ブレインスリープが子ども向け睡眠診断コンテンツをスタート

ブレインスリープが子ども向け睡眠診断コンテンツをスタート

12個の簡単な質問に答えるだけで睡眠タイプを診断し、それぞれのタイプの対策方法もあわせて紹介

「ブレインスリープ」が、9月3日(金)の睡眠の日にちなみ、日本の子どもの睡眠をサポートする睡眠診断コンテンツ「親子でぐっすりチェック」をスタート。同時に「脳眠プロジェクト」サイトのデザインをリニューアルも行った。

「ブレインスリープ」では、脳が休まる睡眠「脳眠」を日本国民に伝えていくべく、今年3月より野比のび太氏が“ぐっすり大使”に就任。「親子でぐっすりチェック」「脳眠プロジェクト」サイトともに、親子で楽しめるよう「ドラえもん」デザインで案内する。
親子でぐっすりチェック
日本人の子どもは、大人同様、世界で一番睡眠時間が短いという報告(※1)があり、1位のニュージーランドと比べると1.5時間以上もの差がある。
※1:Jodi A Mindell, Avi Sadeh, Benjamin Wiegand, Ti Hwei How, Daniel Y T Goh. Cross-cultural Differences in Infant and Toddler Sleep Sleep Medicine11(2010)274-280

特に幼少期の睡眠は脳の成長に多大な影響を与え、睡眠時間が短い子どもは、睡眠時間が長い子どもと比べて、記憶に関わる脳の部位(海馬)が小さい傾向があるという研究報告(※2)も出ている。
※2: Y.Taki et al.Sleep duration during weekdays affects hippocampal gray matter volume in healthy children.Neurolmage60(2012)471-475

そこで今回スタートした「親子でぐっすりチェック」では、12個の簡単な質問に答えるだけで、睡眠タイプを診断。

結果に応じて「ぐっすりぐっすりタイプ」、「ちょっぴり繊細タイプ」、「準備万端!きちんとタイプ」、「グーグーぐっすりタイプ」の4つのタイプに分類され、睡眠タイプにあった対策方法もあわせて紹介する。

子どもの睡眠タイプを知り、普段の生活から心掛けることで、睡眠の質アップを図ってみては。
問い合わせ先/ブレインスリープ
https://brain-sleep.com/contact/
親子でぐっすりチェック
https://brain-sleep.com/sleep-deviation/sleepcheckkids/

2021年09月14日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧