食べるだけでSDGsに貢献できる野菜シート 「オーガニックベジート」が登場

食べるだけでSDGsに貢献できる野菜シート 「オーガニックベジート」が登場

新たにひよこ豆がプラスされ、食物繊維とプロテインを合わせて摂取可能。棄てられるはずの野菜からつくられた、カラフルで楽しい野菜シート

「アイル」が、パリ発のオーガニック・スーパーマーケット「ビオセボン」全店・オンラインストアにて、野菜シート「ベジート」の素材をオーガニックにした新商品を2022年1月11日(火)から先行発売。

※販売期間: 2022年1月11日(火)~2022年3月31日(木)
(ビオセボンオンラインストアでは10:00~販売開始予定)

新たにひよこ豆もプラスされ、食物繊維と合わせてプロテインも摂取できるという嬉しい進化を遂げた。
オーガニックベジート
「オーガニックベジート」にんじん・とまと・かぼちゃ・たまねぎの4種類 1パック5枚入り 430円(税込)
「オーガニックベジート」にんじん・とまと・かぼちゃ・たまねぎの4種類 1パック5枚入り 430円(税込)
「ベジート」は、アレルゲン28品目不使用、グルテン不使用、100%植物性素材使用の、海苔の技術で野菜をシート化した健康的な食品。
オーガニックベジート
具を入れて巻いたり、サンドイッチに挟んだり、トーストやクラッカー置くだけで、簡単にオーガニック野菜の栄養素と旨味を摂り入れることができる。
オーガニックベジート
水を含ませるとジュレやスープにもなるため、離乳食や介護食にもぴったり。

赤ちゃんからお年寄りまで味わえるのはもちろん、ベジタリアンの方など、さまざまな食習慣を持つ方でも安心して取り入れられるため、世界から注目を集めている。
オーガニックベジート
栄養素だけでなく、華やかな彩りも特徴的。着色料は使用せず自然の色味を生かす独自の製法で、どのような料理に加えてもテーブルが一気に華やぐため、お弁当やお菓子作りにもおすすめだ。
オーガニックベジート
また「ベジート」は、“形や色が規定に満たない”という理由だけで廃棄されてしまっている“規格外野菜”を使用しているため、「ベジート」を選ぶだけで食品ロス削減に貢献可能。

昨今、SDGsや気候変動が話題になっているが、「アイル」では20年以上も前から世界の食と健康の問題に注目。地方農業の課題や大量の廃棄野菜と向き合い、食品ロス削減に積極的に取り組んでいる。

さらに「ベジート」の豊富なレシピは、公式インスタグラムやクックパッドにも公開中。

生野菜よりも簡単にオーガニック野菜を日常に取り入れられる「ベジート」。この機会にぜひ、チェックしてみては。

問い合わせ先/アイル
soda@soudajp.com
https://www.vegheet.jp

2022年01月06日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧