【親子のデンタル習慣】ムシ歯予防はハブラシだけじゃ足りない? 見落としがちな●●ケアでムシ歯予防

【親子のデンタル習慣】ムシ歯予防はハブラシだけじゃ足りない? 見落としがちな●●ケアでムシ歯予防

「毎日歯みがきしているのに子どもがムシ歯になってしまった…」という経験はありませんか?そんな方にぜひおすすめしたいのが、クリニカのデンタルフロスです。デンタルフロスは大人が使うイメージがあるかもしれませんが、実は子どもにもデンタルフロスを使ったケアが必要です。今回は、子どもの健康な歯を保つためのポイントを、デンタルフロスのケアをメインにお伝えします。

[PR] ライオン株式会社

子どもの歯にもデンタルフロスが大切な理由

健康な歯を保つためには、子どもの頃からのケアが大切。ムシ歯予防のために、歯みがきを徹底されている方も多いでしょう。

KIDSNAのアンケートでも、約70%のママが「歯みがきの徹底を心がけている」と回答しました。
クリニカ
しかし、「毎日しっかり歯みがきしているにも関わらずムシ歯になってしまった」「子どもの口臭が気になる…」そんな経験はありませんか?

原因は「歯と歯の間に残っている汚れ(歯垢)」にあるかもしれません。子どもの歯みがきスキルはまだまだ低く、歯の表面はみがけても、歯間の汚れが取り切れない可能性があるのです。

また、成長過程の子どもは、歯が生え変わったり、歯並びが変化していたりと、お口の環境が日々変化しているため、特に歯間のみがき残しが大人よりも多くなるようです。

みがき残しなどで発生した、歯の表面に付着している白色や黄白色のネバネバした付着物を「歯垢」と呼びます。この歯垢とは生きた細菌のかたまりで、1mgあたり、なんと約2~3億個の細菌が存在しているといわれ、ムシ歯や口臭の原因になっています。

実は、ハブラシで落とせる歯間の歯垢は約60%。それがデンタルフロスを併用することで、歯垢除去率が1.5倍にUPします。
クリニカ

しかしながら、KIDSNAのアンケートによると、お子さんにデンタルフロスを使ったことが「ある」と回答した方は約30%。

「そもそも、デンタルフロスを子どもに使えることを知らなかった」というママが多いようです。

クリニカ
一方、子どもにデンタルフロスを使っているママは、「歯医者さんでアドバイスをされたから」「歯医者さんで使うといいと聞いたから」など、歯医者さんの薦めで使いはじめた方が多いようです。

デンタルフロスにも、ホルダー付きタイプやロールタイプなどいくつか種類がありますが、今回ご紹介するのは、クリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプ。初めての方にも使いやすいY字型のデンタルフロスです。
クリニカ

実際に、2組の親子にクリニカのデンタルフロスを体験してもらいました。

親子で体験!はじめてのデンタルフロス

クリニカ

まずは、井上さん親子。お子さんは6歳の女の子です。

井上さん
歯みがきは朝晩2回行っていて、子どもがみがいた後に私が仕上げみがきをしています。

しっかりみがいてるつもりだったのですが、最近ムシ歯になりかけの歯を2本発見してしまって…。

ムシ歯になりかけの歯に加え、子どもの口臭も気になっているという井上さんに、さっそくクリニカのデンタルフロスを試してもらいました。

クリニカ
井上さん
デンタルフロスって子どもも使えるんですね!まずそこが発見でした。

実際に使ってみると、一見きれいな歯にも意外と汚れがあってびっくり。

ハンドルが持ちやすく、Y字なので子どもも使いやすいですね。

歯みがきは”ながらみがき”ができてしまいますが、デンタルフロスはしっかり鏡を見ないとできないので、より意識して歯みがきできるのもポイントになりそうです。

クリニカ

続いて体験してくれたのは、渡辺さん親子。お子さんは4歳の男の子です。

渡辺さん
わたし自身はデンタルフロスを使う習慣があるのですが、子どもに使うイメージは全くなかったです。

渡辺さんも井上さん同様、子どももデンタルフロスを使えることを、今回はじめて知ったそうです。

渡辺さん
今のところムシ歯はないですが、いろいろなお菓子を食べるようになったので、今後が心配です。最近、口臭も気になるんですよね。

そこで渡辺さんにも、クリニカのデンタルフロスを試してもらいました。

クリニカ
渡辺さん
デンタルフロス特有の引っかかりがなく、奥歯の歯間も楽に入りました。子どもも全く嫌がらなかったです。

子どもの歯って、歯と歯の隙間が空いているから食べ物も詰まりやすいし、汚れがたまりやすいんですよね。デンタルフロスを使ってみて、それが良くわかりました。

デンタルフロスの使い方をおさらいしよう!

クリニカ

デンタルフロスの使い方をご紹介します。

  1. デンタルフロスを左右に動かしながら、ゆっくりと歯と歯の間に挿入します。
  2. 前面にデンタルフロスを沿わせ、上下左右に動かして歯垢(プラーク)や食べカスを取り除きます。
  3. デンタルフロスを抜く時もゆっくりと左右に動かしながら抜いてください。
別の歯と歯の間に使うときは、汚れを拭き取るか水で洗い流してから使いましょう。

デンタルフロスの詳しい使い方は動画をチェック
だいすけお兄さんが教えてくれる!
フロスの詳細はコチラ!

スキマの汚れを退治して、子どもの歯を守ろう!

しっかり歯みがきしているつもりでも、デンタルフロスを使ってみると、歯と歯の間には意外と汚れが残っていることがわかりました。これらの汚れをそのままにしておくと、ムシ歯や口臭など、お口のトラブルの原因になりかねません。

デンタルフロスは大人が使うイメージがありますが、実は子どものムシ歯予防のためにも必要不可欠。なぜなら、子どもの場合歯みがきスキルが低く、歯の表面しかみがけていない可能性が高いからです。

クリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプはY字型のデンタルフロスで、はじめての方にも使いやすいのが特長です。これまでデンタルフロスを使ったことがない人も、毎日の歯みがきケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

※小さなお子様(小学校高学年以下)が使用される場合は、保護者同伴のもとでご使用ください。

クリニカでは、子どもたちが大好きな“だいすけお兄さん”と一緒に、歯と歯のスキマに挟まったスキ魔人をやっつける「GO!GO!スキマバスタースキャンペーン」を実施中。ハミガキの際にも使える、お子様の写真が印刷された、世界に一つだけのマグカップがあたるかも!この機会に、親子で楽しみながらフロスケアを始めてみませんか。

2020年06月01日

アンケート

デンタルフロスについて

Q1. お子さんは、デンタルフロスを使っていますか?
Q2. Q1で「定期的に使っている」「ときどき使っている」とお答えした方にお聞きします。デンタルフロスを使用している理由をお答えください?  (複数回答可) (任意)
Q3. 記事を読んで、お子さんに「クリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプ」を使わせようと思いましたか?
Q4. Q3で「さっそく使わせようと思う」「そのうち使わせようと思う」「使える年齢になったら使わせようと思う」とお答えした方にお聞きします。どこに魅力を感じましたか? ※当てはまるものすべてお選びください (複数回答可) (任意)
Q5. 今回の記事を読んだ感想や、製品に関するご意見などお聞かせください(FA)※全角500文字以内でお書きください。 (任意)
ご回答いただきありがとうございます!

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ