【ホテル椿山荘東京】桜が咲く空中庭園でのイブニングハイティーや春の彩りが可愛らしい「花見弁当」など各種メニュー・プランを提供

【ホテル椿山荘東京】桜が咲く空中庭園でのイブニングハイティーや春の彩りが可愛らしい「花見弁当」など各種メニュー・プランを提供

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
ホテル椿山荘東京(東京都文京区・総支配人:山下 信典)は、2月から一足早く桜シーズンが訪れ、桜の開花がはじまります。それに伴い、「雲の中の桜イブニングハイティー」や日本料理「みゆき」お手製の「花見弁当」、ステイプランを提供いたします。また、3月19日(土)~4月10日(日)の期間には、庭園演出“東京雲海”と桜のコラボレーション「夜桜雲海」も公開いたします。
ホテル椿山荘東京
◇都内屈指の桜スポット!2月に一足早く桜が開花。約2ヶ月間で20種・100本の桜を楽しめる
当ホテルの庭園は、2月になると早咲きの河津桜が春の訪れを告げると、続いて3月には艶やかな修善寺寒桜、可憐なおかめ桜、大輪の陽光桜が開花します。4月に近づくとソメイヨシノが開花し、4月中旬に桜シーズンのフィナーレを飾る八重桜が花開くまで約2ヶ月の間に約20種・100本の桜が、庭園を鮮やかにピンク色に染めます。清々しく澄んだ早朝の陽の光に照らされる“朝桜”や、幻想的な夜のライトアップに浮かび上がる“夜桜”が楽しめます。
詳細はこちら

2022年02月16日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧