小学校受験のカリスマが作問・監修した幼児向けワークブックが発売中

小学校受験のカリスマが作問・監修した幼児向けワークブックが発売中

小学校受験問題を脳トレや謎解きのように楽しめる、有名小の図形問題や切り紙、模擬テストもついた「きりがみワーク」

「学研プラス」から、「こども知能パズルプラス きりがみワーク 3~4歳やさしい」「こども知能パズルプラス きりがみワーク 4~6歳むずかしい」の2点が発売中。

「小学校受験」問題は、幼児の思考力や生活知識を問うもので、パズルのように楽しめる問題がたくさんあり、「やってみたら楽しい!」が、学びの意欲へつながっていく。

「こども知能パズルプラス」は、小学校受験問題をより多くの子どもたちが楽しめるように編集した、新しいシリーズとなる。
左/こども知能パズルプラス きりがみワーク 3~4歳やさしい、右/こども知能パズルプラス きりがみワーク 4~6歳むずかしい 各880円(税込)
左/こども知能パズルプラス きりがみワーク 3~4歳やさしい、右/こども知能パズルプラス きりがみワーク 4~6歳むずかしい 各880円(税込)
今作の監修・作問は、小学校受験専門「フォレスト幼児教室」室長の武田澄子氏。丁寧な指導と、出題問題のデータベース化により、有名国立・私立小学校へ毎年高い合格率を誇る。

武田氏によると、子どもの数が減ってきていても、お受験をする子の数は、実は年々増加。とくにコロナの影響で、試験の形態が例年と大きく変わり、受験者が減るのではと思われたが、ふたを開けてみたら受験者はさらに増えていた。

休校になったときの対応、学習進度などに不安を感じた人が多く、先生の質や学習環境、学校の方針などに関心が集まったのかもしれないと語る。
1都3県合計志願者数推移(のべ人数):株式会社バレクセル・小学校受験対策研究所調べ
1都3県合計志願者数推移(のべ人数):株式会社バレクセル・小学校受験対策研究所調べ
最近ペーパーテストの枚数が、少ない学校では2枚ということも。そういった場合でも、1枚は「お話の記憶」(※)で、もう1枚は「図形に関する問題」と、図形問題が出題されることが多いという。
※録音音声や口頭でのお話を聞いたのち、その内容に関する質問に答えるテスト

「模写」「反転(鏡像)」「回転」「重ね図形」など、言葉で聞くと難しいが、問題を見るとパズルのようなものがほとんど。

今作では、図形問題は、「模写」「反転(鏡像)」「回転」、4~6歳は「重ね図形」まで、カラフルなイラストで楽しく取り組め、難問をクリアする面白さを実感することができる。
ページの右側は、実際に切り取って確かめられる「きりがみ」つき/「4~6歳むずかしい」より
ページの右側は、実際に切り取って確かめられる「きりがみ」つき/「4~6歳むずかしい」より
また、1冊あたり25点のきりがみ問題を掲載。きりがみは、反転(鏡像)の考えを自然に身につけるのに役立つ。

裏面には一見なんだかわからない模様や絵が描かれていて、切ったあとに素敵な作品に仕上がるようになっており、「絵変わりの驚き」も体験可能。

問題が進むと切り線も少しずつ複雑になっていくため、はさみづかいのトレーニングにもぴったりだ。
表は折り線と切り線の指示、裏はナゾのイラスト。表の線で切ると作品に仕上がる/「4~6歳むずかしい」より
表は折り線と切り線の指示、裏はナゾのイラスト。表の線で切ると作品に仕上がる/「4~6歳むずかしい」より
巻末には、有名小で出題された問題をもとに武田氏が作問した「図形模擬テスト」付き。

通常、テストには問題文は書かれておらず、1回だけ読み上げられる「課題文」を聞き取り回答する。模擬テストにも読み上げ用課題文がついているため、実際のテスト気分でチャレンジできることに加え、それぞれ武田氏による解説付きで、学習のポイントもよくわかるようになっている。
反転した絵になるようにかく点図形の課題/「3~4歳やさしい」より
反転した絵になるようにかく点図形の課題/「3~4歳やさしい」より
実際の受験は考えていなくとも、「ちょっとやってみたい」「うちの子がどのくらいできるか確かめてみたい」という方にもおすすめのシリーズ。

小学校に入ってからの生活や学習に大いに役立つ、「遊び」から育まれる「空間認識能力」を養うワークブックを、ぜひチェックしてみては。
こども知能パズルプラス きりがみワーク 3~4歳やさしい
https://hon.gakken.jp/book/1020540100

こども知能パズルプラス きりがみワーク 4~6歳むずかしい
https://hon.gakken.jp/book/1020540200

監修/武田澄子(フォレスト幼児教室 室長)
学研プラス刊 各880円(税込)

問い合わせ先/学研プラス
https://gakken-plus.co.jp/contact/

2021年07月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧