子どもの知的好奇心を刺激する、動植物2,000種類をオンラインで学習できる『ものしり博士』が新発売

子どもの知的好奇心を刺激する、動植物2,000種類をオンラインで学習できる『ものしり博士』が新発売

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
幼児・小学生向け家庭学習用オンライン英語教材『パルキッズ』シリーズを提供する株式会社児童英語研究所は令和4年10月21日から、国語教材『ものしり博士』の提供を開始する。本教材は2,000種類以上の動植物を自宅でiPad、PC(mac/windows)、スマートフォンなどの端末でオンライン学習できるサービス。
ものしり博士
「ものしり博士」は哺乳類、鳥類、魚類などをはじめ、昆虫類や植物など、合計2,000種以上の動植物をイラスト付きでオンライン学習できる教材。「犬、猫、花、虫、、、」などの、日本語の基礎語彙を獲得済みの子どもたちの語彙力の強化を期待できる。 

上位カテゴリーから下位カテゴリーの語彙へ
上位カテゴリーから下位カテゴリーの語彙へ
語彙や知識を豊かにして認知力を高めるためには、例えば「魚」という上位カテゴリーに対する「鰯、鯵、鯖、鯛、鮪、、、」などの下位カテゴリーを身につけることは重要である。この下位カテゴリーの豊かさが子どもたちの認知力の豊かさに直結する。
秋に咲くピンクのコスモスや妖艶な姿の彼岸花、あるいは春には菜の花やマリーゴールドと、夏には夏の、冬には冬の花が咲き誇る。しかし、どんな形をしているなんという名前の花であるのかを知らなければ、子どもたちは個々の花に関心を示すことはなく、すべて単なる「花」として見過ごされてしまう。
詳細はこちら

2022年10月20日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧