【小児科医監修】子どもの鼻水が長引く。鼻づまりで鼻水が出ないときの対処法

【小児科医監修】子どもの鼻水が長引く。鼻づまりで鼻水が出ないときの対処法

こどもの鼻水が長引く原因や受診の目安

子どもの鼻水が長引くとき、どのような原因が考えられるのでしょう。赤ちゃんの鼻がつまり、母乳やミルクを苦しそうに飲む姿を心配に思うママやパパもいるかもしれません。今回の記事では、子どもの鼻水が長引く原因や、受診の目安、鼻水が出ないときの対処法についてご紹介します。

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

子どもの鼻水がなかなかおさまらない

季節の変わり目や風邪などで体調を崩してしまったのをきっかけに、子どもの鼻水が長引くことがあるかもしれません。なかなか鼻水がおさまらず、鼻がつまる状態が続くと、子どもにとっては息苦しさを感じたり、普段の生活に影響が出る場合もありますよね。受診の目安や家での対処法が気になるママやパパもいるのではないでしょうか。

今回の記事では、子どもの鼻水が長引く原因や、病院へ受診する目安、鼻づまりで鼻水が出ないときの対処法について解説します。

鼻水が長引く原因

子どもの鼻水が長引くときには、どのような原因が考えられるのでしょうか。考えられる病気についてご紹介します。

風邪

風邪を引いた子ども
iStock.com/mokuden-photos

風邪の原因となるウイルスや細菌には、さまざまな種類があるため、一度風邪を引いて治った場合でも、また別の種類の風邪にかかってしまう場合があります。

鼻水は、風邪の原因となる菌から身体を守ったり、戦うために出るものですが、何度も繰り返し風邪をひいてしまうと、鼻水がなかなかおさまらず、長引く可能性が考えられるでしょう。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは、ハウスダストやダニ、花粉などの「アレルゲン」によって引き起こされる鼻の病気です。

風邪の症状がみられないのに鼻水が出ている場合は、アレルギー性鼻炎になっている可能性があるため注意が必要です。アレルギー性鼻炎によって出やすい鼻水の特徴は、無色透明で、水のようにサラサラしています。

副鼻腔炎

鼻の中は、鼻腔と副鼻腔で構成されていて、主に鼻腔のまわりにある空洞を副鼻腔といいます。副鼻鼻腔炎は、風邪などをきっけに、額や目の下、頬の裏側にある副鼻腔に細菌が入り、鼻汁が貯まって炎症を起こす鼻の病気のひとつです。

どろっとした黄色い鼻水が出やすく、悪臭がする場合もあります。放っておくと、頭痛が起こったり、味覚や嗅覚を感じづらくなってしまう場合があるため注意が必要です。

病院を受診する目安

病院を受診する子ども
iStock.com/kuppa_rock
鼻水といっしょに、熱やひどい咳がみられる場合は、早めに病院で受診しましょう。鼻と耳はつながっていることから、鼻水が原因で中耳炎を引き起こす可能性があります。鼻水以外に子どもが耳を痛がっていないかなど、他の症状についてもあわせて確認しておきましょう。子どもの鼻や耳のトラブルは、小児科や耳鼻科で診てもらうことができます。

また、鼻がつまって鼻水がなかなか出ないときは、苦しそうにしたり、夜なかなか寝つけない場合もあるかもしれません。鼻のトラブルには、病気が隠れている可能性もあるため、子どもの様子が心配なときは、医師に相談するとよいでしょう。

鼻水が長引く原因をしっかりつきとめ、適切な治療を受けることが大切です。

鼻づまりで鼻水が出ないときの対処法

子どもの鼻がつまり、鼻水がなかなか出ないときには、ママやパパのサポートが必要になります。特に小さな子どもは、自分で対処するのが難しい場合もあるでしょう。家庭でできる、鼻づまりの対処方法について解説します。

温かいタオルを鼻にあてる

子どもの鼻がつまっている場合は、温かくしたガーゼやタオルを子どもの鼻にあてて、鼻を温めてあげましょう。鼻が温まることによって、鼻孔が広がり鼻水がやわらかくなると、鼻づまりが解消される場合があります。

子どもがじっとしていられず、温かいタオルをあてるのが難しい場合は、お風呂に入り、温かい蒸気を鼻から吸うと、血流がよくなり、一時的に鼻づまりが解消されます。

鼻吸い器を使う

赤ちゃんは、自分で鼻をかむことができません。鼻がつまっていると、母乳やミルクが飲みづらくなってしまいます。赤ちゃんの鼻水は、ベビー用の鼻吸い器を使ってこまめにとってあげることが大切です。

鼻吸い器には、手動と電動の2種類あり、手動の鼻吸い器は、ポンプ式と口で吸うタイプがあります。手動の鼻吸い器は価格も手頃で種類も豊富なので、1つ用意しておくと便利かもしれません。家庭用の鼻吸い器を使ってもなかなか鼻水がとれない場合は、病院で吸引してもらうこともできます。

鼻をかむ

口を閉じ、鼻の穴を押さえて片方ずつ鼻をかむと、鼻水が出やすくなります。とはいえ子どもが、自分で鼻をかむのはとても難しいものですよね。慣れないうちは、ママやパパが子どもの鼻を片方ずつ押さえてあげると、かみやすくなります。

鼻から空気を出す感覚がつかみにくいときは、元気な時に鼻の前にテッシュをおいて、片鼻ずつ吹く練習しておくとよいでしょう。

子どもの鼻水はこまめにとろう

鼻をかむ子ども
iStock.com/monzenmachi

子どもの鼻水が長引くときは、風邪を繰り返しひいている以外にも、ハウスダストや花粉などによるアレルギー性鼻炎や、副鼻腔炎になっている可能性があります。鼻水以外に、熱や咳などの症状が見られる場合や、子どもが苦しそうにしているときは、専門機関を受診して、適切な治療を受ける必要があります。

子どもの鼻がつまりや鼻水が出ないときは、鼻を温めたり、鼻吸い器やティッシュでこまめに鼻水をとることが大切です。子どもの成長にあわせて、自分で鼻をかむ練習も少しずつ取り入れていけるとよいですね。

監修:眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

No Image

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

眞々田 容子の監修記事一覧(バックナンバー)

台東区蔵前の小児科クローバーこどもクリニック院長。信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。

症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。

お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。

クローバーこどもクリニックのブログ
クローバーこどもクリニック

2019年12月14日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

トラブルの関連記事

カテゴリ一覧