サステナブルに美食を楽しむ「食べるSDGs 野菜塩・昆布塩・魚塩」が登場

サステナブルに美食を楽しむ「食べるSDGs 野菜塩・昆布塩・魚塩」が登場

フランス料理の命である「フォン」や日本料理の「出汁」を作る際に出る殻に着眼し、家庭で新たな美食に生まれ変わらせるフレーバーソルト

「セルリアンタワー東急ホテル」のペストリーショップ(LBF)から、地球環境問題においしく取り組める新商品として、フレーバーソルト「食べるSDGs」が発売された。

食べる調味料シリーズ第4弾となり、ラインナップは、野菜塩・昆布塩・魚塩の全3種となる。
食べるSDGs 左から昆布塩、野菜塩、魚塩 単品 各700円/2瓶セット 1,200円/3瓶セット 1,800円(いずれも税込)※2瓶、3瓶セットは、いずれの組み合わせ、同種類の組み合わせも可。箱代含む。※写真はイメージ
食べるSDGs 左から昆布塩、野菜塩、魚塩 単品 各700円/2瓶セット 1,200円/3瓶セット 1,800円(いずれも税込)※2瓶、3瓶セットは、いずれの組み合わせ、同種類の組み合わせも可。箱代含む。※写真はイメージ
日本では、年間2,531万トンの食品廃棄物等が出されており、このうち、まだ食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」は600万トン(※1)。
※1 引用:消費者庁公式ウェブサイトhttps://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/education/

「セルリアンタワー東急ホテル」でも残滓のほか、食材の切れ端、皮、骨など、少なからず食品廃棄物が出ている。

日々報道される地球環境の悪化を目の当たりにし、開業より20年間料飲部門を統括してきた総料理長・福田順彦氏は「美食で笑顔を届ける」の理念のもと、また「料理人としての社会的責任」の観点で、少しずつでも取り組めることがないか模索。

その過程の中で、フランス料理の原点である「フォン」、日本料理においては“命”とも形容される「出汁(だし)」にフォーカス。美食の源をサステナブルの循環に乗せ、家庭で新たな美食に生まれ変わらせる「食べるSDGs」が企画された。
※写真はイメージ
※写真はイメージ
ソースが重要な要素を占めるフランス料理では、まず、野菜(にんじん、セロリ、玉ねぎ、香草など)、肉の骨または魚の骨を大きな鍋で何日も煮込み、それを漉して滋味豊かな「フォン」を作る。

このフォンからデミグラスソースや赤ワインソース等が生まれるが、通常、漉した後の殻(がら)は廃棄される。

今回は、この廃棄される殻に着眼し、地球に求められているサステナブルな活動に貢献できる、また家庭で使用しやすい商品として開発に着手。

「セルリアンタワー東急ホテル」メインダイニング「クーカーニョ」は“プロヴァンス料理”を標榜しており、“ブイヤベース”がスペシャリテとなっている。

そこで、ブイヤベースに必須の、魚介をベースにしたフォンの殻を乾燥させ粉砕し、家庭に必ずある調味料“塩”とマリアージュさせたところ、魚介の旨味が凝縮された、正に美食の循環を具現化するフレーバーソルト「魚塩」が誕生した。

これをベースに、肉料理に使う、肉の骨をベースにしたフォンでは野菜のバランスを強め「野菜塩」を開発。

フランス料理の観点だけではなく、日本料理の観点も採り入れるべく、今春新規開店した「セルリアンタワー数寄屋」「Japanese Cuisine桜丘」においても、“出汁”を活用。出汁を取った後の昆布を同様に乾燥させ粉砕し、「昆布塩」が誕生した。
上/昆布塩、左下/野菜塩、右下/魚塩 ※写真はイメージ
上/昆布塩、左下/野菜塩、右下/魚塩 ※写真はイメージ
焼き魚や天ぷら、温野菜の付け塩に使うと魚の風味が増す「魚塩」は、カルシウムもおいしくとることが可能。

「野菜塩」は、肉料理の下味やチャーハン、野菜炒め、スープの味付けに使用すると旨味がアップ。

「昆布塩」は、おにぎりやパスタなどの味付け、胡瓜や人参などの生野菜に振り掛けると、昆布の風味が加わりおいしく食べられる。

さらに、パッケージにおいても環境負荷軽減を考慮し、極力廃棄物が出ないように針金タイやビニール紐は使用せず、リサイクル可能なガラス瓶および、古紙パルプ配合率70%再生紙を使用した「R70」マークの用紙にてギフトボックスを製作。

また家庭で、美食を楽しみながら地球環境問題やフードロス、SDGsについて考える一助となればと、「食べるSDGs」を電子レンジやトースターで簡単に調理できる「おすすめレシピ」を考案し、動画で公開している。
※写真はイメージ
※写真はイメージ
食品ロスの削減に貢献する、食材の旨味を凝縮したフレーバーソルト。ぜひこの機会に試してみては。

食べるSDGs 野菜塩・昆布塩・魚塩
販売場所 /ペストリーショップ(LBF)
販売開始日/11月15日(月)
※商品の特性上、大量製造をしないため、5個以上の購入を希望の場合は、事前に要相談
予約・問い合わせ/電話またはFAXにて、種類、個数、受け取り日時、名前、電話番号を連絡
tel.03-3476-3000(代表/ペストリーショップ)10:00~20:00
※最新の営業時間はホテル公式ウェブサイトを参照。
fax.03-3476-3482
https://www.tokyuhotels.co.jp/cerulean-h/restaurant/pastry-shop/hotelselection/76017/index.html

2021年12月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧