子どもの「自分軸で生きる力」を育むメンターコーチ養成講座が開始

子どもの「自分軸で生きる力」を育むメンターコーチ養成講座が開始

「主体的・対話的な深い学び」を通して、自由な発想と可能性を広げるための最新理論と実践を学ぶプログラム。 海外でも活躍する講師陣による少人数制の「きめ細かい指導」で、2つの資格を取得可能

子どもの主体性を育み、「持続可能な公平さ」のある社会のための活動を展開する「RINDA foundation JAPAN」が、学び舎である「RINDA Academy」による「メンターコーチングスクール」を8月より開校。

子どもたちの自由な発想と可能性を広げ「自分軸で生きる力」を育むメンターコーチを養成する「クリエイティブメンターコーチ養成プログラム」を提供し、現在、第1期生を募集している。

社会を取り巻く環境の変化や「学習指導要領」の改訂により、子どもたちを育む立場にいる大人たちの「在り方」や「教育の質」の変化が求められている近年。

このスクールでは、最新の理論と実践をバランスよく組み合わせた良質なプログラムを提供し、予測困難なVUCA時代に相応しいアプローチで、子どもの可能性を広げるメンターコーチを育成する。

今回開講する「クリエイティブメンターコーチ養成プログラム」は、幅広い最新の理論や技術を取り入れ、かつ理論と実践がバランスよく組み込まれたカリキュラムが特長。

新しい「学習指導要領」が求める「主体的・対話的な深い学び」に取り組む上で欠かせない力である、「人それぞれにある種を見つけ、種を発芽させて伸ばしていく」力を身につけることができる。

そして、この力を身につけた大人たちが増えていくことで、「生きづらさ」を抱える子どもたちの助けとなり、まだ見ぬ可能性を開かせていく大きな力となることを目指す。
クリエイティブメンターコーチ養成プログラム
また、このプログラムでは、子ども(未就学児~大学生)だけでなく大人向けにも強力で有効なメンターコーチを養成することを目的としており、世界的にも最先端の理論と方法論を多く採用することで、国内のみならず、海外の最新理論・技術を学ぶことが可能。臨床経験豊富な海外でも活躍する講師陣が、充実のフォローアップ体制でサポートする。

養成プログラムの「50%以上」は実践的なワークと実習で、少人数制による「きめ細かい指導」を徹底。さらに実用的な経験を積むことができるよう、子ども向け/大人向けのリアルなワークショップの場を用意しており、認定試験合格後からすぐに使える力を確実に身につけることができる。

加えて、「クリエイティブメンターコーチ(RINDA Academy認定)」「メンタルコーチ(国際メンタルコーチング協会認定)」といった2つの資格も同時に取得可能。さらに、資格取得後の活躍の場も用意されており、あらゆるジャンルのプロコーチやメンターとして活躍できる。

子どもたちの「自分軸で生きる力」を育むだけでなく、メンタルコーチを目指す大人の活躍の場も広げる養成プログラムを、この機会にぜひチェックしてみては。

RINDA Academy メンターコーチングスクール
住所/〒182-0002 東京都調布市仙川町3-5-14-402 RINDA Academy 事務局
営業時間/10:00~17:00(土日祝除く)
tel.03-5969-8556
※クリエイティブメンターコーチ養成プログラムの詳細については下記サイトを参照
https://rinda-f.wixsite.com/academy

2021年07月24日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧