おはなし図鑑シリーズ「みのまわりのふしぎ」「いきもののふしぎ」が刊行

おはなし図鑑シリーズ「みのまわりのふしぎ」「いきもののふしぎ」が刊行

身のまわりにある物や生き物にまつわる、子どもたちの「なぜ?」「どうして?」という疑問に、写真とイラストをふんだんに用いて答える、ビジュアル読み物シリーズ

「学研プラス」から、おはなし図鑑シリーズ「みのまわりのふしぎ」「いきもののふしぎ」が刊行。
おはなし図鑑シリーズ 左/みのまわりのふしぎ 1,100円(税込)、右/いきもののふしぎ 1,100円(税込)
おはなし図鑑シリーズ 左/みのまわりのふしぎ 1,100円(税込)、右/いきもののふしぎ 1,100円(税込)
図鑑を見るのが大好き、でも文字ばかりの本を読むのはちょっと苦手。そんな子どもが、図鑑を見るように写真を楽しみながら、自然と読書も好きになれるビジュアル読み物図鑑が誕生。

簡単に読めて、ページをめくるたびに好奇心をどんどん刺激するので、読書習慣を身につけるための最初の1冊に最適だ。

「みのまわりのふしぎ」では、「どうして火は燃えるの?」「ボールはなぜ弾むの?」「飛行機はなぜ空を飛べるの?」など、日常生活の中で目にしたり使用したりする、身のまわりにある物の「なぜ?」「どうして?」を、わかりやすく丁寧に説明。
「みのまわりのふしぎ」より ひこうきはなぜとべるの?
「みのまわりのふしぎ」より ひこうきはなぜとべるの?
一方の「いきもののふしぎ」では、「ウサギの耳はなぜ長い?」「カブトムシはどのくらい力もち?」「恐竜は日本でも見つかっているの?」など、身近にいる生き物から動物園・水族館にいる生き物、さらには恐竜まで、さまざまな生き物のふしぎを解説する。
「いきもののふしぎ」より ネコのふしぎ
「いきもののふしぎ」より ネコのふしぎ
さまざまな「なぜ?」「どうして?」について理解を深めることで、新たな疑問が芽生えたり、発見したりできる「おはなし図鑑シリーズ」。ぜひ親子で読みながら、子どもの「好奇心」や「探求心」、「考える力」を育んでみては。
おはなし図鑑シリーズ みのまわりのふしぎ
監修/小峯龍男(東京電機大学高等学校 元教諭)
学研プラス刊 1,100円(税込)
https://hon.gakken.jp/book/1020541600

おはなし図鑑シリーズ いきもののふしぎ
監修/小宮輝之(恩賜上野動物園 元園長)
学研プラス刊 1,100円(税込)
https://hon.gakken.jp/book/1020541500

問い合わせ先/学研プラス
https://gakken-plus.co.jp/contact/

2021年11月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧