柴田ケイコ氏の最新絵本「ぱなしくん」が発売後に即重版決定

柴田ケイコ氏の最新絵本「ぱなしくん」が発売後に即重版決定

「お片づけしなさい」というお説教ではなく、「ぱなしくんだと、ちょっと困る時が来るよ」「お片づけって難しくないんだよ」というメッセージを込めて、自身の長男・次男の「お片づけ問題」をユーモアたっぷりに描いた人気絵本

「PHP研究所」から、お片づけしない男の子の最新絵本「ぱなしくん」が発売中。

著者は、累計24万部突破の「しろくま」シリーズ(PHP研究所)をはじめ、2021年の未来屋絵本大賞やTSUTAYAえほん大賞第1位を2年連続受賞した「パンどろぼう」シリーズ(KADOKAWA)などを代表作に持つ、絵本界きってのヒットメーカー・柴田ケイコ氏。

柴田氏が、自身の長男・次男の「お片づけ問題」に着想を得た今作には、「うちの子かと思った」という全国のパパやママから共感の声が届き、その反響の大きさを受け、発売から10日で5,000部の重版が決定した。
ぱなしくん 1,540円(税込)<PHPにこにこえほん>対象年齢:4~5歳から
ぱなしくん 1,540円(税込)<PHPにこにこえほん>対象年齢:4~5歳から
「ぱなしくん」は、遊んだおもちゃなどなんでもちらかしっぱなしで、かたづけが苦手な男の子。愛犬「モジャ」もお手入れしていないからもじゃもじゃ。

ぱなしくんの毎日は、朝、なかなかおきずにねっぱなし。朝ごはん、食べたうつわはおきっぱなし。毎日同じ服、きっぱなし。

ぱなしくんのお母さんには、「こんなにちらかしていると、ごっちゃおばけがやってくるわよ」と、言われてしまいます。
ぱなしくん
実際に、柴田氏の息子さんたちはブロック遊びが大好きで、遊んだあとも出しっぱなしの「ぱなしくん」。

当時の柴田氏は、その片づけに時間をとられてばかりだったが、同時に「この日常を描きたい」と考え続けていたという。

また、「ブロック遊びは敷物の上で。好きなだけ散らかしても、敷物ごとまとめれば入れ物にザザッと戻すだけでOK」というアバウトなルールを導入した柴田氏もまた、「片づけはそれほど上手ではない」と自覚している一人とのこと。

だからこそ、「お片づけしなさい」というお説教ではなく、「ぱなしくんだと、ちょっと困る時が来るよ」「お片づけって難しくないんだよ」というメッセージを込めて、片づけ絵本「ぱなしくん」をユーモアたっぷりに描いた。

「ぱなしくん」「ぱなしさん」から脱皮する一歩をちょっぴりでもふみだせそうな1冊。この機会にぜひ、親子のお話の時間に取り入れてみては。


ぱなしくん
作・絵/柴田ケイコ
PHP研究所刊 1,540円(税込)

問い合わせ先/PHP研究所
prinfo@php.co.jp
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-88039-6

2022年03月03日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ