら三つ編みができれば大丈夫なので、おすすめのヘアスタイルです。

イラスト

1.髪の毛をひとつにまとめ、サイドで三つ編みをする

2.三つ編みをして毛先をゴムで結ぶ

3.三つ編みの毛先から内側に丸めて、逆サイドの髪の中に入れ込む

イラスト

4.ピンで固定し、サイド部分や後頭部から少し髪を出して自然な感じに仕上げる

トップスタイル

イラスト

ただお団子にまとめるだけでは少し味気ないですが、このヘアスタイルだとシンプルながらも華やかさのあるアップスタイルが簡単にできますよ。

イラスト

1.耳と耳を結んだ線で区切り、前後2ブロックに分ける

2.前側のブロックは頭の1番高い所に結び目がくるようひとつ結びにする

3.後ろ側のブロックも「2」と同じ位の高さでひとつ結びにする

4.前後両方のひとつ結びにした毛束に軽く逆毛を立てる

5.前後の束を結びつけ、1つにまとめる

6.飛び出ている毛先を少しずつ根元に巻き付けるようピンで固定していき、全体がお団子の形状になるよう整える

シックな雰囲気

簡単夜会巻き

イラスト

夜会巻き用のコームは100円ショップなどで簡単に購入できます。ヘアセット後、後れ毛などが出てしまった場合はUピンなどを使ってきれいに整えましょう。

イラスト

1.髪を耳の高さでまとめ、ゴムを使わずに1つ結びになるよう手でまとめる

2.襟元の髪の毛が緩まないよう注意しながら、真上に向かって毛束を時計周りにきつくねじりあげていく

3.ねじった毛束の根元をおさえて、毛先を下に向ける

4.下に向けた毛先を、根元部分にできた髪の隙間に入れ込んで髪をまとめる

5.まとめた髪の毛の表面をすくいあげるように、右側から夜会巻き用のコームを差し込んでいく

イラスト

6.コームを頭に沿うように左側に倒して、髪の根元に向かってコームを強く差し込む

上品アップスタイル

イラスト

髪の毛のトップの部分をあらかじめ少しつまんでボリュームを出しておくと、より華やかな印象になります。

イラスト

1.髪をまとめ、ゴムを使って耳の高さくらいで結びはじめ、最後は全部を抜かずにお団子をつくる

2.ゴムを緩め根元の中央に隙間をつくる

3.くるりんぱをするように隙間の中にお団子を全て入れ込む

4.飛び出ている毛先の髪も簡単にまとめながら、「3」と同じく隙間に入れ込む

イラスト

5.Uピンなどで入れ込んだ部分をしっかり固定する

ショートアレンジ

簡単ショートヘアアレンジ

イラスト

前髪以外の髪の毛をアイロンでゆるく巻いておくと、ふわっとした雰囲気の髪型に仕上がります。

イラスト

1.サイドの前髪の毛を好みの太さにとる

2.「1」の束より前方にある髪の毛をまとめ、「1」の後ろ側からねじりこむ

イラスト

3.同様のねじりこみを耳の高さまで続け、ヘアピンで下から上向きに固定する

4.逆サイドも同様にねじりこみ、ヘアピンで固定する

5.ピンで留めた箇所をおさえながら、トップの毛やねじった箇所を少し引き出して自然な感じに仕上げる

くるりんぱヘアスタイル

イラスト

結ぶ髪の毛の量が少ないヘアスタイルなので、髪の絡まない細いシリコンゴムなどを使った方が簡単にセットできるかもしれません。

イラスト

1.耳から上のサイドの髪の毛を適量まとめ、耳の少し上くらいの高さでゴムで留める

2.ゴムをゆるめ根元に隙間をつくる

3.隙間に結んでいる髪の毛の束を回し入れる

イラスト

4.回し入れた髪の毛束をぎゅっと結ぶ

小物を使ってより華やかに

イラスト

かんざし

襟足が出るようなすっきりとしたアップスタイルの場合は、かんざしをつけることによってより華やかな印象の髪型になります。七五三で母親がかんざしをつける場合は、なるべく小ぶりなものがいいでしょう。

成人式の際につけるような、主張の強い大きな花がついたものなどは控えた方が無難です。かんざしを選ぶ際は、着物の柄や帯に使われている色合いのものをおすすめします。そうすることで、全体的に統一感のあるすっきりとしたスタイルに仕上がりますよ。

パールピン

Uピンに真珠があしらわれたヘアアクセサリーのことを、パールピンといいます。1つ1つが小ぶりでありながらも、パールピンをつけることで上品な華やかさのあるヘアスタイルを演出できます。セットした髪型にバランスよく挿していけばよいだけなので、不器用なママでも簡単に使えます。ふわっとしたヘアスタイルと相性のよいヘアアクセサリーです。

華美になりすぎないことが大切

七五三

七五三の主役はあくまで子ども。ママがはりきり過ぎて子どもより目立つようなことがないよう、全体的に母親らしい落ち着いた雰囲気の装いで当日に臨むことが大切です。

着物にあう素敵なヘアスタイルをセットすることで、七五三当日はママのとなりにいる我が子の晴れ姿をより映えさせることができるかもしれませんね。

イベントの関連記事
  • 京都の夏の風物詩「地蔵盆」。時期や由来、お供えはどんなのものがよいのか

    京都の夏の風物詩「地蔵盆」。時期や由来、お供えはどんなのものがよいのか

    地蔵盆という行事は、お地蔵様の多い京都発祥といわれ、近畿地方を中心に古くから伝わり、中部以東になるとあまりなじみのない行事です。地域を見守るお地蔵様をお祀りし、子どもが主役のお盆とされる地蔵盆は、いったいどんなことをするのでしょうか?また、時期やお供えのことなども掘り下げたいと思います。

  • 七五三のママ(母親)のヘアスタイル。着物に似合う簡単な髪型

    七五三のママ(母親)のヘアスタイル。着物に似合う簡単な髪型

    七五三当日、「母親である自分のヘアスタイルはどうしよう?」と悩むママもいるのではないでしょうか。七五三で自分も着物を着るから、髪型もちゃんとしたい、でもお金はあまりかけたくない。そんなママに向けて、今回は自分ひとりでも簡単にできる、着物に似合うヘアアレンジ方法を紹介していきます。

  • 親子で楽しむ夏のイベント「盆踊り」や「夏祭り」の意味や由来

    親子で楽しむ夏のイベント「盆踊り」や「夏祭り」の意味や由来

    夏は、地域によってさまざまなお祭りが開催され、大人も子どもも楽しみなイベントがたくさんありますよね。夏祭りや盆踊りが行われている本来の由来を知り、子どもにも伝えて家族でいっしょに夏をもっと楽しみませんか。

  • 暑中見舞いと残暑見舞い。「いつ送るの?」由来や時期、気をつけるべきマナー

    暑中見舞いと残暑見舞い。「いつ送るの?」由来や時期、気をつけるべきマナー

    夏の風物詩の一つに挙げられるのが、暑中見舞い・残暑見舞い。「いつ送るの?」「書き方は?」など疑問を抱いている方も多いと思われます。今回、改めて送り方や時期、品物やマナーについて再確認をして、気持ちのこもった暑中見舞い・残暑見舞いを送ってみてはいかがでしょうか?

  • 2017年「土用の丑の日」はいつ?うなぎを食べる意味や由来

    2017年「土用の丑の日」はいつ?うなぎを食べる意味や由来

    日本には、暑い夏を乗り切ろうと「土用の丑の日にはうなぎを食べる」という習慣がありますね。夏の風物詩として、美味しくうなぎを食べる人も多いのではないでしょうか?しかし、「土用」や「丑の日」とは、そもそもどんな意味や由来があるのか?また、どうしてうなぎを食べるという習わしが定着したのか、掘り下げてみたいと思います。

  • 【うちの子大きいんです】~特別篇 思い出をかたちに~ 第6話

    【うちの子大きいんです】~特別篇 思い出をかたちに~ 第6話

    スマホで簡単に写真を撮れる時代になりましたが、記念日やお祝いごとの節目では、プロの手できちんとした写真を残したいですよね。でも写真スタジオで撮影するのって大変...そんなイメージありませんか?今回は著者のそめたさんがカメラのキタムラが運営する「スタジオマリオ」で撮影を体験された模様を6連載でお届けします!第6話は、思い出を長く楽しむ方法をご紹介します。

    株式会社キタムラ

    PR

カテゴリ一覧