ブレインスリープが子ども向け睡眠診断コンテンツをスタート

ブレインスリープが子ども向け睡眠診断コンテンツをスタート

12個の簡単な質問に答えるだけで睡眠タイプを診断し、それぞれのタイプの対策方法もあわせて紹介

「ブレインスリープ」が、9月3日(金)の睡眠の日にちなみ、日本の子どもの睡眠をサポートする睡眠診断コンテンツ「親子でぐっすりチェック」をスタート。同時に「脳眠プロジェクト」サイトのデザインをリニューアルも行った。

「ブレインスリープ」では、脳が休まる睡眠「脳眠」を日本国民に伝えていくべく、今年3月より野比のび太氏が“ぐっすり大使”に就任。「親子でぐっすりチェック」「脳眠プロジェクト」サイトともに、親子で楽しめるよう「ドラえもん」デザインで案内する。
親子でぐっすりチェック
日本人の子どもは、大人同様、世界で一番睡眠時間が短いという報告(※1)があり、1位のニュージーランドと比べると1.5時間以上もの差がある。
※1:Jodi A Mindell, Avi Sadeh, Benjamin Wiegand, Ti Hwei How, Daniel Y T Goh. Cross-cultural Differences in Infant and Toddler Sleep Sleep Medicine11(2010)274-280

特に幼少期の睡眠は脳の成長に多大な影響を与え、睡眠時間が短い子どもは、睡眠時間が長い子どもと比べて、記憶に関わる脳の部位(海馬)が小さい傾向があるという研究報告(※2)も出ている。
※2: Y.Taki et al.Sleep duration during weekdays affects hippocampal gray matter volume in healthy children.Neurolmage60(2012)471-475

そこで今回スタートした「親子でぐっすりチェック」では、12個の簡単な質問に答えるだけで、睡眠タイプを診断。

結果に応じて「ぐっすりぐっすりタイプ」、「ちょっぴり繊細タイプ」、「準備万端!きちんとタイプ」、「グーグーぐっすりタイプ」の4つのタイプに分類され、睡眠タイプにあった対策方法もあわせて紹介する。

子どもの睡眠タイプを知り、普段の生活から心掛けることで、睡眠の質アップを図ってみては。
問い合わせ先/ブレインスリープ
https://brain-sleep.com/contact/
親子でぐっすりチェック
https://brain-sleep.com/sleep-deviation/sleepcheckkids/

2021年09月14日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧