育休を考えるパパを応援する、男性育休のリアルと向き合う書籍が発売

育休を考えるパパを応援する、男性育休のリアルと向き合う書籍が発売

年齢、家族構成、職業、職場での立場等さまざまなパパ・ママ15名が、育休の取得前から育休中・復帰後に感じたこと、何に悩みどのように解決していったのかリアルなストーリーを持ち寄り、共同でまとめた1冊

「グーテンブック(good.book)」を運営する「masterpeace」から、「なぜパパは10日間の育休が取れないのか?ー家族も、自分も、会社も、みんなが幸せになる育休の取り方・過ごし方・戻り方ー(以下、なぜパパは10日間の育休が取れないのか?)」が刊行。

Amazon.co.jp、hontoネットストア、楽天ブックスなど、各ストアでの発売は4月30日(金)以降に順次開始を予定している。

「なぜパパは10日間の育休が取れないのか?」は、「男性の育休」という選択肢が存在する社会を目指す想いから生まれた1冊。

著者は、教員の成川献太氏を含む「パパ育休2.0プロジェクト」のメンバーで、所属する年齢、家族構成、職業、職場での立場等がさまざまな15人のパパ・ママが、育休の取得前から育休中・復帰後に感じたこと、何に悩みどのように解決していったのかなどのリアルなストーリーを持ち寄り、共同でまとめた。
なぜパパは10日間の育休が取れないのか?ー家族も、自分も、会社も、みんなが幸せになる育休の取り方・過ごし方・戻り方ー 電子書籍版 1,100円(税込)/印刷書籍版 1,430円(税込)
なぜパパは10日間の育休が取れないのか?ー家族も、自分も、会社も、みんなが幸せになる育休の取り方・過ごし方・戻り方ー 電子書籍版 1,100円(税込)/印刷書籍版 1,430円(税込)
男性の育児休業取得促進が求められている昨今。しかし、実際にはタイトルにある「なぜパパは10日間の育休が取れないのか?」のように多くの課題があり、そもそも育休という選択肢がないパパも大勢いる。

「なぜパパは10日間の育休が取れないのか?」では、

・パパ育休って、ぶっちゃけどうなの?
・パパは育休中になにをしていたの?
・育休パパに対する周りの反応は?
・育休を取るパパって、特別な人?
・パパがワンオペ育児をするとどうなるの?
・パパの育休で家族、職場への影響は?

といった、いまだ謎に包まれた「男性育休のリアル」に正面から対峙。パパが育休を取るということはパパだけで完結する話ではなく、家族や会社などみんなで考える必要性があるということを伝える。

パパと関わるすべての人たちにとって幸せになる「パパ育休」とは何なのか考えるきっかけとなる本を、この機会にぜひチェックしてみては。

なぜパパは10日間の育休が取れないのか?ー家族も、自分も、会社も、みんなが幸せになる育休の取り方・過ごし方・戻り方ー
著/成川 献太、パパ育休2.0プロジェクトメンバー
masterpeace刊 電子書籍版 1,100円(税込)/印刷書籍版 1,430円(税込)

問い合わせ先/masterpeace
tel.03-5770-5869
contact@masterpeace.co.jp
https://www.g10book.jp/posts/16415303

2021年04月29日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ