【小児科医監修】子どもの鼻水が長引く。鼻づまりで鼻水が出ないときの対処法

【小児科医監修】子どもの鼻水が長引く。鼻づまりで鼻水が出ないときの対処法

こどもの鼻水が長引く原因や受診の目安

子どもの鼻水が長引くとき、どのような原因が考えられるのでしょう。赤ちゃんの鼻がつまり、母乳やミルクを苦しそうに飲む姿を心配に思うママやパパもいるかもしれません。今回の記事では、子どもの鼻水が長引く原因や、受診の目安、鼻水が出ないときの対処法についてご紹介します。

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

子どもの鼻水がなかなかおさまらない

季節の変わり目や風邪などで体調を崩してしまったのをきっかけに、子どもの鼻水が長引くことがあるかもしれません。なかなか鼻水がおさまらず、鼻がつまる状態が続くと、子どもにとっては息苦しさを感じたり、普段の生活に影響が出る場合もありますよね。受診の目安や家での対処法が気になるママやパパもいるのではないでしょうか。

今回の記事では、子どもの鼻水が長引く原因や、病院へ受診する目安、鼻づまりで鼻水が出ないときの対処法について解説します。

鼻水が長引く原因

子どもの鼻水が長引くときには、どのような原因が考えられるのでしょうか。考えられる病気についてご紹介します。

風邪

風邪を引いた子ども
iStock.com/mokuden-photos

風邪の原因となるウイルスや細菌には、さまざまな種類があるため、一度風邪を引いて治った場合でも、また別の種類の風邪にかかってしまう場合があります。

鼻水は、風邪の原因となる菌から身体を守ったり、戦うために出るものですが、何度も繰り返し風邪をひいてしまうと、鼻水がなかなかおさまらず、長引く可能性が考えられるでしょう。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは、ハウスダストやダニ、花粉などの「アレルゲン」によって引き起こされる鼻の病気です。

風邪の症状がみられないのに鼻水が出ている場合は、アレルギー性鼻炎になっている可能性があるため注意が必要です。アレルギー性鼻炎によって出やすい鼻水の特徴は、無色透明で、水のようにサラサラしています。

副鼻腔炎

鼻の中は、鼻腔と副鼻腔で構成されていて、主に鼻腔のまわりにある空洞を副鼻腔といいます。副鼻鼻腔炎は、風邪などをきっけに、額や目の下、頬の裏側にある副鼻腔に細菌が入り、鼻汁が貯まって炎症を起こす鼻の病気のひとつです。

どろっとした黄色い鼻水が出やすく、悪臭がする場合もあります。放っておくと、頭痛が起こったり、味覚や嗅覚を感じづらくなってしまう場合があるため注意が必要です。

病院を受診する目安

病院を受診する子ども
iStock.com/kuppa_rock
鼻水といっしょに、熱やひどい咳がみられる場合は、早めに病院で受診しましょう。鼻と耳はつながっていることから、鼻水が原因で中耳炎を引き起こす可能性があります。鼻水以外に子どもが耳を痛がっていないかなど、他の症状についてもあわせて確認しておきましょう。子どもの鼻や耳のトラブルは、小児科や耳鼻科で診てもらうことができます。

また、鼻がつまって鼻水がなかなか出ないときは、苦しそうにしたり、夜なかなか寝つけない場合もあるかもしれません。鼻のトラブルには、病気が隠れている可能性もあるため、子どもの様子が心配なときは、医師に相談するとよいでしょう。

鼻水が長引く原因をしっかりつきとめ、適切な治療を受けることが大切です。

鼻づまりで鼻水が出ないときの対処法

子どもの鼻がつまり、鼻水がなかなか出ないときには、ママやパパのサポートが必要になります。特に小さな子どもは、自分で対処するのが難しい場合もあるでしょう。家庭でできる、鼻づまりの対処方法について解説します。

温かいタオルを鼻にあてる

子どもの鼻がつまっている場合は、温かくしたガーゼやタオルを子どもの鼻にあてて、鼻を温めてあげましょう。鼻が温まることによって、鼻孔が広がり鼻水がやわらかくなると、鼻づまりが解消される場合があります。

子どもがじっとしていられず、温かいタオルをあてるのが難しい場合は、お風呂に入り、温かい蒸気を鼻から吸うと、血流がよくなり、一時的に鼻づまりが解消されます。

鼻吸い器を使う

赤ちゃんは、自分で鼻をかむことができません。鼻がつまっていると、母乳やミルクが飲みづらくなってしまいます。赤ちゃんの鼻水は、ベビー用の鼻吸い器を使ってこまめにとってあげることが大切です。

鼻吸い器には、手動と電動の2種類あり、手動の鼻吸い器は、ポンプ式と口で吸うタイプがあります。手動の鼻吸い器は価格も手頃で種類も豊富なので、1つ用意しておくと便利かもしれません。家庭用の鼻吸い器を使ってもなかなか鼻水がとれない場合は、病院で吸引してもらうこともできます。

鼻をかむ

口を閉じ、鼻の穴を押さえて片方ずつ鼻をかむと、鼻水が出やすくなります。とはいえ子どもが、自分で鼻をかむのはとても難しいものですよね。慣れないうちは、ママやパパが子どもの鼻を片方ずつ押さえてあげると、かみやすくなります。

鼻から空気を出す感覚がつかみにくいときは、元気な時に鼻の前にテッシュをおいて、片鼻ずつ吹く練習しておくとよいでしょう。

子どもの鼻水はこまめにとろう

鼻をかむ子ども
iStock.com/monzenmachi

子どもの鼻水が長引くときは、風邪を繰り返しひいている以外にも、ハウスダストや花粉などによるアレルギー性鼻炎や、副鼻腔炎になっている可能性があります。鼻水以外に、熱や咳などの症状が見られる場合や、子どもが苦しそうにしているときは、専門機関を受診して、適切な治療を受ける必要があります。

子どもの鼻がつまりや鼻水が出ないときは、鼻を温めたり、鼻吸い器やティッシュでこまめに鼻水をとることが大切です。子どもの成長にあわせて、自分で鼻をかむ練習も少しずつ取り入れていけるとよいですね。

監修:眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

No Image

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

眞々田 容子の監修記事一覧(バックナンバー)

台東区蔵前の小児科クローバーこどもクリニック院長。信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。

症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。

お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。

クローバーこどもクリニックのブログ
クローバーこどもクリニック

2019年12月14日

専門家のコメント
37
    なこ先生 保育士
    異変があったら必ず専門家へかかる事ですが、自宅で電動の鼻吸い器があるととても便利でよく使っていました。
    いしし プレパパ修行中
    @なこ先生さん
    おすすめの鼻水吸引器ってありますか?
    すー先生 保育士
    鼻水がひどい時は小児科で吸引は必須です。夜は苦しくて寝つきが悪く ずっと抱っこだったのですが、加湿器とヴェポラッブを使用すると、2、3時間眠ってくれました。
    のの先生 保育士
    鼻詰まり大人でも辛いしストレスですよね。子どもの場合は、早めに耳鼻科に連れて行ったほうがいいです。なぜかと言うと、鼻水が溜まり耳にいき、中耳炎を引き起こす可能性があるからです。
    耳鼻科での吸引結構効きます。治るまで連日通うこともありました。
    でぶいも先生 保育士
    息子は鼻吸い器が大嫌いで、見ただけで大泣き。毎回苦戦しますが、お風呂上がりが1番、鼻水が柔らかくおりてくるので取りやすかったです。可哀想ですが、取らないともっと苦しくて可哀想なので、親子共々がんばっています。最近は、取ると楽になる感覚が分かってきたのか、少し体を委ねてくれる姿も出てきました。
    かよう先生 保育士
    子どもの鼻水はよくあるけれど、そのままにしておくと長引くし、症状が悪化することもあるので、こまめに拭くことや年齢によっては鼻の髪型を教えることが大事ですね。
    はなこ先生 保育士
    子供の鼻水ってなかなか治りにくかったりしますよね!
    耳鼻科で吸ってもらうのはもちろんでしたが、家に電動のを購入してからはかなり快適になりました!
    すみっこ先生 保育士
    電動の吸引器を購入してから、長引いていた鼻水が楽になりました。
    ティッシュで拭きすぎて、鼻の下が荒れてしまうことがよくあったのですが、吸引器を使うと肌荒れの心配もありません。

    また、蒸しタオルを鼻の下に当てるのもオススメです。
    めるちゃん先生 保育士
    電動鼻水吸引機を使ってます。自分で鼻をかめるようになるまでは、とても重宝してます。鼻水がひどい時は中耳炎になっていないか心配なので耳鼻科で吸引もしてもらい、診察もしてもらいます。
    いちご先生 保育士
    鼻が詰まると口呼吸になり、喉を痛め悪循環です。病院で吸引をしてもらうと確実ではありますが、他の菌を貰ったり、足を運ぶのが手間ではあります。
    そんな時に便利なのが、自宅用の鼻吸い器です。保護者の方が口で吸うものよりも、お値段は張りますが、自動で吸ってくれるものが楽で、何よりしっかり吸ってくれます。
    鼻吸い器と加湿器があれば、鼻風邪も怖くないですね。
    いちぽ先生 保育士
    今は口で吸うタイプの鼻吸い器で間に合っているのでそれを使って鼻水のときは吸っています。
    お風呂上がりが一番とれますね。
    今はそこまで出番がないですが、来年から保育園なので必要があれば電動を購入したいとおもいます。
    わい先生 保育士
    風邪はほんとに困りますね!早く治って欲しいものです。インフルエンザが流行り出し病院にあまり行きたくないかもしれませんが、病院に、行くことをおすすめします。吸引してもらったり薬をもらうのがいいと思います。
    りお先生 保育士
    今、子どもの医療費は無料か安価な支払いで使用できるため、鼻水が辛そうならすぐ病院に行き、吸引や薬をもらって飲んだりすればいいと思います。病院の薬はやっぱり効きますよ!
    吸引も、自宅でやるより鼻水たくさん取れますし笑。
    家から近い耳鼻科か小児科をかかりつけにし、たくさん活用すればいいと思います!

    鼻水の原因は様々だと思います。自己判断せず、専門家に診てもらうのが良いと思います。
    しまこ先生 保育士
    赤ちゃんの頃から手動の吸引器を使っていました。単純な作りでお手入れも簡単だし、何より吸う強さやタイミングを手加減できるので気に入っていました。
    みき先生 保育士
    鼻は脳に近いので、ある程度慎重になるべきと思います。鼻が詰まっていると口呼吸になったり、集中力が低下することも心配です。耳鼻科にはこまめにかかるべきだと思います。
    電動鼻吸い機はまだ上手に鼻がかめない子にとても有効です。
    たゆ先生 保育士
    中耳炎になったり、蓄膿になったり、なかなか治りにくい状況になる前に耳鼻科にかかるのがよいと思います。耳鼻科に行くだけで大泣きしていた我が子も、ある程度大きくなると、耳鼻科での吸引後に『あー、スッキリした‼︎』と言うようになりました(^-^)

    自宅では、加湿をすること、お風呂で温めた時に、鼻水をしっかり出すこと、寝る前にベポラップを塗ることをしていました。
    ぽんた先生 保育士
    赤ちゃんや子どもの鼻水、なかなか大変ですよね。保育園にきているお子さんは、なんだかんだで一年中鼻水を垂らしている子もいます。保育士はできる限り、子どもたち(赤ちゃんは特に)の鼻水をティッシュで拭くようにはしていますが、保育士一人でたくさんの子をみていて、そこまで手がまわりきらないことも正直あります。お家なら、ママが気づいたときにすぐに拭いてあげられますが、、、。なるべくお子さんが帰るときにはきれいな鼻でとは思っていますが、一日中きれいというわけではなく、、。なので、保育園に通うお子さんは、なるべく早いうちに自分でかめるようにしておくことをおすすめします。あとはこまめに耳鼻科に通って、鼻を吸ってもらうのがいいですね。鼻水を手で拭いてその手で目をはじめとするさわって結膜炎とかもありますので。あと、保育士が鼻を拭くときも、一人拭くごとに手指の消毒をする暇もなくー、というのも実状です。なので、子どもが自分で拭けるにこしたことはありません。あと、保育園のティッシュは、普通の安ティッシュですので、頻繁にかむと鼻の下が真っ赤になります(^^;)それと、昼寝のときに、鼻水が苦しくて寝られずー、という子もちらほらいて大変そうです。そんなこんなの保育園ですので、お家でできる鼻水対策はぜひ整えてくださいね!あ、でも家で鼻水すると、赤ちゃんはみんな大泣きですが。。。
    める先生 保育士
    かかりつけの医者に相談する方がよいと思います。鼻詰まりを放っておくと、小さな子でも蓄膿症になってしまい、かえって治りが遅くなるということもあります。耳鼻科に行くと、鼻水を吸ってくれる機械がありますので、それをしてもらうと少し楽になるのではと思います^^
    りな先生 保育士
    耳鼻科で吸引が1番手っ取り早いとはおもいますが、なかなか通えないという保護者の方もよく聞きます。
    こまめにティッシュで拭いてあげたり、ティッシュを細く畳んで鼻の下に当てて少しこするだけでも意外と取れたりします。
    すず先生 保育士
    上の子二人が中耳炎に悩まされていました。鼻水が透明の間は、お風呂上がりに鼻吸い器で吸引し、緑色になってきたら病院に行くようにしていました。小学校に上がって体が大きくなるまで、しばらく耳鼻科に通っていました。小さいうちは大変だけど、いつか必ず終わりますよ。
    かいまな先生 保育士
    少しでも鼻水が出ると病院へ行って薬をもらっています。
    自宅のケアでは、口で吸うタイプの鼻吸い器を持っていますが、今まで使ったのは1度か2度ぐらいです。お風呂上がりにティッシュや綿棒でも割と綺麗に取れますよ。
    じゅん先生 保育士
    最近、鼻水が出ても拭いてくれるまで待っているお子さんが多いように思います。保育園では、自分でティッシュを取りに行って拭く事も教えています。ご家庭でも鼻水を垂らしていたらおかしいと言う事を教えてあげて欲しいです。アレルギー鼻炎の場合もありますので、耳鼻科受診もお勧めします。
    ひまわり先生 保育士
    子どもの鼻づまりはみていて辛くなります。私は病院に連れていって吸引してもらっています。まだ小さいので全力で拒否して泣きますが、終わったあとはスッキリするみたいでご機嫌です。さすがに毎回病院にはいけないので、先日電動鼻吸引を買いました。ドロッとした鼻水も吸ってくれるので助かっています。
    ちぃ先生 保育士
    風邪になると不機嫌になったり、食欲なくなったりと色々大変ですよね。
    電動の吸引機があれば1番ですが、お値段もはるのでうちの家は鼻詰まりがでてきたら小児科又は耳鼻科で症状をみてもらい、鼻吸引をしてもらっていました。寝る前は気管支拡張するテープを出してもらい、それを貼ったり、ヴィップスベポラップを胸に塗っています。
    ぬーぬー先生 保育士
    赤ちゃんの頃は鼻吸い器でやってました。
    少し大きくなってからは耳鼻科で吸ってもらってました。
    その時に吸入もやってもらってました😊
    せおみ先生 保育士
    長女が鼻水が出始めると必ず中耳炎になっていました。自分で鼻をすする事が原因みたいですが癖になっていました。しっかりと鼻がかめるようになった4歳ごろからはならなくなりました。
    授乳中の子の鼻づまりは可愛そうですよね。鼻を吸引するしかなく、押さえてやっていましたが、授乳に支障がでてきたり、夜寝れないほどになると病院へ行きます。
    ゆきな先生 保育士
    私は鼻吸い器を愛用しています!!
    その前は鼻水などがでていたらお風呂でザバーと上から水をかけると大概子どもは泣いて鼻水ボーンと出ます!わら   そのときに即座に鼻をとっていますよ!
    こいまま先生 保育士
    赤ちゃんのうちは電動の鼻水吸い器を使っていました。
    年少になった今も、やはり鼻水が出ると中耳炎にもなりやすいので耳鼻科に行って鼻水をすってもらっています。
    ふぅ先生 保育士
    鼻詰まりは大人でも本当にストレスですよね☺︎💦それが子どもなら尚更つらい(T . T)息子が今急性中耳炎になって辛そうです。定期的に耳鼻科に行って見てもらうのが一番ベストですね
    べこな先生 保育士
    子どもは上手く鼻がかめません。まして、鼻の奥でたまってしまって不快に思っても上手く伝えることもできません。たかが鼻水、たかがですめばいいですが、ちくのうや、中耳炎など色々な病気が隠れていることもあります。ほんとあなどれません。子どもを連れての受診は待ち時間のことなどほんと大変ですが、健康にはかえられないし、ひどくなればそれだけ通院期間が長くなります。
    めめ先生 保育士
    あまりにもひどい時は薬がなくなる前でも耳鼻科に行き吸引がいいと思います。自宅でできるポータブルの吸引器を購入したのでそれでもこまめに吸うようにしています。
    こと先生 保育士
    鼻がつまるとしんどそうで、見ていて心配になりますよね。
    電動の鼻水吸引機は簡単に鼻水がとれて便利です!
    持ち運びとコンセントタイプのどちらも持ってますが、コンセントの方が安定した吸引力でしっかりととれます。ノズルも別売の細長いものがオススメです✨
    きらり先生 保育士
    2歳くらいまでは、鼻づまり、鼻水がひどいときは、必ず耳鼻科に行き吸引してもらっていました。赤ちゃんの時は、お家で鼻水を吸ってあげていました。しかし、2歳ころになると吸引が嫌で耳鼻科を拒否!!かなり抑えられてしていたので、嫌なのも分かりますが。。。
    とーち先生 保育士
    自分で鼻がかめない内は、よく耳鼻科でお世話になっていました。

    1人目が保育園に入園して、しばらく経ち、電動鼻水吸引機を購入。

    お風呂上がりにすると、よく吸引できます。

    電動鼻水吸引機で鼻水が治るようなら、それで様子を見ました。

    二人目は中耳炎になりやすいタイプだったので、耳鼻科にも連れて行き、自宅でも小まめに鼻水を吸ってました。
    のんの先生 保育士
    鼻水、鼻づまりがどのお子さんにもありますよね。
    電動の吸引器は必須だな!とおもいます。
    耳鼻科で連日吸引してもらう暇ないお母さんの方にはお勧めです。

    吸引器は持っていますが、あまりにも鼻水がひどい時は耳鼻科に通い、吸引してもらってます。
    cocoまま先生 保育士
    鼻水を自分でかめる年齢ですか?オススメはお風呂に入って身体を洗った最後に方鼻ずつ出してシャワーで流す。毎日それを繰り返しています^ ^加湿されている時なので一気に出てスッキリです^ ^
    なつまる先生 保育士
    子供って鼻水、鼻づまりの子多いですよね💦
    行ける時には耳鼻科に行って吸引してもらうのが1番かと思います!あと、吸ってしまう子もいますので鼻を上手くかむことができなくても外に出せるようにしましょう!
    おはぎ先生 保育士
    2歳の子も鼻がかめないので、鼻をつまんで出してあげています。あまりこすると鼻の舌を切ったりして可愛そうですよね💦電動は高くて手が出ないんですが、皆さんの意見を聞いて少し惹かれました。ちなみに、鼻風邪のときは小児科よりも耳鼻科が良いと思います。小児科だとこの時期他の病気で通院する子も多いので、結局長引くとよく聞きます。
おすすめユーザーのコメント
2
    SB
    うちは、なかなか鼻をふーんとする感覚がつかめず、大変でした…。

    副鼻腔炎からの咳で、子どもの頃はずっと耳鼻科の常連でした。鼻が出せないと喉に流れて咳になるようなので注意が必要です。
    na
    年中鼻水を出しているので、風邪ではなくハウスダストなど他の原因が考えられそうです😢

トラブルの関連記事

カテゴリ一覧