子どものプログラミング的思考をワーク形式で育む書籍が刊行

子どものプログラミング的思考をワーク形式で育む書籍が刊行

「時間割」「給食」など、子どもの日常から発想した45のワークを通じて、プログラミングに必要な考え方や理数系の能力、表現力や創造性をバランスよく育む1冊

「アルク」から、新刊「6さいからはじめる プログラミングの考え方」が刊行。小学生に身につけてほしい力を育てる、小学生向け書き込み式ワークの新シリーズ「こどもSTEAM」の第1弾となる。

パソコンを使ってプログラミングを行う前に身につけておきたいのが、「論理的に考え抜き、試み、伝える力」、すなわち「プログラミング的思考」。

この書籍は、子どもの日常から発想した45のワークを通じて、プログラミングに必要な考え方を育む。
6さいからはじめる プログラミングの考え方 1,320円(税込)
6さいからはじめる プログラミングの考え方 1,320円(税込)
「自分ごと」としてワークに向き合い、実生活での実践にもつながるよう、「時間割」「給食」「お菓子」「謎解き」など、子どもたちにとって身近なテーマから作問して構成。

ワークを通じて「他者と協力して何かを達成する」「意見交換を通じてよりよいものを作り上げる」などを経験することで、「これからの子どもの生きる力」を伸ばす。

さらに、プログラミング的思考が身につくだけでなく、理数系の能力と、表現力や創造性をバランスよく育むことで、相手に分かりやすい言葉で物事を伝えられるようにも。

また、小学校で行われるプログラミング教育を保護者も理解・把握ができるため、親子間のコミュニケーション向上に繋がる1冊となっている。

ワークを通してプログラミング的思考の基本が身につく書籍。夏休みの自宅学習に、ぜひ取り入れてみては。
6さいからはじめる プログラミングの考え方
アルク刊 1,320円(税込)

問い合わせ先/アルク
https://www.alc.co.jp/inquiry/
https://www.alc.co.jp/entry/7021037

2021年08月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧