学研から「木製かずさんすう」「木製100だまそろばん」が発売中

学研から「木製かずさんすう」「木製100だまそろばん」が発売中

小学校で算数が好きになるために、遊びながら数の概念などの算数の基礎が学べる知育玩具

「学研ホールディングス」のグループ会社、「学研ステイフル」から、学研の遊びながらよくわかる「木製かずさんすう」と「木製100だまそろばん」が発売中。

小学校で算数が好きになるために、幼児期のうちから遊びながら数に触れ、数の概念を身につけておくことは大切。今回発売となった商品では、3歳から遊びの中で算数の基礎を学ぶことができる。
木製かずさんすう・木製100だまそろばん
いろいろな数の遊びを通して、自然と「算数の基礎」が身につく「木製かずさんすう」は、木製のバーやおはじきを使って、”数をかぞえる”練習や、”数を数字”で表したり”数の多少”を比較したりして数のしくみを学ぶことが可能。

木製バーを使って、数を合わせたり、分けたりすることで数の成り立ちを視覚的に理解し、数式への足し算、引き算へ、また繰り上がりのある足し算へと発展させることができる。また、子どものやる気を引き出すがんばったねシールも付属する。
木製かずさんすう 3,960円(税込)商品内容/本体、バー各2本(1~10)、おはじき20個、ガイドブック1冊、数字カード21枚(0~20 )、足し算、引き算カード各1枚、目盛りカード2枚、がんばったねシール1枚 対象年齢/3歳~
木製かずさんすう 3,960円(税込)商品内容/本体、バー各2本(1~10)、おはじき20個、ガイドブック1冊、数字カード21枚(0~20 )、足し算、引き算カード各1枚、目盛りカード2枚、がんばったねシール1枚 対象年齢/3歳~
一方の「木製100だまそろばん」は、遊びながら”数をかぞえる”練習や、”数の多少”の比較、”100までの数”を玉を動かしながら、見て学べる知育玩具。玉の数やイラストの物の数を声に出して数えたり、数字を見たりして、楽しく数のしくみを理解することができる。

「100だまそろばん」にセットされたおけいこシートのイラストは、玉の色にリンクしているためわかりやすく、足し算、引き算の基礎を学習することが可能。加えて、子どものステップアップがわかる「できるかな?ドリル」も付いてくる。
木製100だまそろばん 3,960円(税込)商品内容/本体、ガイドブック1冊、おけいこシート2枚(両面印刷)足し算・引き算、1~10・無地、できるかな?ドリル5枚(両面印刷)、カード32枚(両面印刷)(数字・イラストカード、予備1枚)、カードホルダー1個 対象年齢/3歳~
木製100だまそろばん 3,960円(税込)商品内容/本体、ガイドブック1冊、おけいこシート2枚(両面印刷)足し算・引き算、1~10・無地、できるかな?ドリル5枚(両面印刷)、カード32枚(両面印刷)(数字・イラストカード、予備1枚)、カードホルダー1個 対象年齢/3歳~
算数の基礎を学ぶことに特化した知育玩具で、子どもが小さい時期から数の概念を身につけてみては。
問い合わせ先/学研ステイフル お客様相談係
tel.03-6420-3965
https://www.gakkensf.co.jp/

2021年05月08日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧