子どもならではの勘違いが巻き起こす、新感覚のまいご絵本が発売中

子どもならではの勘違いが巻き起こす、新感覚のまいご絵本が発売中

まいごになっているのに、親がまいごになったと思いこんでどんどん突っ走ってしまう、ドタバタ劇を描いた作品

「ブロンズ新社」から、絵本「どんどん どんどん まいご」が全国の書店で発売中。
どんどん どんどん まいご 1,540円(税込)
どんどん どんどん まいご 1,540円(税込)
この絵本は、まいごになっているのに、親がまいごになったと思いこんで、どんどん突っ走ってしまう、子どもならではの勘違いが巻き起こすドタバタ劇を描いた作品。

文はNHK連続テレビ小説などを手掛ける、脚本家で作家の相良敦子氏が、絵は装丁や広告、お菓子のパッケージのイラストなどで大人気の北澤平祐氏が担当した。
どんどん どんどん まいご
遊園地に遊びにきたもあちゃん。
楽しそうなのりものにむねをときめかせていると、あれ、ママとパパがどこにもいない!
あたしのママとパパがまいごになっちゃった!
ふたりを待っている間に、もあちゃんは汽車や遊覧船にのったり、まいごのイルカくんを助けたり、どんどんどんどんつき進み、さいごにたどりついたのは…?
まいごになっても大丈夫、まよわず進めばまいごじゃない!
どんどん どんどん まいご
躍動感あふれる新感覚のまいご絵本を、ぜひ子どもといっしょに楽しんでみては。
どんどん どんどん まいご
文/相良敦子
絵/北澤平祐
ブロンズ新社刊 1,540円(税込)

問い合わせ先/ブロンズ新社
tel.03-3498-3272
webmaster@bronze.co.jp
https://www.bronze.co.jp/books/9784893096890/

2021年05月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧