「ほぼ日の學校」WEB版がオープン、PCやタブレットから視聴可能に

「ほぼ日の學校」WEB版がオープン、PCやタブレットから視聴可能に

人の考えやめずらしい経験、おもしろがっていることなど、人の話を聞くことは、学ぶつもりと関係なく学んでしまう。そんなエンターテインメントな学びを届ける場として、現在約70名のありとあらゆる講師の方々のお話を配信

「ほぼ日の學校」が、スマートフォンアプリに加えWEB版をリリース。これにより、パソコンやタブレット、スマートフォンなど、さまざまなデバイスでWEBサイトから授業を視聴できるようになった。
※月額利用料/680円(税込)、初めの1カ月間は無料体験期間
※提供形態/スマートフォンアプリ(iOS、Android)、WEBサイト(PC、タブレット、スマートフォン対応)
ほぼ日の學校
「ほぼ日の學校」は、「人に会おう、話を聞こう。」をコンセプトに、普段出会えないような人たちからいろいろな話を聞いて学ぶ、新しい学校。

人の考えやめずらしい経験、おもしろがっていることなど、人の話を聞くことは、学ぶつもりと関係なく学んでしまう。 「ほぼ日の學校」は、そうしたエンターテインメントな学びを届ける場として、ありとあらゆる方々のお話を配信している。

「映像」と「ことば」がいっしょになった、絵本のようなオリジナルの授業再生画面も特長のひとつ。

映像の側に字幕のように流れる「ことば」を見ながら聞くことで、より深く心と頭に届くだけでなく、好きな「ことば」はノートに保存したり、保存した「ことば」からもう一度再生したりすることもできる、学びやすい便利なデザインとなっている。
ほぼ日の學校
今年6月の開校以来、ミュージシャンの矢野顕子氏や落語家の笑福亭鶴瓶氏など、現在約70名のさまざまな講師のお話を配信。直近では、脚本家の三谷幸喜氏の授業が公開されている。

勉強としてでなく、さまざまな著名人の話を純粋に楽しめる「ほぼ日の學校」。WEB版が公開となったこの機会に、ぜひ子どもといっしょに視聴してみては。
問い合わせ先/ほぼ日
https://school.1101.com/contact
https://school.1101.com/

2021年10月12日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧