色とりどりの落ち葉が土になるまでの過程を描いた科学絵本が発売

色とりどりの落ち葉が土になるまでの過程を描いた科学絵本が発売

120種類以上の落ち葉の図鑑解説のほか、落ち葉を使った遊びや落ち葉の分解者、腐葉土の作り方まで紹介

「文一総合出版」から、「おちばのほん」が10月29日(金)に刊行。落ちた葉が、風や雨にさらされ、ミミズやダンゴムシに食べられて、大地の土になるまでの物語を、美しいイラストで紹介する科学絵本となる。
おちばのほん 1,980円(税込)対象年齢/3歳から
おちばのほん 1,980円(税込)対象年齢/3歳から
この本では、季節を追って近所の公園から野山まで、120種以上の落ち葉が登場。四季の移ろいと木や草の名前、落ち葉の形や色について、楽しく知ることができる。
おちばのほん
「なぜ木から葉は落ちるのか?」「どうして赤や黄色に紅葉・黄葉するのか?」このような落ち葉に関する疑問について、図解イラストとやさしい文章で解説する。
おちばのほん
また、落ち葉のお面や落ち葉プール、拾った葉っぱで作るアート作品など、小さな子どもでも楽しめる遊びも紹介。

そのほか、畑の作物を育てるための土作りの方法や、地面が落ち葉でいっぱいにならないのはなぜなのか、落ち葉の下で生きる小さな生きもの(分解者)たちの姿を写真と共に伝える。
おちばのほん
巻末では、登場する120種以上の落ち葉について、どんな場所に生えるか、花や実、葉の特徴、名前の由来などを解説。拾った落ち葉の名前を調べたり、話題を広げたいときに役立つ内容となっている。
おちばのほん
思わず拾ってしまいたくなるほど美しい落ち葉たち。木や葉について知ることで、落ち葉拾いがもっと楽しくなる1冊を、ぜひ子どもといっしょに読んでみては。
おちばのほん
著/いわさ ゆうこ
対象年齢/3歳から
文一総合出版刊 1,980円(税込)

問い合わせ先/文一総合出版
tel.03-3235-7341(営業)
https://www.bun-ichi.co.jp/tabid/57/pdid/978-4-8299-9015-5/Default.aspx

2021年10月29日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ