世界初、優れた子どもレゴビルダーのデジタルコンテストが開催

世界初、優れた子どもレゴビルダーのデジタルコンテストが開催

クリエイティビティやイマジネーションに溢れた「ジュニア・モデル・ビルダー」を決定。選出されると、トップレベルの技能を持つ「マスター・モデル・ビルダー」と1年間にわたり、いっしょに施設の作品制作や仕事のお手伝いをすることも

300万個を超えるレゴ®ブロックで飾られた、屋内型エンターテインメント施設「レゴランド®・ディスカバリー・センター東京」が、6月1日(火)より、3歳~15歳の子どもを対象とした世界初となる「ジュニア・モデル・ビルダーデジタルコンテスト」を開催。

「ジュニア・モデル・ビルダー」は、世界24カ所に展開する「レゴランド®・ディスカバリー・センター」の施設で存在する、優れたレゴのスキルを持った、クリエイティビティやイマジネーションに溢れた子どもレゴビルダー。

ジュニア・モデル・ビルダーになると、世界に24人しかいない、レゴランド®・ディスカバリー・センターに在籍する、トップレベルの技能を持つレゴ職人「マスター・モデル・ビルダー」と1年間にわたって、いっしょに施設の作品制作や、マスター・モデル・ビルダーの仕事のお手伝いができる。

さらに、レゴランド®・ディスカバリー・センター東京で開催されるイベントやショーに登場するなど、自分の個性を生かして輝くチャンスも。
ジュニア・モデル・ビルダーデジタルコンテスト
コンテストは昨今の情勢を鑑みて、世界中どこにいても参加できるよう、デジタル経由による採用方法で実施。

1次審査では、子どもの創造力にフォーカスした、「好きなもの」を題材にした作品と自己PRの提出。最終審査となるファイナルコンテストでは、あるテーマに沿った作品の提出を予定している。

また、ファイナルコンテストの全作品は、レゴランド®・ディスカバリー・センター東京の施設内で展示される予定だ。

コンテストは3歳~6歳の幼児の部、7歳~12歳の小学生の部、13歳~15歳の中学生の部に分けて、ジュニア・モデル・ビルダーを選出。

さらに、レゴランド®・ディスカバリー・センター東京に勤務する「マスター・モデル・ビルダー」を決めるデジタルコンテストも同時開催される。

子どもたちが創造する、レゴへの情熱あふれる作品が集結するコンテストを、ぜひチェックしてみては。
レゴランド®・ディスカバリー・センター東京 
ジュニア・モデル・ビルダー デジタルコンテスト
形式/1次審査・ファイナルともに、オンライン開催
応募期間/6月1日(火)より
応募資格/3~15歳
優勝者/年齢別にて、複数名ジュニア・モデル・ビルダーを選出
・3歳~6歳 幼児の部 ※2018年4月2日生まれ~2016年4月1日生まれ
・7歳~12歳 小学生の部 ※2014年4月2日生まれ~2010年4月1日生まれ
・13歳~15歳 中学生の部 ※2008年4月2日生まれ~2007年4月1日生まれ

【デジタルコンテストスケジュール】

・1次審査
日程/6月1日(火)0:00~7月11日(日)23:59 (JST)
応募内容/「好きなもの」を題材にしたレゴ作品の写真とニックネーム、作品のタイトル、自己PRを提出
※自己PRの形式は不問

・ファイナルコンテスト
日程/7月20日(火)0:00~8月8日(日)23:59(JST)
応募内容/あるテーマに沿った作品と自己PRビデオを提出
※自己PRビデオの形式については1次審査通過者に追って連絡

※応募方法や応募規約等の詳細については、応募ページを要確認
https://bit.ly/3hPHJ8g 

問い合わせ先/レゴランド®・ディスカバリー・センター東京
tel.0800-100-5346(11:00~14:00)

2021年05月30日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧