京都大学の動物博士監修! 「答えのない問いに向き合う力」をはぐくむ新感覚の絵本『どうぶつのわかっていること・わかっていないこと』が7月22日(金)に発売!

京都大学の動物博士監修! 「答えのない問いに向き合う力」をはぐくむ新感覚の絵本『どうぶつのわかっていること・わかっていないこと』が7月22日(金)に発売!

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
株式会社小学館集英社プロダクション(東京都千代田区神保町/代表取締役:都築伸一郎)は、京都大学野生動物研究センター監修の知育絵本『どうぶつのわかっていること・わかっていないこと』を2022年7月22日(金)に発売しました。
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと
キリンの声、ゾウの鼻、ナマケモノの背脂。
動物界の「あたりまえ」に、大発見をいざなう「ニュートンのりんご」が隠れている。
研究者の本気と子どもたちの好奇心の間に「想像力の虹」をかける、素晴らしい絵本!

――茂木 健一郎(脳科学者)


■今ドキのパパ・ママは子どもを「探究学習塾」に通わせている?

「探究学習」とは、子どもたちが自ら未来を切り開いていく力をはぐくむことを目的とした「主体的・対話的で深い学び」を実現するための学習方法のこと。算数のように答えがあらかじめ決まっている認知能力ではなく、「仮説を立てるスキル」「周囲とコミュニケーションを図るスキル」「目標を立てるスキル」「新しい発想で道を切り開くスキル」といった数値化して測ることの難しい非認知能力、すなわち「答えのない問いに向き合う力」を鍛える学習方法として、いま注目を集めています。

テラコヤプラスの調査(※)によると、67.4%の親が子どもに「非認知能力」を身につけさせたいと回答しています。子どもに習わせたい習い事では、プログラミング塾をおさえ、「探究学習塾」が3位にランクインを果たしました。これからの予測困難な時代を生き抜く子どもたち必要なスキルとして、自ら問いを立てて、興味のままに探究する力が求められているのです。

(※引用元:https://terakoya.ameba.jp/a000002639/
詳細はこちら

2022年07月29日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧