これからの時代に必要なロジカル思考を学べる子ども向け書籍が登場

これからの時代に必要なロジカル思考を学べる子ども向け書籍が登場

論理力を身につける最も効果的なディベートから学ぶ「ロジカル思考」について、小学生にもわかりやすく解説

「カンゼン」の「こどもシリーズ」から、都留文科大学文学部国際教育学科教授の茂木秀昭氏が監修を務めた、「こどもロジカル思考 なぜ論理的に考えることが大切なのかがわかる本(以下、こどもロジカル思考)」が発売中。

10万部を超えるベストセラー「こどもSDGs なぜSDGsが必要なのかがわかる本」に続く、シリーズ最新刊となり、売上げの一部は「一般社団法人こども食堂支援機構」を通じて全国のこども食堂支援に使われる。
こどもロジカル思考 なぜ論理的に考えることが大切なのかがわかる本 1,430円(税込)
こどもロジカル思考 なぜ論理的に考えることが大切なのかがわかる本 1,430円(税込)
「ロジカル思考」とは、ものごとを整理して筋道を立てて考えること。人生を歩むなかではさまざまな問題が起こり、いろいろな人と出会う。そんな問題を解決するときや、どんな相手にでも自分の考えをうまく話して伝えるために役立つのが、このロジカル思考だ。

論理的に書いたり話したりするには、まず論理的に考えられなくてはならない。論理力を身につける最も効果的な方法は、「ディベート」という探究のための討論手法を学ぶことが必要になる。
こどもロジカル思考
ロジカル思考を身につけるには、日ごろの実践も欠かせない。「なぜ」「どうして」という素朴な疑問や好奇心を大事にし、課題を探究して、問題の本質や解決策を探ることで真実を見出していく。

その学びのプロセスのなかで、他人に質問したり、いっしょに議論していくことで、自分だけでは気づかなかったことを発見することもできる。

この書籍では、小学生でも学べるよう、ディベートから学べるロジカル思考のエッセンスについてにわかりやすく解説する。
こどもロジカル思考
変化が激しく正解のない社会の中、アイデアを組み立て他人を説得し、最終的に問題解決へとつなげていくといった、合理的な最適解を導き出す手法として求められるロジカルな思考力。

子どもたちが将来よりよい社会生活を送るために、この1冊から親子でいっしょに学んでみては。
 

こどもロジカル思考 なぜ論理的に考えることが大切なのかがわかる本
監修/茂木秀昭
著者/バウンド
カンゼン刊 1,430円(税込)
 
問い合わせ先/カンゼン
tel.03‐5295‐7723
eigyo@kanzen.jp
http://www.kanzen.jp/

2021年09月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧