コーセーがキッザニア東京に「ビューティスタジオ」をオープン ~“きれい”を楽しみながら、多様な価値観・感性を育む体験を提供~

コーセーがキッザニア東京に「ビューティスタジオ」をオープン ~“きれい”を楽しみながら、多様な価値観・感性を育む体験を提供~

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
株式会社コーセー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 一俊)は、KCJ GROUP 株式会社(本店:東京都千代田区、代表取締役社長:圓谷 道成)が企画・運営する子どもの職業・社会体験施設「キッザニア東京」(東京都江東区)において、コーセーがオフィシャルスポンサーとなる『ビューティスタジオ』パビリオンを、2022年10月5日にオープンします。「きれいを、もっと自由に」をコンセプトに、子どもたちがそれぞれ持つ感性を育み、“きれい”にまつわる多様な価値観に触れながら、化粧品や美容が持つ、心を明るくするような楽しさや、わくわく感を得られる職業体験を提供します。
ビューティスタジオ
当社では、中長期ビジョン「VISION2026」の中で、新たなお客さまづくりの拡大領域としてグローバル(Global)・ジェネレーション(Generation)・ジェンダー(Gender)のそれぞれの頭文字をとった“3つの G”を掲げています。性別や年齢にとらわれない、より多くのお客さまに寄り添う商品やサービスを提供する、アダプタビリティの考えにもとづく取り組みを強化しています。例えば、「ジェネレーション」については、これまでに幼少期からのスキンケアやUVケア習慣の普及など、次世代を担う子どもたちの成長を、化粧品による健やかな肌づくりの側面から支援してきました。

今回、子どもを対象とした新たな取り組みとしてキッザニア東京で展開する『ビューティスタジオ』は、個々人の感性に合わせた美容提案やモノづくりの体験を通じて、化粧品や美容が持つ、心に潤いや彩りを与える楽しさとすばらしさを感じてもらうパビリオンです。「きれいを、もっと自由に」をコンセプトに、一人ひとり異なる“きれい”を経験することで、多様な価値観に触れ、それを受け入れる包摂性の大切さを育んでもらうことも目指します。

また、これまでの「化粧品や美容は大人の女性のものである」という既成概念を払拭すること狙い、次世代を担う子どもたちには先入観なく化粧品や美容に触れ合ってほしいという想いを、ジェンダーニュートラルなコンテンツ設計に反映させました。
詳細はこちら

2022年10月14日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧