渋沢栄一氏の名著「論語と算盤」から、玄孫・渋澤 健氏が監修した絵本が登場 

渋沢栄一氏の名著「論語と算盤」から、玄孫・渋澤 健氏が監修した絵本が登場 

「どうすれば渋沢氏のようにお金がかせげるのか」に、小学生でもわかるように簡潔に回答。お金についての学問が未熟と言われる日本の子どもたちに、ぜひ知っておいてほしい言葉が詰まった1冊。

「みらいパブリッシング」から、新刊絵本「しごとってなあに?〜渋沢栄一のろんごとそろばん」が2月15日(火)に発売。

著者は、社会問題の解決を目指し、絵本制作や小・中・高校での道徳の授業、企業での講演など精力的に活動する絵本作家 おかださえ氏。監修は、渋沢栄一の玄孫で「シブサワ・アンド・カンパニー」代表取締役の、渋澤健氏が務めた。
しごとってなあに?〜渋沢栄一のろんごとそろばん 1,760円(税込)
しごとってなあに?〜渋沢栄一のろんごとそろばん 1,760円(税込)
この絵本は、 約500の会社を作り、約600の学校・病院・団体などを作った渋沢栄一氏の名著「論語と算盤」から、「しごとってなあに?」「おかねってなあに?」に答える絵本。

お金を増やすには「ありがとう」が必要。
もっと増やすには、「ありがとう」をどんどんつなげていくことが必要。

そのような「仕事」「社会」「お金」の仕組みを、小学生でもわかりやすい言葉で紹介している。

「自分なら何をすれば人の役に立てるかな」「いつか人の役に立てるしごとをしたいな」と、子どもの夢がふくらむ1冊。この機会にぜひ、チェックしてみては。


しごとってなあに?〜渋沢栄一のろんごとそろばん
著/おかだ さえ 
監修/渋澤 健
みらいパブリッシング刊 1,760円(税込)

問い合わせ先/みらいパブリッシング
tel.03-5913-8611
https://miraipub.jp/books/17132/

2022年02月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧