人気絵本作家えがしらみちこ氏が描く「きつね山の赤い花」が発売

人気絵本作家えがしらみちこ氏が描く「きつね山の赤い花」が発売

女の子ときつねの子の、いっときの出会いを描いた、いまも読み継がれる美しい物語。安房直子氏の心なつかしい名作が、やさしい絵で蘇った1冊

「マイクロマガジン社」から、絵本「きつね山の赤い花」が刊行。今も読み継がれる、児童文学の名匠・安房直子氏の心なつかしい物語を、人気絵本作家・えがしらみちこ氏がやさしくやわらかいタッチで描いた作品となっている。
きつね山の赤い花 1,540円(税込)
きつね山の赤い花 1,540円(税込)
ある日、ゆみ子が菜の花畑の道を歩いていくと、きつねの子の歌声が聞こえてきました。
きつねの子は歌いながら、次から次へと葉っぱを緑の食器に変えていきます。
きつね山の赤い花
遊びたくてたまらなくなったゆみ子は、きつねの子に「いれてえ。」と声をかけ、いっしょにおままごとを始めました。
きつね山の赤い花
女の子ときつねの子の、いっときの出会いを描いた美しい物語に、書店員の方からは、「お話しが終わるのがもったいなくて、何度もきつねの子に会いにいきたくなる絵本」、「菜の花ばたけの絵がとても綺麗で、黄色の濃淡やぼかしによって、景色がどこまでも続いているかのよう」、「懐かしい気持ちになれて、大人にもおすすめ」などの感想が寄せられている。

子どもも大人も、心がじんわりとあたたかくなる1冊。ぜひ、読み聞かせの時間に取り入れてみては。
きつね山の赤い花
作/安房直子
絵/えがしらみちこ
マイクロマガジン社刊 1,540円(税込)

問い合わせ先/マイクロマガジン社
release_mg@microgroup.co.jp
https://kodomono-hon.com/detail/?titleid=61791

2021年09月17日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧