炊飯器でたった一晩でできる、世界一簡単なみそ作りの本が刊行

炊飯器でたった一晩でできる、世界一簡単なみそ作りの本が刊行

〝ひと晩発酵みそ〟の作り方と、それを活用したみそ汁や絶品おかず、おやつのレシピを紹介

「主婦と生活社」から、新刊「からだが整う〝ひと晩発酵みそ〟」が発売。炊飯器を利用して、たったひと晩の発酵で作れる〝ひと晩発酵みそ〟の作り方と、それを活用した絶品おかずやおやつのレシピを紹介した1冊となる。

炊飯器で保温をして作ることで酵素が働きやすくなり、一般的には半年以上かかる発酵が、なんとたったひと晩でできあがる、世界一簡単で画期的な〝ひと晩発酵みそ〟。

カビなどの心配もなく、はじめてみそを作ってみたい方や、仕込んですぐに食べたい方、失敗せずに作りたい方にもぴったりだ。
からだが整う〝ひと晩発酵みそ〟 1,540円(税込)
からだが整う〝ひと晩発酵みそ〟 1,540円(税込)
米麹をたっぷり使って作る〝ひと晩発酵みそ〟は、やわらかな甘みでほっとする味わい。塩分も5%と控えめなので、料理にたっぷりと使えて、一般的なみそよりも簡単に栄養豊富な発酵食を作ることができる。

免疫力を高めたり、腸内環境を整えたり、老化の予防やたまった疲労の回復など、驚きの健康効果も。

さらにみそ汁はもちろん、和食だけでなく、洋食やおやつにと活用できて、うまみをアップしたり、お肉をやわらかくしたりと、おいしさの面でもワンランクアップさせる。
からだが整う〝ひと晩発酵みそ〟
たったひと晩で作れる手軽さに加え、「スーパー発酵食品」であることも魅力。一般的な赤系みそや淡色系みそとはひと味違ううまみや甘みを兼ね備え、料理をおいしくしたり、体を内側から整えてくれる。

また、〝ひと晩発酵みそ〟は大豆以外の豆で作ることも。青大豆や黒大豆のほか、浸水のいらないあずきや、豆をゆでる必要さえないおからでも作ることができ、好みの味わいや香りの〝ひと晩発酵みそ〟を見つけるのも楽しさのひとつだ。
からだが整う〝ひと晩発酵みそ〟
免疫力をアップさせたい方にもおすすめの、いつもの食事をグッとおいしく、最強の健康食に変えてくれる〝ひと晩発酵みそ〟。 ぜひ、日々の食卓に取り入れてみては。

からだが整う〝ひと晩発酵みそ〟
著/榎本美沙
主婦と生活社刊 1,540円(税込)

問い合わせ先/主婦と生活社
ryourinohon@mb.shufu.co.jp
https://www.shufu.co.jp/bookmook/detail/978-4-391-15626-3/

2021年11月26日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ