『「食」の未来で何が起きているのか』フードテックに迫る書籍が刊行

『「食」の未来で何が起きているのか』フードテックに迫る書籍が刊行

「フード」×「テクノロジー」で日本の食事はどう変わる?国内外の「食」の最新研究・開発・実用化について、具体的な事例とともに解説した1冊

「青春出版社」から、『「食」の未来で何が起きているのか ~「フードテック」のすごい世界~』が刊行された。監修者は、宮城大学で食産業学群教授を務める石川伸一氏。
「食」の未来で何が起きているのか ~「フードテック」のすごい世界~ 1,100円(税込)
「食」の未来で何が起きているのか ~「フードテック」のすごい世界~ 1,100円(税込)
「食」の世界が劇的に変わりつつある現代。今後、地球規模の人口爆発が起こり、肉をはじめとする食料は間違いなく供給不足に陥るといわれている。

加えて一次産業や外食業界では人手不足が深刻化。さらに新型コロナウイルスの流行もあって、以前の常識がますます通用しない時代になっていくと予想される。

こうした深刻な問題を解決すべく、日本を含む世界各国は食のあらゆる面に最先端のテクノロジーを活用する大変革「フードテック」に臨んでいる。

筋細胞を増殖させる「培養肉」、植物性たんぱく質による「代替肉」や「代替魚」、料理の技術を必要としない「スマート調理機器」など、これらのイノベーションはすでに実現しているものも多くある。

この書籍では、いま国内外の「食」の最前線ではどのような研究・開発が行われているのか、すでに実用化されはじめたもの、実用化されようとしているものなどについて、具体的な事例とともに解説する。

これからの時代を生きる子どもたちのためにも、知っておきたい未来の食事情。ぜひ目を通してみては。
「食」の未来で何が起きているのか ~「フードテック」のすごい世界~
監修/石川伸一
青春出版社刊 1,100円(税込)

問い合わせ先/青春出版社 プロモーション担当・西尾
tel.03-3202-1212
h-nishio@seishun.co.jp
http://www.seishun.co.jp/

2021年10月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧