科学ずかんの決定版「7歳までに知っておきたい科学えほん」が発売

科学ずかんの決定版「7歳までに知っておきたい科学えほん」が発売

植物や動物、人の体、光や音、宇宙など、身のまわりの科学を楽しく学べる絵本

「学研プラス」から、4月15日(木)に「7歳までに知っておきたい科学えほん」が発売。
7歳までに知っておきたい科学えほん 1,540円(税込)
7歳までに知っておきたい科学えほん 1,540円(税込)
子どもたちの毎日は、いつも「なぜ?」「どうして?」という疑問で溢れている。

今作は、そんな疑問を科学の視点からわかりやすく解説し、子どもたちの「知りたい!」「観察したい!」という好奇心を育む絵本。

かわいい「科学虫」たちが案内人となり、生物、化学、物理、地学についての知識を、カラフルな親しみやすいイラストとともに紹介する。
学研プラス
また、実験をしながら科学の面白さを体感できるコラムも盛りだくさん。

月と地球の実験や、植物を育てる実験など、「科学のふしぎ」を自分で確かめることができる。
学研プラス
さらには、海洋プラスチックごみや、障害のある方を助ける道具、そして持続可能な地球環境を目指すために私たちができることについてなど、昨今注目されている環境や多様性、SDGsにまつわるテーマも紹介。

小さな子どもにとって、これらの事柄を身近に考えるきっかけを提供する。
学研プラス
子どもが自然から科学を学ぶための入門書を、ぜひ親子で読んでみては。
7歳までに知っておきたい科学えほん
文/ケイティ・デインズ
絵/ステファノ・トネッティ
訳/岡田好惠
学研プラス刊 1,540円(税込)

問い合わせ先/学研プラス
https://gakken-plus.co.jp/contact/
https://hon.gakken.jp/

2021年04月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ