MakeblockからプログラミングとSTEAM教育のための入門ロボットが登場

MakeblockからプログラミングとSTEAM教育のための入門ロボットが登場

Wi-Fi対応やフルカラーディスプレイ、スピーカー、マイクなどの豊富な出入力モジュールを備え、簡単な操作から高度なプログラミングまで、さまざまな学習体験ができる初心者向けプログラミングロボット

「SB C&S株式会社」が、「Makeblock Co., Ltd」製の初等中等教育におけるプログラミング教育と STEAM教育のための入門ロボット「mBot2(エムボ ットツー)」を、6月4日(金)よりSoftBank SELECTION オンラインショップ、Amazon、全国の大手家電量販店(一部店舗を除く)にて販売開始。

販売開始に先立ち、SoftBank SELECTION オンラインショップでは予約受付を開始している。 
mBot2 オープン価格 ※SoftBank SELECTION オンラインショップ販売価格:18,590円(税込) 対象年齢 8歳以上
mBot2 オープン価格 ※SoftBank SELECTION オンラインショップ販売価格:18,590円(税込) 対象年齢 8歳以上
今回発売となる「mBot2」は、組み立てから制御までの一連の流れを体験できる、初心者向けのプログラミングロボット「mBot(エムボット)」の上位モデルで、今年2月に発売されたマイクロコンピュータ「CyberPi(サイバーパイ)」を基板とした、ネットワーク対応のプログラミングロボット。

対象年齢は8歳以上となり、同梱のドライバー1本で、子どもでも直感的に簡単に組み立てることができる。
mBot2
仕様は、Wi-Fiモジュールによるネットワーク通信機能の実装に加え、8個までのプログラムを保存できる強力なCyberOSを搭載。

そのほか、フルカラーディスプレイやスピーカー、マイクなどの豊富な出入力モジュールを備えているため、簡単な操作から高度なプログラミングまで、さまざまな学習体験を叶える。
mBot2
また、高精度エンコーダーモーターを搭載しているため、回転、速度、位置を正確に制御することが可能。

加えて、今回新たに超音波センサーや4つの点で同時にラインを追従しながら色を検出するクアッドRBGカラーセンサーも搭載しており、距離測定の精度向上や識別力の向上など、極めて正確で安定した動作を実現している。
mBot2
さらに、複数の異なる規格ポートを備えたmBot2拡張ボードに、Makeblock製の「mBuild(エムビルド)」や他社製の電子モジュールを拡張し、電子工作の可能性を広げることも。

未来を生きる子どものプログラミング教育とSTEAM教育のためのロボットを、この機会にぜひチェックしてみては。


問い合わせ先/SoftBank SELECTION オンラインショップ問い合わせ窓口
https://robotsupportcenter.jp/top/questionnaire.aspx?id=Makeblock
https://www.softbankselection.jp/cart/ProductDetail.aspx?sku=6928819512115

2021年05月20日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧